2019.12.24

脈ありなのに!なかなか告白してくれない男性の心理と対処方法って?

「なかなか告白してくれない男性!」もうこんなじれったいことあるでしょうか⁉脈ありでもう一歩なのに……。こんな経験はないですか?

そこで数多くの恋愛相談を手掛ける心理カウンセラーの筆者が「なかなか告白してくれない男性」の心理や特徴をわかりやすく解説し、対処方法を詳しくご紹介していきましょう。

この記事を読むことで「なかなか告白してくれない男性」の理由に納得し、自分が今後とるべき行動がわかると思います。「なかなか告白してくれない男性」に悩む女性は必見です!

まず、彼がなかなか告白してくれない理由から、わかりやすく解説していきたいと思います。

他の女性と迷っている

他の女性と迷っていることが考えられます。
一番嫌な状況ですね。比べられていると思っただけで萎えてしまいますよね。恐らくこのような男性は、何人もの女性に脈ありな態度をとっているのでしょう。

そして相手もその気になったところで「さて、どの子にしようか?」と考えていると思われます。とても不快な男性ですが、意外にもこんな男性が少なくないのです。そもそも男性は多くの子孫を残すことを本能的に持っているので、この点からすればおかしいことではないでしょう。

女性は「なかなか告白してくれない」ときは、他の女性と迷っていることを一度は疑ってみる必要があると思います。

タイミングが掴めない

男性がタイミングが掴めてないことがあると思います。
いつ、どこで、どんなシチュエーションで告白したらよいのか、タイミングが掴めないのでしょう。 初めて告白するような男性は特に、タイミングを計っていると思われます。

このタイミングも、お互い忙しく仕事をしているときは、特にいつが良いのか難しく、悩むことでしょう。またプライベートなことでも、忙しい事情を抱えていないとも限らないのです。

このような事情を「なかなか告白してくれない」と、言う前にそれとなく聞いてみる必要があるでしょう。

告白した経験がない

告白した経験がないということもあるでしょう。
この場合は、どのように進めていったら良いのか一番悩むところだと思います。ましてや告白されたこともない男性であれば尚のこと、イメージしにくく頭を抱えてしまうことでしょう。

こういうことで告白が遅くなっても無理のないことなのです。告白を待っている方からすればイライラしてくるかもしれません。しかし、このように始めてだからこそ、慎重に考えているのであれば、相手がアクションを起こすまでゆっくり待ちたいものですね。

フラれるのが怖い

告白する側はフラれるかもしれないという恐怖から、なかなか告白に踏み出せないということもあるでしょう。

女性が思うほど男性は強いわけではなく、意外にも女性より繊細な部分を持ち合わせていることもあるのです。ですから、フラれるのが怖くて「なかなか告白ができない」ということになるのでしょう。

このようなタイプはいまどきの草食系男子に多く、フラれるのが怖いので自分から告白はしないで、むしろ「女性の方から告白してもらいたい!」と本気で思っているのです。このようにフラれるのが怖いと言って、女性からの告白を待っている男性が多くなってきているのも確かなのです。

もう付き合っているつもり

もう付き合っていると思っているかもしれません。
女性は確かなものが欲しくて、ハッキリ言ってほしいものですよね。
ところが男性はハッキリすることを嫌い、なんとなく雰囲気で流したい傾向にあります。

現に結婚したカップルに聞くと「プロポーズをしてもらってない!」という回答が必ず何人かいるのです。このことでもわかるように、ハッキリしたことは言わなくてもこのような男性は、もう付き合っているつもりでいると考えられます。

このようなときは、女性のほうから「告白されたっけ?」って聞いてみるといいでしょう。

それで必ずと言っていいほど「言わなくてもわかるだろう!」って、返してくると思います。すかさず「ちゃんと言って欲しい。ちゃんと告白して欲しい!」と訴えましょう。

実は遊んでいるだけ

実は遊んでいるだけもあると思います。
本気で告白を待っている女性からすると許せないことですよね!脈ありの態度をとっておきながら、遊ばれていたなんて、それはいくら待っても本当の告白には至らないでしょう。

もし、この男性に告白されたら、それすらも遊びの告白になると考えられます。要注意です。ちょっとでもその傾向が見られたら、注意深く観察した方がいいでしょう。

このように実は遊んでるだけの男性は、他にも遊んでいる女性がいると思われます。
このような男性のことは、早く忘れて次の恋を見つけましょう。

次に、なかなか告白してくれないときの男性心理について、わかりやすく解説します。

もう少しお互いを知りたい

なかなか告白してくれないときの男性心理は、もう少しお互いを知りたいということは大いにあると思います。真剣に考えていればいるほど、もう少しお互いを知りたいと思うのは当然のことなのです。

相手を知ることで、先を見越し結婚相手としても視野に入れたいと思っているかもしれません。

結婚を見越すと、女性のほうも慎重に構え落ち着いて、相手の出方を見るのがいいと思います。焦って「告白してくれなければ、こっちからする!」なんてことは、決して思ってはいけません。あと少しのところで引かれてしまうかもしれないのです。

女性の気持ちが分からない

なかなか告白してくれないときの男性心理は、女性の気持ちが分からないということもありそうです。何度も女性にはぐらかされてきたり、または女性にその気にさせられ弄ばれた経験のある男性は特に、女性の気持ちがわからなくなっていると思われます。

女性に脈ありな態度をされても、果たして本心なのか?と、疑いを持っていることも考えられるでしょう。そういった、で告白に踏み切れないのです。

このように女性に対して半信半疑でいる男性には、断然、男性の気持ちを裏切らない素直な気持ちで接するべきでしょう。時間が掛かるかも知れませんが、女性に対する疑いの気持ちを溶かす必要があると思います。

恥ずかしさがある

なかなか告白してくれないときの男性心理は、恥ずかしさがあると思います。こんなシャイな男性も多く、とても恥ずかしくて告白などできないと思っている男性もけっこう存在するのです。いまどきの草食系男子に見られる傾向に思います。

少し頼りなくも思いますが、こういう男性は女性に優しく、上から目線で女性に命令を下すなんてことはないのです。そういうことを考えると「そんなに恥ずかしくて告白できないなら、私のほうから告白してあげる」も、アリかもしれませんね。

いまの関係を崩したくない

なかなか告白してくれないときの男性心理は、いまの関係を崩したくないということも考えられます。友達以上恋人未満の関係か、あえて告白せず、脈ありの微妙なままで楽しみたいということになるのでしょう。

女性からすれば、この中途半端な状態は、本気で相手を想えば想うほど耐えられないと思います。確かなものがなければ、そのままの想いは続けられないでしょう。

そのように優柔不断で身勝手な男性も困ったものです。その今の関係を崩さないでいることに耐えられるのなら続けてもいいと思いますが、そうでなければ別の恋を探した方がいいでしょう。

自信が持てない

なかなか告白してくれないときの男性心理は、自信が持てないということもあるでしょう。自信が持てない男性は、脈ありな態度を女性からされても、どうしていいかわからない状態だと思います。自信がなく「どうせ俺なんか」が口々で、女性からの脈ありの態度も真に受けてないでしょう。

このような男性からの告白を期待するのはかなり難しいです。

友達か恋人かを迷っている

なかなか告白してくれないときの男性心理は、友達か恋人かで迷っていることも考えられるでしょう。あまり仲が良すぎて親友になる場合があります。そうなると男性からすると、最終的には親友を抱けるかということになるのです。

何もかも話しやすく、困ったときはお互い助け合い、気の合う関係でいることに違和感のない、まさにいい関係ですね!一生続けられる関係が親友で、相思相愛で結婚しても別れることがあるのが男女の関係だと思います。女性は男性と思い告白を待っても、男性が女性と見なしてくれなければ成り立たない話でしょう。

それでは、なかなか告白してくれないときの対処法を、詳しくご紹介します。

攻めのアプローチを出す

なかなか告白してくれないときの対処法は、攻めのアプローチを出すのがいいでしょう。とにかく彼の視線に入るべく行動を意識することです。それからアプローチを仕掛けるといいでしょう。

脈ありとわかっているのですから、否応なしに視界に入ってきたり話しかけてきたりといろいろなアプローチがあれば彼も「なんとかしなければ」と考え行動に踏み切るはずです。
その様子をしばらく観察しましょう。

それでも告白がなければ、次の策を講じる必要があるかもしれません。しかし、まずは攻めのアプローチを出してみることです。

彼を褒めて自信を持たせる

なかなか告白してくれないときの対処法は、自信がなく告白できないでいる彼を、褒めて自信を持たせることが必要です。容姿や性格はもちろん、ファッションセンスなど、褒めようと思えばたくさんあると思います。

たとえば、パッと見の容姿で褒める所が無ければ「笑ったときの歯が真っ白で素敵ね!」とかパーツのよい所を切り取り褒めるといいでしょう。性格的には、仕事上でもプライベートでも「頼りがいがある」とか「頼りにしているわ」などのワードは、男性としてはこの上ないほど嬉しいことばなのです。

このように彼のよいところを「今日はこのことを褒めよう」と考え、毎日褒めことばを用意しましょう。そうすることで彼もだんだん自信が付き、いずれは自信満々で告白してくると思います。それまで頑張って褒めまくりましょう。

あからさまに脈ありを振る舞う

なかなか告白してくれないときの対処法は、あからさまに脈ありを振る舞うことです。「私はあなたに気があるのよ!」のオーラを出し、なにかと世話を焼いたり、熱い視線を送ったりと、わかりやすく脈ありサインを出すといいでしょう

このようなあからさまな態度に「いい加減にしろよ、うざったいな!」とでも言おうものなら、それまでの男と思っていいでしょう。男性のほうでも気持ちがあれば「早くなんとかしよう!」と思うのが当然のことです。あからさまに脈ありな態度をとりつつ、彼の反応を注意深く観察しましょう。

ファッションやメイクに力を入れる

なかなか告白してくれないときの対処法は、ファッションやメイクに力を入れるのもひとつの手でしょう。男性ウケするファッションは清潔感が欠かせず、露出を控え目にすることです。男性をその気にさせようと露出を多くする女性がいますが、これから告白されたいと思っている女性には、まったくNGなので気を付けましょう。

またいつもパンツスーツの女性なら、フワフワのスカートを履いてみるのもおすすめです。なぜなら、この清潔感とフワフワ感が男性が好むファッションで、ハッと驚かせ釘付けにすることができるからです。フワフワ感は母性的包容力を感じさせ、男性にはたまらないと思います。

メイクもやはり清潔感が大事で、アイメイクはアイシャドウは薄っすら、まつ毛の長さを強調するに止めておいた方がいいでしょう。リップとチークも淡いピンク系がいいと思います。これで女性らしさやかわいらしさを演出できれば、告白も遠くないでしょう。

彼女にしたくなるようアピール

なかなか告白してくれないときの対処法は、彼女にしたくなるようアピールも必要でしょう。脈ありはわかっているのですからあと一押し、さり気なく細かいところまで気が付くところが男性の心を動かすと思います。

それを決してこれ見よがしにするのではなく、あくまでも陰で支えることが大事でしょう。見かけの良さよりも、こんなところを重視している男性はけっこう多いのです。中身が備わってからこその外見だと思います。こういう内面的なところをアピールするといいでしょう。

「〇〇君が彼氏なら……」とさりげなく言う

なかなか告白してくれないときの対処法は、「〇〇君が彼氏なら……」とさりげなく言うこともいいと思います。それもかわいく言ってのけられたら「うん、彼女になってくれよ!」とついつい彼氏も言ってしまいそうです。

このように経緯はどうあれ、言わせたほうが勝ちだと思います。彼氏とすればきっかけが必要だったとも思うので、さり気なくかわいく言ってあげてもいいかもしれません。彼氏も「良かった!良かった!」と胸を撫で下ろし、次のことばも言いやすくなると思います。

「まだかな?」と焦らす

なかなか告白してくれないときの対処法は「まだかな?」と焦らすこともいいでしょう。「告白を待っているからね!」という意味で植え付けるのです。この「まだかな?」も、さり気なくかわいく言いましょう。

焦りながらも、こちらの彼氏もつい「もういいよ!彼女になって!」と言い、次のことばをすかさず言ってくるかもしれません。

もしくはその場で言わなくても「会って欲しい!」と切り出すことも考えられます。なぜなら彼女からの「まだかな?」は、いろいろ悩み焦っているなら、今が告白の絶好のチャンスと捉えられるからです。

あえて距離をとって不安を煽る

なかなか告白してくれないときの対処法は、あえて距離をとって不安を煽ることもいいかもしれません。脈ありとわからせておき、あえて遠ざかって彼氏の視界に入らないようにしてみましょう。それも急に居なくなり不安を煽るのがいいと思います。

視界に入るときは、他の男性と話をしているところを見せるのもいいでしょう。「最近見かけないと思ったら、他の男となかよく話してるなんて!」と、不安がらせたらしめたものです。「早く告白しないと、取られてしまう!」と思い、急いで告白してくるかもしれません。

ただ他の男性との会話を見せつけるのは、あくまでも仕事上の自然な会話にしなくてはいけないと思います。くれぐれもやり過ぎには注意しましょう。

こちらから告白する

なかなか告白してくれないときの対処法は、あれこれ試してみても、告白してこない場合は最終手段として、こちらから告白するのもアリだと思います。このようにいろいろな方法を試してみても告白してこない男性は、初めから自分が告白しようとは思っていないのでしょう。

告白のシチュエーションを考え、すべて段取りをしてこちらから告白しても、せめて一言でも彼からのことばをもらいましょう。自分の気持ちを伝え「〇〇くんは、私のことどう思ってるの……?」と聞き言わせましょう。

ここで女性になにもかも言わせて自分が言わないのは、たとえ断り文句でも男ではないです。このことまで想定して、告白に挑みましょう。

そして、彼がなかなか告白してくれないときの注意点を、わかりやすく解説しておきましょう。

友人にならないようにする

なかなか告白してくれないときの注意点は、友人にならないようにすることが大事です。
先程も述べましたが、親友のようになってしまうと異性として見れなくなってしまうからです。

すっかりお互い信用しきってしまいとても居心地が良く、それだけで満足してしまうのでしょう。男性は親友をどうしても女として見れず、抱けなくなると思われます。

体の関係を持たない

なかなか告白してくれないときの注意点は、体の関係を持たないことです。もう体の関係になってしまったら、体の関係止まりで、いくら待っても告白などあり得ないでしょう。

告白もされずに簡単にそのような関係になっては、それだけの女としか見てないことになります。安っぽい女にならないよう、気を付けましょう。

脈ありの雰囲気でも手を抜かない

なかなか告白してくれないときの注意点は、脈ありの雰囲気でも手を抜かないことです。脈ありの雰囲気とすっかり安心しきってしまい、手を抜くのは危険なことでしょう。

このことは、告白されて付き合うことになっても続くことで、決して女性として手を抜いてはいけません。なぜなら男性が思う女性のイメージを崩してしまうからです。

焦って行動しない

なかなか告白してくれないときの注意点は、焦って行動しないことです。相手がどのような状況でどのような気持ちでいるか、なかなか告白してくれないときこそ考えるべきでしょう。

決して焦って行動してはいけません。せっかく彼氏が、準備が整い次第告白しようとしていても彼女の違う面を見てしまい、引いてしまうことも考えられるからです。

いままで「なかなか告白してくれない」男性の心理や対処法、さらに注意点まで解説してきました。

「なかなか告白してくれない」のには、いろいろな男性の理由や心理があることがわかったと思います。まずは男性の状態を把握することが先決で、それに合わせて対処することが大事です。

そしていままでの解説を踏まえ、なかなか告白してくれないならイケる女と思わせましょう!気軽に話しかけやすい気取らない女と思わせておいたほうが、告白されやすいと思います。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事