2020.04.07

男性が大好きな「俺の前でだけちょっとエロい彼女」な自分を演出する方法

どうもあかりです。

タイトルにもあるとおり、男性は「俺の前でだけちょっとエロい彼女」が大好きです。

この記事では、はじめに『なぜ男性は「俺の前でだけちょっとエロい彼女」が大好きなのか』について少し簡単にご説明した後、実際に自分をそういう存在に演出して、彼からの「好き」をもらう方法について具体的にご紹介していきたいと思います。

では、さっそく行ってみましょう。
そもそもどうして、男性は「俺の前でだけちょっとエロい彼女」が好きなのでしょうか。
まずはその理由を私なりにひも解いてみます。

「エロい」は諸刃の剣


男性は、「エロい女性」が好きであり、嫌いでもあります。
どっちなんでしょう。よくわかりません(自分で言ったんだろ)。

でも、よく彼らが言うあるセリフを見ると、その意味が少しわかる気がしてくるはずです。

そのセリフとは……
「エロい女をセフレにしたい。でも、彼女にはしたくない」
というもの。

このセリフには、男性らしい2つの感情が表れています。

1つが、「『エロい女性』とエッチがしたいなぁ」という、ただただ単純にスケベな感情。ばかっぽいですが、まあ、男性っぽいと言えば男性っぽいですよね。

そしてもう1つが、「でも、自分の彼女にするなら、清楚な女性がいい」という感情です。多くの男性がこのように感じているということは、きっとみなさんも知っているはずです。

まとめると、こういうことです。

「エロい女性」というのは、自分の性的な興味を満たしてくれそうで、それこそ一緒に体を重ねる関係になれれば、自分の性生活はすごく充実しそうだから、そういう関係になりたいと思う。しかし一方で、「エロい女性」というのは、セフレとか、そういう軽い関係性に対して積極的だと思うから、自分の彼女がそうだったら嫌だなぁと思う。

これが彼らの「エロい女性が好きであり、嫌いでもある」という一見矛盾した気持ちの正体です。

**

このように、彼らの「エロい女性」に対するイメージはパッと見矛盾していますが、ただ一人、これを矛盾なく解消できる存在がいます。

それが「俺の前でだけちょっとエロい彼女」なのです。

ただの「エロい彼女」ではダメなことは、すでにおわかりでしょう。だけど、「俺の前でだけ」であれば、「エロい女性」が持つデメリット(誠実、一途じゃなさそうな感じ)を克服することができる。

し・か・も、「俺の前でだけエロい」ということは、「俺以外の男に対してはエロくない」ということ。じゃあ、なんで「俺の前でだけエロい」のかと言ったら、それは彼氏がフェロモンを分泌してるからとかじゃなくて、もっと単純に、「彼氏のことが誰よりも大好きだから」という考えるのが自然でしょう。

つまり、「俺の前でだけちょっとエロい彼女」は、「俺は彼女からめちゃくちゃ特別に愛されてる」という充実感も感じさせてくれる存在というわけです。

だから、「俺の前でだけちょっとエロい彼女」は愛される。

「俺の前でだけちょっとエロい彼女」になるためのエッセンス

上記をふまえると、「俺の前でだけちょっとエロい彼女」な自分を演出するために意識すべきことは2つです。

1つは、「エロさ」を頑張って見せること。これがなければ何事も始まりません。彼の前でそういう部分を見せることに高いハードルを感じる女性も少なくないでしょうが、「ちょっと」でもいいので、この壁は頑張って乗り越えましょう(具体的な方法はこの後ご紹介しますね)。

そして忘れてはならないのが、「こういう私でいるのは、あなたの前でだけですよ~」というアピールです。これが、単なる「エロい彼女」でなく「俺の前でだけちょっとエロい彼女」になるために欠かせない要素です。

さて、この2つの要素を詰めこんだ、具体的な「俺の前でだけちょっとエロい彼女」な自分を演出する方法についていよいよ見ていきましょう。
「俺の前でだけちょっとエロい彼女」をいちばんわかりやすく発揮する場面といえば、もちろん「エッチ」の場面でしょう。

もちろんこれに限ります。ということでまずは、『「俺の前でだけちょっとエロい彼女」な自分を演出する方法・エッチ編』をご紹介していきます。

「恥ずかしがり」と大胆さのコンボ


「俺の前でだけちょっとエロい彼女」を演出するには、エッチのとき、ちょっとした大胆さに、恥じらいをプラスしてあげるのがおすすめです。

たとえば、彼から「○○してよ」みたいにおねだりをされる前に、自分から彼が気持ちよくなりそうな場所を触ったり舐めたりしてあげて(これが「大胆さ」ですね)、同時に、「こんな感じでいいのかな//」「これ、どう?///」みたいな感じでちょっとした恥じらいを見せてあげましょう。

大胆さだけだと、あたかも「もともとそういうことをし慣れてる人」っぽさが出てしまうかもしれませんが、そこに恥じらいをトッピングしてあげることで、「私がこういう感じなのはあなたの前でだけです」感が演出されますね。

おニューな下着は「俺の前でだけちょいエロ」の証

この前、知人男性が私に「この前彼女に『はじめてTバック買っちゃった』って言われて最高に興奮した」と言ってきました。

「なんで私にそれ言う?」というツッコミは胸にしまっておきますが、私はコレ、最高の「俺の前でだけちょっとエロい彼女」演出だと思うんですよね。

男性は基本「エッチな下着」が大好きですが、さっきの「大胆さと恥じらいのコンボ」のお話と同様に、なんの前触れもなくそういう下着を着けてエッチに臨むと、どうしても「もともと私はこういうの着けますよ」感が出てしまいます。だけどこうして、「はじめて買っちゃったよ」と一言つけてあげるだけで、とたんに「あなたの前でだけ」感があふれ出ます。

もちろん、Tバックじゃなくてもいいのですが、おニューな下着を買いつつ、そのことを彼に報告してあげてから使ってみると、すごくいいかなと思います。

「こんなんになっちゃうの、はじめてだよ(笑)」

エッチに関して、彼氏から「君ってエロイね」「変態だね」みたいに言葉攻め(?)みたいなのをされたことがある人は少なくないはず。というか、誰しもいちどくらいはこういったことを言われた経験があるのではないでしょうか。

こういったセリフを使うとき、男性が一番彼女から言われて嬉しいのが、「こんなんになっちゃうの、はじめてだよ」とか「あなただけだから(いつもは私こんなんじゃないから)」といった一言です。

《男性が「俺の前でだけちょっとエロい彼女」を大好きな理由》のパートでもお話ししたとおり、男性は「エロい女性」はたしかに好きですが、その「エロさ」が自分だけに向けられていないと、少し複雑な気持ちになってしまいます。

なので、このような一言で、あなたが彼の前で見せるエロさを、「あなただけですよ」と伝えてあげると最高ですね。
さて続いては、「エッチ以外編」です。

たしかに「俺の前でだけちょっとエロい彼女」を演出するための本丸はエッチですが、それ以外でも、できることはけっこうあります。

むしろ、エッチ以外での小さな言動が「伏線」になることで、エッチのときの「エロさ」の「あなたの前でだけ」感が際立つという意味では、全くばかにできないくらいに重要と言えるかもしれません。

お外デートでは露出低めだけど……


おうちデートとお外デートでの服装のギャップも重要です。

お外デートでもかまわずに、平気で露出度の高い服装をしていたら、いかにも「もともと私は派手な子ですよ」感が出てしまいますので、「俺の前でだけちょっとエロい彼女」の演出という意味ではあまり得策ではありません。

むしろ、お外デートではそこそこに抑えておきつつ、おうちデートでは逆に短めのショートパンツや胸元のゆったりとしたシャツを着たり、いろいろと無防備な姿勢をとったりすることで、「この子は、俺と一緒にいるときだけ妙にエロイな……」と彼に思ってもらえます。
まさに、「俺のためだけのエロ」な感じがして、彼氏としてはとても嬉しく、手放しで興奮することができる存在になれるでしょう。

「服装のギャップ」ではありませんけど、上のことを踏まえれば、「服装は清楚だけど、脱いだらセクシーで大胆な下着」というのも最高です。こういうふうに彼氏を興奮させてあげられると、彼氏は、「この後彼女を脱がすの、めっちゃ楽しみだなぁ……」という気持ちで、お外デートで一生懸命頑張ってくれるようになりますよ。

さりげな~く「あんまいろんな経験がないこと」をアピっておく

服装とは別に、普段の会話というか態度として、「あんまり性的な分野での経験や知識が豊富ではありませんよ、私は」というキャラを作っておくのって案外重要です。

たとえばたまたま一緒に話していて、ラブホが話題にのぼったときに「うんうんわかる。ラブホってそうだよね~」と、当たり前のように話題についていくことができるのか、あるいは「え、私あんまりラブホとか行ったことないから(いちども行ったことないとは言ってない)、わかんないよ~」と言うのか。

あるいは、エッチなビデオの話になったとき「私も見たことあるよ~」と言うのか、それとも「そんなの見たことないしわかんないよ」と言うのか、といった違いだけでも、彼から見たときのあなたの「外向けのエロさ」のレベルは変わってくると思うのです。

「下ネタとか苦手で、飲み会とかで男子がそういう話をすると私だけ固まっちゃう」とかもいいですね。
ラブホも(ほぼ)行ったことないし、エッチなビデオなんて一瞬でも見たことないし、下ネタとかも基本苦手ですよ、みたいな彼女が、自分とのエッチでとても盛り上がってくれたら、彼氏としてはきっととても嬉しいはずです。

こういうところも、ひとつの「セルフブランディング」として日頃意識しておくことも大事だと思う次第です。

ということで今回はこの辺で。

ぜひ、彼にとって「俺の前でだけちょっとエロい彼女」な自分を演出してみてくださいね。
ではまたお会いしましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事