2016.09.21

人は見かけによらないもの…むっつりスケベな男性の特徴

見た目は誠実そうな男性だなと思っていても、実はとんでもないスケベだった!なんてことありませんか?そんな、裏ではいやらしいことを考えている男性って一体どんな特徴があるんでしょうか。
ここでは、むっつりスケベな男性を見分ける方法を教えちゃいます!彼が当てはまるかどうかぜひ判断してみてください。

下ネタになると真顔になる

いつもおちゃらけていてよくしゃべる明るい人なのに、会話の内容が下ネタになるとスイッチが入ったように無口になり顔も真顔になる男性っていませんか?そんな男性はむっつりスケベの可能性が高いですよ。

むっつりスケベというのは、実はスケベな話が大好きです。だけど、それを知られるのが恥ずかしいと思うようなタイプは、下ネタになるとどうしたらいいか分からなくなるんです。そのため、会話が下ネタのときに突然しゃべらなくなったり真顔になったりする人がいたら、彼の頭の中では自分だけのスケベな世界を繰り広げているに違いないでしょう。

やけにプライドが高い

プライドの高い男性というのは、基本的に自分が恥をかくようなことは嫌がります。そのため、理性を乱すような下ネタなどを人前では話したがりませんし、むしろ「そんな話を公にするなんてありえない」みたいな態度を示すことがよくあります。

でも、そんな男性でもエッチな雑誌やビデオをたくさん持っていたり、頭の中ではそれなりに妄想をしていたりするもの。性欲は人間の3大欲求の1つであるぐらいなので、興味があって当然ですし興味がない人なんてほとんどいないはずです。そんな感情をバカにして気持ちを隠している男性はむっつりスケベ決定でしょう。

女の子とまともに目を合わせない

むっつりスケベな男性というのは、人に囲まれた場で下ネタを話すようなことはほとんどありません。でも、ちょっとした下ネタって男女の仲を深めるためにも大切ですよね。こういった話題に乗り気になれないということは、女の子と話す機会もうまく得られなかったことでしょう。

そのため、むっつりスケベな男性は女の子とのトークスキルがあまりなく、つい緊張して女の子の目を見て話すことができないのです。女の子に対しての意識が過敏になってしまっているとも言えますね。

お酒が入ると下ネタを話す

先程もご紹介したようにむっつりスケベな男性の特徴として、理性を乱すことを必要以上に嫌がる傾向があります。ですが、お酒が入るとそんな理性なんて一瞬で薄れてしまうものです。普段は堅実そうな男性がお酒の入った途端、下ネタ満載な会話をしてきたらそれはもう間違いなくむっつりスケベです。

普段は表に出せないスケベな感情もお酒の力によって理性が弱まり、心の奥底から顔を出すことでしょう。お酒に酔うと自分をコントロールできなくなってしまう男子であれば、普段は本心を隠しているだけなんですよ。

むっつりスケベな男性は強がり

むっつりスケベな男性は、自分の本心などを知られることに抵抗があります。スケベなことをひた隠しにしていたり、やけに真面目すぎるそぶりを見せたら疑ってみてもいいかも…!ぜひ参考にしてみてください。(KANA♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事