2014.05.26

何度もデートしてるのに!進展しない恋を打破する方法・4つ


皆さんは気になる相手と恋人関係になるまでにどれくらいの時間をかけますか?
直感に任せて会ったその日に付き合う?それとも数回デートを重ねて相手をよーく見てから…?
ケースバイケースなので、何が正しいとは一概には言えませんが、貴重な20代、進展しない恋に時間をかけすぎてしまうのは勿体ないと思います。
そこで今回は何度も会っているのに恋人同士になれない状況を打破するためにすべき4つのことをご紹介します。

1.相手の過去の恋愛を探る。

「もう半年位、会ってたのに、お互いなぜかタブーな気がして過去の恋愛話は避けてたんだ。でもある日、思い切って聞いてみたら元カノに浮気されたのがトラウマで、次の恋愛に踏み出せないってことを聞き出せたんだよね。それから1か月間、誠実アピールを続けたらめでたく付き合えたよ!」(20歳/学生)

好きな人の元カノの話なんて正直あまり聞きたくありませんが、過去を知ることにより、彼との未来を作っていくための対策を練ることができます。
“私が全てを受け止めるよ”というバファリン顔負けの優しさに満ちた態度で彼の過去を探りだしましょう。

2.そもそも彼女持ちか確認する

「毎日LINEもやるし、週1くらいで会う関係だったのに、なぜか付き合うって話にはならなくて・・。こっそり携帯見たら彼女持ちってことが判明。問いただすと、あっさり『彼女いるよ!隠してないし、俺たちって親友じゃん!』と言われた…。ちゃんと事前に確認しておくべきだったと激しく後悔しました。」(26歳/生保)

まめに連絡を取っていたり、会っていたりすると、その相手に彼女がいるなんて考えもしなくなってしまいますよね。でも意外とこういう男子いるようですよ。
本命彼女とは遠距離でなかなか会えないから身近な女子と遊んでいるとかいう輩が…。
彼女持ちと遊んでいる時間なんて一切ありません。割り切って次へ進みましょう。

3.彼氏がそろそろほしいと圧力をかける。

「相手にとって自分って何だろうと気になりはじめ、『そろそろ彼氏作ろっかなー』と言って反応を見てみた。そしたら、すかさず『俺じゃだめ?』と言われ、その場で付き合うことに。後日談いわく、私が彼氏ほしいって知らなかったからアプローチできなかったんだって!もっと早く言えばよかった!」(21歳/学生)

“何度もデートしているのに何で進展しないの?”ってあなたと同じように彼も思っている可能性、十分にありますよね。相手のその不安を払拭すべく、勇気を出してこちらから一歩、彼へ歩み寄ってみてはいかがでしょうか。
互いに同じ気持ちなら即交際スタートでしょうし、迷いがあっても、あなたのことを意識させるいい機会になるばずです。

4.「もう会わない宣言」をする

「連絡もデートもするし、なにより体の関係もあって、付き合っているのとほぼ変わらない状況なのに“恋人未満”でもう2年。いくとこまでいっちゃってるから今更どうしたら正式なお付き合いに昇格できるのかわからない。」(27歳/メーカー)

これは…友達と恋人との境界線をしっかりとひいておかないと!!
付き合う前にすべて捧げると、男子は現状に満足し、今更付き合うメリットを見いだせなくなってしまいます。彼にとっては責任もとらず、束縛もされない今の関係がベストでしょうから。なのでこの状況を打破するのは正直、困難と思いますが、どうしても改善したいということなら、自爆覚悟で最期の一手を。「もう会わない」と彼に宣言してみてください。
本当にこのまま終わっても構わないという覚悟を添えて。
今のままではまずいと彼が自覚した時、この関係にも新たな進展が訪れるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
恋愛がスムーズに進まないのには何らかの理由があるはず。
その答えを知ることで先に進むことができるのです。
その先が、彼との未来に繋がれば何よりですし、もしそうでなかったとしても、停滞している現状よりは、一度しっかり失恋して次の恋に備えた方が有意義です。
“言うは易し、行うは難し”重々承知ですが、20代の貴重な時間を無駄にしないよう、どうか勇気を持って、前に進んでください。

(城山ちょこ/ハウコレ)

関連記事