2010.08.30

あこがれロングヘアになれる!髪の毛を早く伸ばす方法


「あっしまった、髪切り過ぎた……」そんな時はテンションが下がりますよね。妥協できる長さになるまでの数カ月がとても長く感じます。今回は、髪の毛を出来るだけ早く伸ばす方法をご紹介します。

育毛トニックでマッサージ

洗髪した後、地肌まで丁寧にタオルドライし、市販の育毛トニックを地肌につけてマッサージします。育毛トニックというと男性用のものが広く知られていますが、最近では女性用のヘアトニックも売られています。「ヘッドスパ用などと書かれている商品もあります。値段は安いもので千円前後です。

マッサージをする時のコツは、まず頭頂から後頭部にかけての地肌にヘアトニックをつけること。頭のカーブに沿って自然に薬液が下へ流れていきますので、無駄がありません。

 ヘアトニックをつけたら、まず上から下へ、指の腹を使ってくるくると円を描くようにマッサージしていきます。その後、下から上へ。最後に、指全部で頭を掴むようにして頭のツボを刺激していきます。

冷風ドライヤーで乾燥させる

温風ドライヤーを使うと、熱気で毛根から余計な汗や皮脂が分泌され、髪の成長を妨げます。出来るだけタオルドライをした後、ドライヤーを「COOL」の状態にして、地肌から毛先まできちんと乾かします。

ヘアピンを使う・結ぶ

ヘアアレンジと同時に髪を伸ばす事が出来る方法です。適度に引っ張られる事で、髪は早く伸びようとします。昔から言われている事ですね。

ワックス・ツバキ油を使う

これも原理は結ぶことと同じで、髪の毛同士をくっつけて、少し引っ張られる事でより早く伸ばす方法です。くれぐれも、使用後のシャンプーはしっかりと行い、整髪料を落としきってください。

22:00から2:00には確実に寝る

髪を早く伸ばすためには、22:00から2:00の間は確実に寝ておきましょう。
なぜなら、この時間帯に成長ホルモンが一番活性化するからです。

逆に起きていると、成長ホルモンの分泌が抑えられてしまいます。
このゴールデンタイムにしっかり睡眠をとることで、髪の伸びだけでなく肌の調子もよくなり、一石二鳥です。髪を早く伸ばしたいとお悩みの方は、22:00〜2:00の間は就寝するようにしましょう。

規則正しく過ごす

その他にも、睡眠時間を十分に取る、規則正しい生活をする、わかめ・ひじきなどの海藻類をしっかり取るといった食事法などで髪は早く伸びていきます。ぜひ試してみてください!


---------------------------
<あわせて読みたいハウツー>

関連記事