2016.07.09

恋愛で女性に対して抱いているオトコの本音7選!

オトコの本音は、中々理解できないものであり、女性以上に深く考えているので余計困難です。しかし、難しいからこそそれを攻略したいと思う女性も多く存在します。そこで、今回はオトコの本音について恋愛視点で解説していきたいと思います。本音を知っていれば、恋愛に生かすことができるので必見です。

異性の前だからよく見られたい

最初のオトコの本音として挙げられるのは、女性から魅力的にみられたいというものです。女性も男性からの目線を気にしますが、男性のほうが案外気にしているケースがあります。女性の前でかっこつける男性もいるとも思いますが、まさに魅力的にみられたいことの表れといえるでしょう。自分をよく見せることで、自分のステータスを上げて女性からの評価を高くします。一言で言ってしまえば、ただの見栄張りですが、オトコの本音としての根底にある限り、変えることは難しいようです。男性の特徴でもあるので、認めてあげることが一番です。

精神年齢は女性よりも低め

どれだけハイスペックな男性でも、精神年齢が低めというのがオトコの本音です。趣味の観点から話すと、女性に比べれば少年のような気持ちが残っているということもあり、子供のような趣味を持っている男性が多いです。子供が楽しめるような「ヒーローもの」のアニメが好きだったり、少年漫画が好きだったりと様々です。それを理解してほしいというのが、オトコの本音なのです。
そういう一面も理解して一人の男性としてみるのか、男性にはもっと大人らしくいてほしいと思うのは女性の自由ですが、理解するかどうかで仲良くなれる命運がかかっているのです。

エロよりも癒しを求める傾向にある

男性のイメージとして「エロくて下心がある」というイメージがあると思います。しかし、男性はさほどそういうのを求めておらず、癒しを求めたいというのがオトコの本音なのです。仕事やプライベートで様々なストレスを抱えているということは事実で、その不安をいかに解消するかということが男性の永遠の問題なのです。セックスをするよりも、女性に安らぎを求めるのが男性です。
気になる異性がそういう悩みを抱えているのであれば、オトコの本音を理解して、相手に近寄って安らぎを与えてみると良いでしょう。優しく包み込めば、彼も振り向いてくれるはずです。

ラインとメールはほどほどにしたい

恋愛で相手との距離を縮める時に、ラインやメールをすることがありますが、女性の立場からして頻繁に連絡をしていたいと思う人がほとんどだと思います。しかし、連絡はほどほどにしておきたいと思うのがオトコの本音なのです。マメに連絡をしてくることに抵抗を感じる人も多く、相手からガツガツ来られるということに引いてしまう人もいるのです。
駆け引きが重要で、相手に連絡をしないと離れてしまうこともあります。オトコの本音を理解しながら、程よく距離感を保ちながら連絡してみると良いでしょう。

結婚は重いと考える人も

将来性を考えて結婚を考えるというのは当たり前のことですし、結婚願望が強いというのは当然です。しかし、女性に比べると男性は結婚願望が薄く、「いつか結婚出来たらいいな」と思っている人も多いのです。そのため、結婚を前提に考えているお付き合いは正直重いと思うのがオトコの本音です。学生の恋愛ではないので、付き合う上で結婚を考えるのは当然のこと。しかし、それを全面的に出してしまうと負担をかけてしまうことになるのです。
相手にプレッシャーをかけないという意味でも、オトコの本音を理解して結婚に対しての考えは全面的に出さないことが重要です。

生産性のない会話は嫌い

男性は、女性と話していて結論が出なかったり、無意味な話をすることに違和感を感じる人が多いです。自分に対して、実りのない会話だと判断したら、会話を続けたくないと思うのがオトコの本音です。女性は、男性に対して話を聞いてほしいという意欲の元話すことが多いのです。そのため、どうでもいい話を男性に話してしまうケースもあるでしょう。しかし、意味がない会話を続けたくないのがオトコの本音。相手のことを理解するという意味でも、話をする場合は結論付けをしっかりしてから話すと良いでしょう。会話がスムーズに進められるように、相手のことを考えつつ会話することが重要です。

女性特有の女性らしさが嫌い

男性は、表裏がはっきりしている人が多く、嫌いなことは嫌いと思う人がほとんどです。しかし、女性は表裏がはっきりしていないので、嫌いな人でも仲良くしたりするケースがあると思います。この女性らしさこそ、嫌いだと思うのがオトコの本音です。嫌っているならはっきりしてほしいと思うのも、オトコの本音といえるでしょう。回りくどい言い回しなども男性をイライラさせてしまうことになります。
相手に同意を求めるような言動や、まわりくどい言い回しをすると男性から嫌われてしまう可能性があるので、注意が必要です。

おわりに

様々なオトコの本音を紹介してきましたが、普段は隠していて表に出さないという人がほとんどです。優しく振舞っている人もいますし、オトコの本音を隠しながら生活しているという人が多いです。そういう男性と仲良くするには、本音を理解したうえで付き合っていくことが重要です。自分の行いが正しいと思っていても、その行動は間違っているので要注意です。
男性に負担をかけないという意味でも、相手のことを考えて付き合っていきましょう。紹介した7つの本音を理解しておけば、男性と接する中で気を付けることができるので念頭に置いておくと良いです。

関連記事