2016.12.15

自分を好きになれなくてもいい恋愛はできる

日本全国、すごくたくさんの女子に取材をさせていただいているわけではないのですが、それでも、自分のことが好きになれないから、いい彼氏に恵まれない(いい恋愛ができない)という女子のお話は、わりとよく耳にします。
が、本当は、自分を好きになれなくてもいい恋愛はできるのです。

■「自分のことが好きになれない」という気持ちと「恋愛」のホントの関係とは

そもそも恋愛というものは、自分で自分のことを好きになる方法の1つです。
自分のことを好きになれてから、やっと恋愛にたどり着く……ということではなく、恋愛をしているうちに少しずつ自分で自分のことが好きになれるようになる、ということ。

だから「自分で自分のことが好きになれないからいい恋愛ができない」という言い方そのものに矛盾がある、というか正しい考え方ではないというか……本来はこういうことです。

***

でも自分のことが好きになれないからいい恋愛ができない、という女子の意見もわからなくはありません。
つまり、ろくな男子と出会えないとか、付き合った男子はどいつもこいつもエッチ目的で……というようなことでしょう?
まぁ、こういうケースは、よく「引き寄せの法則」を引き合いに出して、その解決法が語られていたりしますよね。
自分がもっとしっかりした立派な人になれば、自然と付き合う相手の質も高くなると。
ホントにそれだけのことです。
自分のことが好きか嫌いか、なんてことにこだわらずに、まず目の前の仕事を一生懸命するとか……要するに当たり前のことが当たり前にできる女子になれば、それで問題は解決するわけです。

■ふつうに暮らしていたら、みなさんモテます

本当に問題なのは、自分で自分のことが好きになれないから、自分に自信を持つことができず、いい男子から言い寄られても、素直に付き合うことができないとか……こういうケースではないかと思います。

つまり自分で自分のことが好きではないから、自分の気持ちに素直に行動できない、という悩み。
こういうケースは、素直じゃないあなたのことが好きだと言ってくる男子が出てきたら、それで解決したりします。
つまり、なにも、自分で自分のことが好きになれないなんて悩むことなく、そのままの自分をそのままさらけ出しておけば、そういうあなたのことを好きになる男子が出てくるのです。

先に書いた「自分のことを好きになれてから、やっと恋愛にたどり着く……ということではなく、恋愛をしているうちに少しずつ自分で自分のことが好きになれるようになる、ということ」とは、たとえばこういうことです。

***

とくに若いとどうしても、仕事や趣味の活動などで実績をあげた経験も少なければ、取り返しがつかない失敗をしたことも少ないでしょうから、自分に自信が持てないものです。ゆえに、自分で自分のことを好きになれなくて、当たり前でしょう。
自分を好きになるとか、自分に自信を持つというのは、自己啓発が示すような「考え方の問題」ではなく、「自分がやってきたこと」が大きく関係するので、あるていど長く生きていないと、真に自信を持つなんて、無理な話なんです。

でも、ホントの恋って「自信がないまま暮らしているあなたのことを、それでも好きと言ってくれた」というところから始まるのです。
だから、自分を好きになれないまま、ふつうにそのへんをうろうろしていたら、モテるのです。
大のオトナだって、自分で自分のことが好きではない人が大勢いるのです。だから「自分に自信が持てないわたし」を世間にさらしたところで、恥ずかしくもなんともありません。
もっとも恥ずかしいのは、そういう自分をヘンに隠そうとすることなのです。
ふつうに暮らしていたら、みなさんモテます。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事