2019.12.09

20代女性に聞いた!失恋したときの立ち直り方

こんにちは、コラムニストの愛子です!

他人からは軽く見られがちな失恋の悩み。でも本人にとっては深刻ですよね。寂しくてどうにかなりそう! と感じたことのある人は多いはず。

そこで20代女性に、失恋したときの立ち直り方を聞いてきました。
「歩くか、走るか、泳ぐのがおすすめ。体を動かしていると余計なことを考えなくて済むし、ダイエットにもなるから一石二鳥。失恋に限らずなんだけど、いくら考えてもどうにもならないことは、たいてい動いて消化するようにしている」(26歳/美容関係)

ウツ予防としても適度な運動は推奨されています。体を動かすことがメンタルにいい影響を与えるのは間違いないでしょう。物事の受け取り方を変えるには、メンタル面からのアプローチだけでなく、体温を上げたり筋肉を活性化したりすることも有効です。それは失恋の悩みでも同じこと。部屋にこもって考え続けているよりも、思い切って外に出て、体を動かしてみるといいかもしれません。
「失恋したときって女として自信を失っているから、自分を女扱いしてくれる男性と遊ぶようにしている。そうすると少しは自信が回復する」(29歳/事務)

失恋には新しい恋が1番とは言いますが、すぐに次の恋ができるほど切り替えの早い人ばかりではありませんよね。そんな時にありがたいのが、自分をとことん女扱いしてくれる男性です。いつもは断っていた食事の誘いに、乗ってみるのもいいでしょう。あなたから「失恋しちゃったよ」なんて連絡するのもいいと思います。男性から優しくされたり褒められたりすれば、きっと女としての自信を取り戻すことができ、次の恋に進む勇気が湧いてくるはずです。
「非日常に逃げる。旅行先で美味しいものをいっぱい食べて、キレイな景色を見て、旅先で出会った人との会話を楽しんだりすれば、スッキリして気持ちを切り替えやすくなるよ」(28歳/経理)

付き合いが長ければ、街中カレと行ったことのある場所ばかりということもあるでしょう。そんなところにいては、イヤでもカレを想い出してしまいますよね。だから思い切ってどこか遠くに旅行するのもいいのではないでしょうか? 友達と行くのも、ひとりで行くのもアリ。環境が変われば、違う角度から物事を見ることができ、失恋を受け入れることができるかもしれません。

ただし、現実逃避しすぎると現実に戻るのがイヤになってしまうのでほどほどに。
「明るく振る舞おうとしてもどうしたって落ち込んでしまう。だから自然に元気が湧いてくるまで、あえてとことん落ちるっていうのが私のいつもの方法かな。泣くとスッキリする」(29歳/ホステス)

いい方法だと思います。忘れようとすればするほど思い出してしまうもの。だから考えるのに飽きるくらい、カレのことを考え続けるのもアリです。泣ける音楽や映画の力を借りれば、さらに悲劇のヒロインになりきれるでしょう。この際とことん落ち込んでやりましょう。がまんせずに泣いて落ち込みまくれば、いつしか自然と元気が湧いてくるものです。
合うものはありましたか? 失恋はどうしてもつらいけれど、いい立ち直り方を知っているだけで、ずいぶん心が軽くなると思います。ぜひ試してみてください。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事