2017.03.22

「友達でいよう?」男性が告白を断る意外なシチュエーション

大好きな人への気持ちがあふれて、「自分から告白したい…」と思うのはとても素敵なことです。気持ちを伝えたいと思えるほどに人を好きになったことの証ですから…。

でも、告白には意外なところに落とし穴があり、中には「気になる相手からの告白でもOKしにくい状況」もあるのだとか。

そこで今回は、男性が告白を断りやすいシチュエーションについてリサーチしてきました!

1.含みをもたせて呼び出す

「『話したいことがある』って呼び出されると、男性に断る準備をさせるからやめたほうがいいと思うよ。男はね、考えて決めた答えを簡単には変えないから。」(旅行会社営業/29歳/男性)

「告白されるかも…?」と男性に悟られてしまうと、男性に告白の返事を考える時間を与えてしまい、慎重になった結果断わる決断をされてしまうこともあるのだとか。告白はサプライズ的に、返事はなるべく待たないほうがいいでしょう。
ただし、告白中のもじもじしている女性を見て『可愛い』と思う男性は多いので、こういった間であれば告白の成功を後押ししてくれることも。

2.3回目以内のデート中

「男の感覚だと、気になる子にほど『慎重』になるよね。言葉は悪いけど、どうでもいい子のことはそこまで考えないからさ。知り合ってから告白するまでが早い女の子とは付き合う気になれないな。」(バーテンダー/30歳/男性)

男性と1~2回会ってみて、恋人候補として認められなければ会わなくなるという女性も多いのではないでしょうか。3回目のデートに臨むくらいですから、お互いに気があると判断することでしょう。

確かに3回目のデートにたどり着けた時点で、男性はあなたに「好印象」をもってること可能性が高いです。でも、告白を急ぐと男性から「チャラいの?」などと不信感を抱かれてしまうかも。脈ありの男性にこそ、慎重な態度で向き合いましょう。

3.周囲に誰もいない場所

「人前で女の子からの告白を断るのは気が引けるよね。泣かれる可能性もあるから…。でも、人の目がなければ気にならないでしょ。」(建設会社営業/28歳/男性)

男性に告白するときには、『家の近くの人のいない場所』といった人目に触れない場所を選ぶ女性が多いのではないでしょうか。他の人もいる場所で告白するのは恥ずかしいですもんね。

でも、男性は「人目がなければ告白を断りやすい」と考えるのだとか。有名なデートスポットなどのように、程よく人がいる場所で告白をしたほうがOKしてもらえる可能性があがるかもしれませんよ。

4.デートの帰り際

「女の子のほうは『フラれたときの気まずさ』が気になるのかな。帰り際に告白してくる人が多いよね。でも、告白を断りやすいからやめえたほうがいいと思う。『ごめんね』って言って帰ればいいだけだからさ。」(クリエイター/29歳/男性)

じつは、告白は「相手が帰るまで」が勝負。帰ってしまえば「もう会わない」、「連絡を返さない」といった対応を取れるからです。また、帰り際に告白すると時間の制限があり、気持ちを伝えきれない可能性も高まります。

「好き」と「付き合ってほしい」という気持ちを伝えて、返事を待つだけの告白にするのはもったいないですよね。気持ちを伝えきるには時間が必要です。余裕をもって告白をするためにも、デートの帰り際は選ばないようにしてください。

おわりに

告白は、男性と「特別な関係になりたい」と思うからするもの。人としての素敵な感情のひとつです。でも、すべての恋愛が成就するわけではありません。だからこそ、告白をOKしてもらうためにできることは全部やりましょう。告白のシチュエーションが結果に響くこともあります。より告白の成功率を上げるための選択をして、あなたの想いを成就させてください!(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(泉三郎/カメラマン)
関連キーワード

関連記事