2019.11.23

これだけはマジで勘弁!彼女にされてイラッとした行動

「え?私、なにかした?」と、全くわからないうちに彼が機嫌を悪くしてしまった、なんてことはありませんか?

同じ人間とはいえ、男女のすれ違いはよくあること。とはいえ、できることなら彼を怒らせずに、仲良く一緒の時間を過ごしたいと思いますよね。ここでは、彼女に言われてイラッとした言葉について聞いてみました。

■「もっとこうすればいいじゃん」という仕事へのアドバイス

「仕事の愚痴を話したら『もっとこうすればいいじゃん』とか『そこがダメなんだよ』って言われた。プライドがズタズタになった。アドバイスやダメ出しは求めてなくて『仕事頑張ってるんだね』とか『頼りにされてるんだね』って言ってほしかった…」(20代/不動産)

仕事にプライドを持っている男性は多いもの。

たとえ、それが良いアドバイスで悪気がなかったとしても「自分の頑張りを否定された」かのような気持ちになってしまいイラッとしてしまうのです。彼を応援する言葉や、彼の頑張りを認める言葉を意識しましょう。

■「いつお給料あがるの?」という収入に関する質問

「看護師の彼女は給料も高い。比べて俺は…。昇給ペースが遅いことを知って、彼女が『いつお給料あがるの?』って聞いてきてへこんだ。そこはあんまり触れてほしくなかったなー」(20代/公務員)

女性が思っている以上に男性はデリケートです。特に、男性よりも女性のほうが稼いでいる場合は過敏になっていることもあるでしょう。素朴な疑問であっても「お給料どれくらい?」や「いつあがるの?」などの質問は控えたほうがベターです。

■「○○ちゃんの彼、身長180センチもあるんだって!」という報告

「彼女の友達に彼氏ができたとき『彼は身長180センチもあるんだって!』って興奮して話してたときにイラッとした。170センチない俺に対する嫌み!?結構気にしてるから言わないでほしかった」(20代/学生)

友達の彼氏の報告をしただけなのに…と思うかもしれませんが、友達の彼であれ彼女に異性を褒められるのは嬉しくありません。

また、友達の彼がカッコイイと言われて喜ぶ彼氏もいません。特に身長はどうにもならないもの。できるだけ触れずにいましょう。

■「あ~ここ元彼とも行った」といういらない情報

「彼女と品川の水族館に行ったとき『あ~、そういえばここ、元彼ときたことあったわ』って言われてマジかってなった。それ、今言う必要ある?!地味に傷つくからやめてほしい…。そのあとのデートも元彼の存在を気にして楽しめなかった」(20代/製造)

いくら元彼と来たことがあるからといって、その場で伝えるのは思いやりがない行動です。はじめてきた!と嘘をつく必要はありませんが、彼の気持ちを考えて「楽しいね」「おもしろいね」と伝えたほうが彼も嬉しいでしょう。

おわりに

悪気はなくとも、彼を傷つけたりイラッとさせてしまうこともあるものです。

これを言ったら彼はどう思うかな?と考え彼の気持ちに寄り添った行動を心がけることで、そういった気持のすれ違いは起こりにくくなります。思いやりをもって彼と接したいですね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事