2019.11.13

思わせぶりな態度をとり続ける男子とはつきあわないほうがいい

好き避けする女子、というのは、わりと一般的かもしれません。が、好き避けする男子もいます。あるいは思わせぶりな態度ばかりとるわりに、いっこうに告白してこない男子もいますよね。
そういう男子とは、つきあわないほうがいいです、というお話をします。

■男子の恋愛に戦略はない

思わせぶりな態度をとる男子は、自分に自信がないから、そういう態度しかとれないのです。
もちろん、いきなり告白しちゃえば、相手がびっくりするだろうな、と想像するから、思わせぶりな態度になるということもあります。
あるいは、ネット上で話題の「脈ありか脈なしかを知る」ために、思わせぶりな態度をとることもあります。
でも、思わせぶりな態度が「続く」というのは、自分に自信がない証左です。

***

女子の中にも、思わせぶりな態度ばかりとる人っていますよね?
そういう人の中には、相手がどういう人なのかを知るために、つまり戦略的にそういう態度をとる人もいるはずです。
が、男子の思わせぶりな態度の中に、戦略がないことのほうが多いです。単に告白するのが恥ずかしいから、とか、告白してフラれたら自分が傷つくからとか、そういうことで思わせぶりな態度になる男子のほうが多いです。

まれに戦略的に、思わせぶりな態度をとり続ける男子がいますが、そういう人はよく遊んでいる人だったりするので、女子はそのへんのところをちゃんと見極めないと痛い目にあったりします。

■草食系男子の本質も「男は度胸」

いかに草食系男子が増えた時代だとはいえ、いい男の本質は、昔となんら変わっていません。
つまり、日本男児たるもの、告白するときは正々堂々と告白するのが筋である、ということです。

昔からよく言われている言葉に「男は度胸、女は愛嬌」というものがあります。
女は愛嬌というのはよくわかりませんが、男は度胸がないと、男がつとまらないんですね。
草食系男子という言葉は、目に見える事象をうまくとらえた言い方ですが、その草食系男子の本質を、できるだけ見るようにしてはいかがかと思います。草食であれ肉食であれ、なにかほかのものを食べている男子(たとえば魚を好んで食べる魚食系男子)であれ、男に変わりはありません。
女子にとって「モテ」の本質が、不特定多数の男子からチヤホヤされることにあるのではなく、ある特定の男子に愛されることにあるように、今の若い男子の本質は、度胸にあります。

***

なので、思わせぶりな態度ばかりとってくる男子に心乱されるくらいなら、度胸のある男子を「一本釣り」すればいいのです。
度胸のある男子は、自分に自信があります。まちがった自信かもしれませんが、自分に自信を持っています。そういう彼とつきあうと、女子は悩む必要のない悩みが減ります。

自分に自信のない男子とつきあってしまえば、デートのとき彼がリードしてくれないことにやきもきし、彼がなかなか抱いてくれないことにやきもきし、という感じで、つきあったあとも、女子があれこれ悩まなくてはならなくなったりします。
そういう悩みに答えている、この『ハウコレ』のコラムはたくさんあるので、悩めばそういうものを読むといいですが、要するに、最初からボタンを掛け間違えたら、延々と、そういうものを読み続けなくてはならなくなるのです。もちろんお読みくださるのは嬉しいことですが、でも、それはそれでしんどいでしょ?(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事