2017.07.27

最初は本命視されてたのに!知らぬ間に「セカンドに成り下がる女」

最初から彼のセカンドと知って付き合うならまだいいでしょう。でも、本命だったはずなのに気づいたらセカンドだった…なんて嫌ですよね?

今回は、最初は本命視されてたのに知らぬ間にセカンドに成り下がる女子の特徴を紹介。
あなたも知らぬ間に、すでにセカンドかもしれませんよ…!?

情緒不安定

「いわゆるメンヘラだと気づいたとき。今後のために本命からは外すかも」(28歳/不動産)

「情緒不安定な子って申し訳ないけど絶対あげまんではないでしょ。さげまんなイメージが強いから本命にしたくない」(30歳/営業)

精神的に乱れやすい子、さらにそれを表に出してしまう子には「振り回されそう」という不安から、本命にしたくないというのが男子の本音かも。不安になったりイライラしやすい女子は、なるべく情緒不安定にならないようにセーブしたほうがいいかも。

重いほど一途に尽くす

「好かれるのは嫌いじゃないし、気遣いできる子も好きなんだけど、尽くしまくられるとどうもオカンに見えてしまって…。本命にはいいかな」(29歳/IT)

一途なのは嬉しいんです。でも「全部してあげる」「だから好きでいてほしい」というような重いほどの一途っぷりは嫌みたい。

特に付き合う前段階は、「まだ付き合ってもないのに…」と、彼が引いてしまう傾向が強いのです。尽くし系の女子は程度を考えないと彼のオカンになってしまい、彼女(候補)からセカンドに落ちてしまう恐れが…。

意思がない受け身体質

「なんでも合わせてくる子。意思がない、中身がない感じだと張り合いもないし楽しくないから」(26歳/証券)

「基本受け身で言いたいことも我慢しがちな女」(29歳/飲食)

彼のことが好きだから彼に合わせる!という女子や、受け身で彼に引っ張って行って欲しい!という女子もいるでしょうが、ある程度自分の意思も伝えないと彼だって不安だし不満。
なんか自分を持ってない子なんだなと思われてしまえば早い段階でセカンドもありえます。

ヒマな時間が多い

「何かに一生懸命打ち込んでいる女子はすごくかっこいいし魅力的だけど、ヒマな時間を持て余している子って魅力を感じないし一緒にいてもなんかつまらなさそう」(30歳/外資)

ヒマを持て余している子って何かに打ち込んでないからか、イキイキしてないイメージ。
そんな鮮度悪めの子に惚れ込む男子は少ないかも。たまには何もしない時間も大事だけど、魅力的な自分になるためには何かに打ち込んだ方が吉。

男友達が多すぎ・ノリがいい

「男友達が多いと何かと不安だから、よほど惚れ込んでない限り真剣に付き合えないかも」(31歳/建築)

「ノリが良くて夜中に呼び出されてもひょいひょい飲みに出て行くタイプ」(27歳/美容系)

ノリがいいと友達としては最高なんだけど、彼女となると『勢いで浮気するんじゃないか?』と不安になることも。つまらない女子よりかは飽きられにくいかもだけど、ノリが良すぎるのも恋愛においては問題です。

おわりに

彼も「あれ?思っていた子と違った…」となれば心の中で本命からセカンドに落とすことも…。

「最初はあんなに大事にしてくれてたのにいつの間にはなんか扱いが雑になった?」と彼の対応の変化に気づいたのなら早めの方向転換を!(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

関連記事