2017.08.26

複数の男子にこんなことをしちゃう女子は彼女にしたくありません!

「八方美人」って不思議ですよね。「美人」なんて言葉が入ってるのに、全然褒め言葉になってないっていう。

男子に対するモテ言動という武器も、大事なところで使うからこそ、はじめて武器になりますし、ときところ構わず使ってしまっては、せっかくの武器も台無しです。

そこで今回は、10〜20代男子に「複数の男子にしてたらドン引きなこと」について聞いてみました。

1.飲みのお誘い

「『飲みに行こうよ!』みたいなのって、ある特定の男子に対してやれば、立派なアプローチになると思うんだけれど、その対象が複数に広がっただけで、『なんだよ、単なる飲みのお誘いかよ!』ってがっかりする」(大学生/19歳)

たしかに、「飲みに行こう」の意味は、人によってさまざま。とくに異性に対して言うときにはデートのお誘いの場合もあれば、単に、友達としての場合もありますね。

しかし、これをまんまと「誘われてる……」と勘違いする男子は多いようで、そういう男子の場合、他にも同じことを言われてる男子がいると知っただけで、「プンッ!」となっちゃうみたいです。

2.褒め言葉

「複数の男子に対して『かっこいい』とか『モテそう』とか言っちゃう女子は、ビッチ認定させていただきます。申し訳ございませんが」(専門学生/20歳)

まあ、露骨に「意識させようとしてる」感じな褒め言葉を、いろんな男子に対して言っていたら、たしかにそういう認定をされてしまっても文句は言えないのかも。

ここで、褒めたがりの人は、なるべく相手によって褒め方を変えるといいですよ。毎回「かっこいい」じゃなくて、その相手ならではのところを褒めてあげると、「使い回しのビッチ感」が薄まって、いい意味での「褒め上手」にランクアップできますね。

3.ボディタッチ

「飲み会とかで、いろんな男子の身体を触っちゃう人は、もう嫌です。さっき俺のことを触ったときの、俺のドキドキ感を返してほしくなる」(ウェブ系/24歳)

ボディタッチみたいな、刺激が強めのモテテクは、たとえ同じ相手に対してであっても、乱用禁止な劇薬です。そんなモテテクを、複数の男子に使ってしまえば、たちまち「あいつ、なんか触ってこねぇ?」みたいな不名誉な噂が駆け回ってしまいます。

4.頻繁LINE

「いろんな男子とLINEをめっちゃしてる女子は、付き合いたくないな。そういう人って、彼氏がいても『男友達だしいいじゃん!』って言って、ずーっとほかの男子とLINEしてそう。そういうのが平気な男子ならいいと思うけど、そんなにいるかね?」(大学生/21歳)

男子は結構、こういうことを相談したりし合ってます。「俺、最近あの子とLINEしてて、いい感じかもって思ってるんだよね」「まじで? 俺もめっちゃしてるけど、あの子そういう感じだよもともと」「まじで?(俺特別じゃなかったんかい!)」みたいなね。

LINEがずっと続けば、だんだん恋の予感はしてくるものですが、いろんな男子としすぎてると、せっかくのLINEを使った恋が生まれにくくなることもあるかもしれません。

おわりに

彼氏がほしいからって、いろんな男子に仕掛けちゃいけません。恋は常に一対一。二兎を追う者はなんとやらで、一点集中のみが、成功への道です。

あなたも、モテテクがインフレを起こして、残念なモテテク八方美人になってしまわないようにね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事