2020.05.05

彼女の「大人力」で彼氏を一途にしていこう!

カップルは、単に一緒にデートして楽しいだけじゃありません。
一緒に過ごして、相手の価値観を受け入れながらふたりで成長していく関係です。

「彼氏、子供だなー……」と感じている人もいるかもしれませんが、あなたの大人力をたくさん見せていけば、きっと彼氏も大人な恋愛、つまり、一途かつ誠実な恋愛ができるようになっていくはず。

そこで今回は、10〜20代男子と一緒に「彼氏を成長させる彼女の大人らしさ」について考えてみました。
男子のヤキモチ焼かせたい言動はかなり露骨ですが、それを真に受けないだけじゃなくて、そうとわかった上で妬いてあげる。

この完全に一枚上手な対応をされて、恥ずかしくならない人はいないでしょうね。彼氏が「今日、女友達と飲み行くね」とかわざわざ言ってきたときには、落ち着いた顔で「早く帰ってね」と言ってあげましょう、
「絶対に彼女は俺のことを不安にさせない。多分、すごく気を遣って、男子からのLINEとか、そういうのを目に入らないようにしてくれてるんだと思う。そういうのされると、自分も間違ってもそういうことできなくなっちゃう」(アパレル/25才)

なんでもないのに、いざ知られたら「それ誰?」とか聞かれちゃいそうな男子のLINEや男子が来る飲み会。こういう知らなくてもいいこと知らないようにしてあげるだけで、彼氏はすごく安心します。

安心すると、自分もそんなことをするのが無意味で馬鹿らしく感じるようになっていくんでしょうね。不安のない、安心できる恋愛は、しっとりとした大人の恋愛への入り口です。
「束縛されると、窮屈で、そこから逃げたい気持ちが生まれるから、逆に浮気したくなるよね」(大学生/19才)

束縛されることは、ある種の劣等感を覚えることなんですよね。「ああ、自分はそんなに信用できない人間か」って。まるでお母さんに色々禁止される子供みたいに。

あえて自由にしてあげることで、自律心を養うという、まさに子育てスタイルな一途な彼氏の育て方。
「元カノが『浮気したら罰としてペット買ってもらうからね』みたいに言ってて、そういうサンクションじゃ正直、浮気しないようにしようとは思えない。だって、別れないんでしょ?」(公務員/25才)

束縛しない一方で、「浮気したら、さよならだからね」とはしっかり言っておく。しかも、当然のように、堂々と、そしてサラッと言う。いちいち細かい縛りはしないけど、一線越えたら問答無用でさようなら。

大人だからこそ、大事なところで手加減しない彼女の態度を見れば、自分だけ子供染みた浮気なんてしたくならないんでしょうね。
大事な人がいるのに、自分は好きに遊びたいだなんて完全に彼氏の未熟さがなせるわざ。

あなたが大人力を見せていれば、負けず嫌いな男子は、きっとあなたに追いつこうとぐんぐん大人に育ってくれると思いますよ。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事