女の子

2017.11.12

押してダメなら引いてみろ!彼の気になる相手になる方法!

恋愛の駆け引きの一つとして「押してダメなら引いてみろ」というものがあります。相手への思いが一方通行になればなるほど、片思いが増してしまうものです。
そうならないためにも、「押してダメなら引いてみろ」の精神で執着心を一度捨てて形勢逆転をすることが重要になります。今回は、その恋愛の駆け引きについて少し触れてみたいと思います。

急にいなくなると寂しさを感じる

押してダメなら引いてみろというのは、前提条件として相手に何度もアタックしている状況が必要となります。何度もアプローチしているのに、相手は自分に振り向いてくれないという状況こそがものを言う恋愛です。しかし、そんなあなたが一歩引いてみると男性は寂しい感情を抱くようになってしまいます。「あれ?なんでこの子は僕に近寄ってくれなくなったんだろう」と意識し始めるでしょう。
自分から手放すことによって、相手を自然と意識させて近寄らせるテクニックになるのです。「押してダメなら引いてみろ」というのは、男性の心さえも虜にしてしまうテクニックなのです。

執着するのは重い女だから

相手を好きになって執着してしまうと、その人しか見えなくなってしまいます。見方によっては「この女は重い女だ」と思わせてしまう可能性だって考えられます。押してダメなら引いてみろというのは、重い女だと思わせないためにも必要なテクニックです。彼に執着しすぎていると、彼への思いが増すばかりで周りが見えない状況になってしまいます。
しかし、普段思っている女性がパっといなくなることでフラットな関係に戻り相手からアプローチを受ける可能性も考えられます。押してダメなら引いてみろという恋愛は、恋愛感情が増したときにこそ効果的な方法になるのです。

相手を不安がらせて嫉妬させることも重要

急に好きだといっていたのに、いきなりその素振りさえも見せなくなったら男性は「嫌われたのかもしれない」と思ってしまいます。しかし、押してダメなら引いてみろというのはそういうことです。もしかしたら、ほかに好きな人ができたのでは?と嫉妬感情を抱いてしまう男性もいるのではないでしょうか。
恋の実り方は様々ですが、押してダメなら引いてみろというテクニックを活用するためには、相手を不安がらせて嫉妬させることも重要です。好きだと思われて嫌だと思う男性はいません。しかし、急に相手からアクションがなくなったら不安がりますし、自分から狙いたいという考えにシフトチェンジするケースもあります。

追ってばかりの恋愛は不幸にするだけ

相手を追っているだけの恋愛というのは、自分を見失ってしまう可能性もあります。周りから見れば、ただの執着しているだけの女になります。しかし、押してダメなら引いてみろというテクニックを応用すれば、自分磨きをして相手を好きにならせることも可能です。
両想いになれば幸せになると思いますが、報われない恋愛をしているなら不幸にさせるだけです。人相にも案外出ているかもしれません。そういう状況を脱却するためにも、押してダメなら引いてみろの精神で一度引いてみて自分を見つめなおすと良いでしょう。見失った美意識や恋愛観が取り戻されて、相手を引き付ける魅力を手に入れることができるかもしれません。

具体的なテクニックとは?

押してダメなら引いてみろという恋愛テクニックは、具体的に行動に表すと相手に危機感を与えることができます。例えば、毎日ラインをしていて好意を寄せているような素振りを見せているなら、急にそのラインを止めてみると良いでしょう。「なんで急に来なくなったんだろう」と思うはずです。そういう急な環境の変化に男性は耐えられなくなって、自分からアプローチをするようになります。
会ったときは、よそよそしい態度をして「私はあなたのことを冷めたの」という素振りを見せてみるのも一つの効果かもしれません。押してダメなら引いてみろの精神では、相手を嫉妬させて燃え上がらせることも重要です。

テクニック1:あえて嫌いなそぶりを見せる

押してダメなら引いてみろというのは、実際に相手に態度で示したほうが伝わりやすいです。好きな子に意地悪をする男子を思い出して、あなたもあえて相手が苦手な素振りを見せてみると良いでしょう。男性もその素振りに「なんで冷たい態度取ってるんだろう」と疑問を抱いて、近寄ってくるかもしれません。まさに、押してダメなら引いてみろですね。

テクニック2:感情に強弱をつける

男性にアタックしているときに、同じ感情でアタックするのは恋愛を平行に進行させてしまうだけです。押してダメなら引いてみろという感覚で、好きなことは好き、嫌いなことは嫌いと感情の強弱をつけると良いでしょう。押してダメなら引いてみろというのは、相手から距離を置くことだけではありません。感情の強弱の付け方一つでも十分適応するテクニックなので、日常生活の恋愛の駆け引きの時に、相手に使ってみると良いでしょう。

テクニック3:相手を待たせてみる

押してダメなら引いてみろというのは、決してアタックをするなというわけではありません。しかし、アタックをし続けていると一方的な恋愛になりがちです。あえて相手を待たせるような行動をとってみると、相手からアクションを起こしてくれるようになります。「電話、デートの約束」など、様々なシーンで待たせることができます。押してダメなら引いてみろというくらいですから、大幅に待たせてみても効果的です。

おわりに

生きていれば様々な男性と出会うことができますが、一度恋愛感情を抱いてしまったら中々感情を他に移すことはできません。しかし、一生片思いで過ごすという人生は自分を苦しめてしまうだけです。そうならないためにも、押してダメなら引いてみろという意識を重視しましょう。
一度、引いてみることで彼に抱いていた感情をフラットにすることができて周りを見ることができるでしょう。一方的に相手のことを思っているなら尚更、押してダメなら引いてみろ精神で相手に接してみることが重要です。いきなりあなたの姿が消えてしまえば、彼のほうからすがり寄ってくるに違いありません。

関連キーワード

関連記事