2017.12.28

男性心理を学んでも、あなたの恋には大した影響がない理由

こんにちは、あなたの恋愛をアップデートするコラムニスト、川口美樹です。

恋愛の講座なんかをやっていますと、アンケートに必ずと言っていいほどに「男性心理について学びたい」といったことが書いてあります。

こういったアンケートを書く人たちはおそらく、男性が何を考えているのかよくわからなくて「これこれこういう場合に男性ならどう考えてるんだろう?」ということを日々悩んでいるんだと思います。

でもですね、正直男性心理なんて学んだところで大した参考にならないんですよね。

女性心理と男性心理って本当に違うの?

「昔、男性は狩りに出かけ、女性は村で子育てや食事の用意をいた」から、男性の脳と女性の脳には発達の段階で違いが生まれた、という話。あなたも一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。

しかし、当時の状況をよーーーくイメージしてほしいのですが、狩りに行きたい女性は狩りに出て、村にいたい男性は村にいたと思いませんか?

確かに人数比でいったら、男性の方が狩りに出かけている人数は多そうですが、それでも100%男性と女性で別れてはいなかったはずです。

心理学というのは「人はこういう状況になった時にこういう行動を起こす傾向にある」というデータに基づいた「統計学」なんです。

統計学だということは、逆に「こういう状況になった時に、こういう行動を”起こさない”」人もいるということ。

つまり、あなたと彼氏との間のコミュニケーションに、男性心理・女性心理の話を持ち込んだところで、「目の前の相手は一般的な心理学の傾向に当てはまらない」かもしれないんです。

逆に男性心理を学びに学んで、「わかった気になる」のが一番怖いことです。相手が何を考えているのかは相手の中にしか答えがありませんから、どれだけ学問を修めてもその答えは出てこないんですね。

男性心理に頼るな、彼氏に直接聞け!

心理学を学ぶことが無駄だとは思いません。心理学は統計学ですから「こういう状況になった時には人はこういう行動を取りやすい」ということを知っておくことは非常に意味があります。

しかし、世の中には心理学の仮面をかぶったデマカセもたくさんあるのです。そういった情報が科学的に正しいのかどうかは、科学を勉強していない人にとっては難しいでしょう。

ですから、心理学の情報に触れた時には「へぇそんなこともあるんだ」ぐらいにとどめておくのが無難です。

間違っても「だから彼もこんな風に考えているに違いない」と思わないでくださいね。それと「あなたの彼がどう思うかは全くの別物」なのです。

もし目の前の相手の心理が気になるなら「彼氏 心理」とグーグルに聞く前に、あなたの彼氏に直接聞くようにしてください。そのほうがきっと何百倍もの学びになりますよ。



参考記事

「男性脳」「女性脳」は存在しない?:英国の研究結果(https://wired.jp/2015/11/05/male-female-brain-difference/)

完全な“男脳”と”女脳”は ほぼ存在しないことが判明(イスラエル研究)(http://karapaia.com/archives/52206786.html)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事