2018.02.04

距離が縮まっているつもり…?「好きな人に愚痴を聞かせる」とどうなるか

彼氏や好きな男子といるときに、ついつい友達の愚痴や悪口を言ってしまうことはありませんか?秘密は二人の距離を縮めると言われますが、使い方に寄っては、悪影響もあるのです。

口は災いの元なんて言うけれど、それは、恋愛においてもそうなのかもしれません。

■悪口聞くのってしんどい

人が誰かの悪口を言っているのを聞くのって、とてもしんどいですよね。

「言霊(ことだま)」とよく言うように、言葉には、その意味以上の力があります。だから、悪口や愚痴といったネガティヴな言葉は、聞いているとそれだけで気持ちが暗くなってくるし、悲しい気持ちになってきます。

自分がそれを話してストレスを解消しているということは、それを聞いた相手にそのストレスのおすそ分けがされてしまっているんだということを覚えておきましょう。

せっかくのデートですので、なるべくなら楽しく過ごしたいのは当然で、それはあなただけでなく相手も同じ。だけど、自分だけがストレス解消をして、相手の気持ちはおざなりでは、とても不公平ですよね。

■俺も、言われてる?

上のようなことだけならまだしも、実は、これよりはるかに大きなデメリットがあります。

「彼女が人の悪口言う癖があってすごいんだけど、だから、どうせ俺以外の人と会ってるときには、俺の悪口を言ってるんだろうなーって思う。まあ、嫌だけど、直せないしね」(理学療法士/24才)

「同じくで、悪口がエゲツない人は、『うわー、自分もこんなにエグいこと言われてるのかよ……」と聞いてて思う。なんかもうその人と離れるのが怖いよ(笑)』(大学生/20才)

そう。誰かの悪口を言いがちな人は、ほぼ確実にこう思われてる。

彼氏や好きな彼氏なら、悪口や愚痴の多い人でもさすがにそこまでは言わないんじゃないかって気もするし、実際そうなのかもしれないけれども、その「誤解」は与えてしまうはず。
それになぜか、男子は「女子は彼氏の悪口を言うものなんでしょ?」という固定鑑定があるので、なおさらこの誤解は生じてしまいやすいです。
私なら、こんな誤解をされるのは絶対に耐えられません。言ってもいないのに、好きな人から「この子は俺の前ではいい顔しいだけど、俺のいないところではめっちゃバカにしてるんだろうな」って思われている。こんなの、地獄です。

**

好きな人にこうした誤解や、聞くに耐えないストレスを与えないためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、案外シンプルな方法で可能になるのかもしれません。

「女子から、『あなただから打ち明けられます』っていうトーンで愚痴をこぼされたりするも、愚痴を聞く辛さよりも俺を頼ってくれて嬉しいって気持ちの方が強い」(アパレル/24才)

これなら、「悪口が癖」感がないので、「普段から俺の悪口も言ってるんじゃ……」という気持ちにもさせずに済みますね。

他にも方法はいろいろあるはずですが、その根本はどれも同じだと思います。

交際するということは、単に楽しみを共有するだけじゃなく、お互いを支え合ってときには相手の抱える嫌な気持ちを慰めてあげること。

ついつい頼りたくなる気持ちの中で、頼る方だけが気持ちいいんじゃなく、頼られる方も、気分よく頼られることができるようなやり方がとれれば、お互いにハッピーになっていけるんでしょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事