女の子

2018.02.13

「ずっと好きでいてもらえる彼女」の特徴とその方法

「恋の寿命は3年」とよく言いますよね。
しかし交際から3年も経ってなくて彼との時間が楽しくて幸せという時には、自分が彼に飽きるなんてことは想定しづらいもの。それよりも心配なのは、「自分が彼から飽きられてしまうこと」ですよね。

では、彼に飽きられることなく、ずっと好きでいてもらえる彼女になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、彼氏にずっと好きでいてもらえる彼女の特徴とその方法をまとめました。

お互い似てきた

まず前提として、人間は生きている限り大小関わらず変化をしています。意識せずとも日々経験する様々な出来事・出会いがあなたやあなたの彼を変えているのです。

長い期間付き合っていると、お互いの発言や行動が似てくるというのはよくあることですが、これこそがずっと好きでいてもらえる彼女の特徴なのです。
彼からしてみれば、自分に似てきた彼女は愛おしく思うでしょうし、相性がよいと考え、ずっと好きでいる傾向にあります。お互いが似てくるというのは、自然とそうなるものですが、意識的に彼の行動と似たような行動をすることによって、さらに彼から愛されることができるでしょう。

努力を欠かさない

付き合うことがゴールではありません。彼からずっと好きでいてもらう彼女になるためには、努力を欠かさないことが大切です。努力をしないでいると、いずれ彼にも「飽き」や「慣れ」がやってきます。
今のあなたを彼が好きでいてくれているのは確かな事実でしょう。しかし、今のあなたのことを好きでいてくれているのは「今の彼」であり、「未来の彼」が変わらずあなたのことを好きでいてくれるかどうかはわからないのです。
ずっと好きでいてもらえる彼女になるためには、外見や内面を磨くなど、努力を欠かさないようにしましょう。

ずっと好きでいてもらう方法:変化する

彼からずっと好きでいてもらえる彼女になるためには、「なりたい自分」になるための変化をしましょう。変わらないままでは飽きたり萎えてしまうふたりの関係も、変化をすることで再び惚れ直し、「もっと好きになる」ことだってあるのです。

大切なのは、「彼に愛してもらうために変化をする」と考えすぎないこと。彼に合わせていたのでは「こうなりたい!」という変化を実現できず楽しむことができません。彼に対する思いやりは大切ですが、「変化」はあくまでも「自分のため」を第一に考えてあげてくださいね。変化を続けることで、彼は彼女に飽きることなく、ずっと好きでいてもらえるはずです。

ずっと好きでいてもらう方法:適切な距離感

彼にずっと好きでいてもらえるような彼女になるためには、彼と適切な距離感を保つ必要があります。
たとえば、会う頻度や連絡頻度を振り返ってみましょう。お互いが心地よいペースが保てているでしょうか。会い過ぎたり連絡を取り過ぎたりしていると、彼の「飽き」も早まってしまいます。ずっと好きでいてもらうためには、適度な距離感を保たなければなりません。

目安としては、「まだもうちょっと一緒にいたいな」とか「もう少しだけ電話していたいな」と思う時に思い切ってバイバイしてみましょう。
その「物足りなさ」を彼に感じさせることで、ずっと好きでいてもらえる彼女になることができます。

ずっと好きでいてもらう方法:たまにはサプライズ

サプライズをするのはいつも彼ばかりというカップルはいないでしょうか。ずっと好きでいてもらえる彼女になるためには、あなたの方からもたまにはサプライズする必要があります。サプライズがたまにあるだけでも、彼にとってはいい刺激になります。「この子と付き合っていてよかった」と思わせることで、ずっと好きでいてもらうことができるでしょう。
「慣れ」や「飽き」などのマンネリを感じてきたカップルは、ぜひ彼女からのサプライズを決行してみてください。

おわりに

極論、「彼女の〇〇なところが好き」というだけでは、「〇〇という魅力を持つ他の誰か」でもいいということになりかねないため、「ずっと好きでいてもらえる彼女」を実現するのは難しくなってしまいます。「彼女のこんなところが好きだったけど、今の彼女のこんなところも好き」というように、過去の「好き」を積み重ねていくことで育まれる愛情は、他の誰かと簡単に育めるものではないため、ずっと好きでいてもらうことができます。
変化していくふたりで自分と互いの変化を受け入れつつ、過去、現在、そしてこれからずっと愛し愛されるようなふたりを目指したいですね。

関連キーワード

関連記事