2018.02.21

彼氏に愛されてないと感じる瞬間は?別れるべき?

彼氏に愛されてないと感じた時、行き場のない寂しさを感じてしまいますよね。同時に、付き合っていても幸せになれないという感情も生まれると思います。こういうことばかりを考えていると、マイナス思考にもなりますし、恋愛で前に進めません。とは言え、すぐに別れる決断をできるわけでもありません。そこで今回は、彼氏に愛されてないと感じた時にどのように対処するか、別れるケースと別れないケースをそれぞれ紹介します。

連絡がない時は自分から切るべき

彼氏に愛されてないと感じることは様々ですが、相手に感情が残っていないと判断した場合は別れることをオススメします。例えば、普段彼から連絡がなくなったとして、lineや電話も無視するようになったとします。色々な原因で音信不通になっていることが考えられますが、ここで一つ引いてみましょう。連絡を一切断ち切って彼氏からのアクションが何も無ければ愛されてない証拠です。
あらゆる理由で連絡をしないという人でも、感情が残っていれば連絡の一つはするはずです。何もアクションがない場合は、付き合っていても不毛なので別れるべきです。

相手のが心配しなくなった=別れるサイン

愛されてないと感じる瞬間は様々ですが、彼氏が心配しなくなったらそのサインと踏んでも良いでしょう。風邪を引いているときにしても、何か困って悩んでいるときにしても、落ち込んでいるときに何もアクションを越さずに放置しているようであれば愛されていない証拠です。全くそういう気配を見せないような彼氏なら、気持ちがもう薄れているということであり、関心がないという現れです。関心を持たれないまま付き合っていたとしても、行き場のない寂しさと虚無感に襲われるだけなので、早急に別れることをオススメします。

一緒にいて幸せを感じなくなったとき

一緒にいて幸せを感じなくなったときは、愛されてない瞬間でもあります。彼氏と一緒にいて喧嘩ばかりしているようなカップルは、一緒にいて楽しくないと思うようになるでしょう。楽しくないのに付き合っているのも時間の無駄ですし、別れたほうが良いです。遠距離恋愛等で、物理的に会えないのであれば話は別ですが、会えるのにそういう感情が生まれてしまうのはカップルとして問題です。
好きな人がいるなら、デートを楽しむというのは彼氏の役割です。しかし、それを一切しないのであれば愛されてないということです。そういう人と一緒にいても何も楽しくないと思うので、別れる決断をしましょう。

緊急な連絡でも返事がない

大切にされていないと感じた時に、愛されてないと思う人も多いと思います。緊急の連絡などをしても一切連絡が返ってこないような彼氏は、愛されてないと思っても良いでしょう。デートの約束をキャンセルしたり、急に何かが必要になったから連絡したり、これらの要件に一切アクションを起こさないのであれば、彼氏のあなたに対する興味関心は薄れています。普通の連絡ならまだしも、急ぎの連絡にさえも返信してくれないのであれば、寂しさを感じるのは当然です。そんな彼氏に愛されてると感じるわけもありませんし、連絡が返ってこないなら切るのも時間の問題ですね。

好きや大好きを伝えなくなった

彼氏からの愛情表現が減ってきたことで「愛されてない」という感情を感じたのであれば、まだ別れるべきではありません。最初から、愛情表現を表に出さない人ならそういう性格だからです。スキンシップをすることが恥ずかしいという人や好きということ自体が恥ずかしいという人もいます。連絡に関しても、まめな人ではない限り返信をしないという人もいます。彼氏の性格なので仕方ない部分もあります。
そういう彼氏の性格を把握したうえで付き合っていくことが重要です。愛されてないと感じた場合は、性格を見つめなおして理解するということも重要です。

デートが楽しくないだけで別れるのはやめよう!

彼氏とデートをする時に、色々なことを考える人がいます。「前のデートのほうが楽しかったな」ということで愛されてないと感じる人もいるようです。しかし、デートが楽しくないからといって愛されてないと感じるのは時期尚早。付き合いたての頃は、相手のことを意識するので「もっと好きになってもらいたい」ということから、思わず張り切ってしまうのです。デートに慣れてきたら、感情も落ち着き始めているので、緊張感も薄れていきます。
楽しくないと思っているデートでも、マンネリ化しているだけなので、そこで愛されてないと感じるのは早いです。それが原因で別れるのも勿体ないですよ。

人間だから記念日も忘れる

彼氏から大切にされていないと感じる時は、記念日や祝い事を忘れられた時ですよね。「本当に私のこと好きなのかな」と思う人もいるでしょう。まさに愛されてないと感じる瞬間です。女性も記念日や祝い事は男性以上に楽しもうとするので、スルーされるとより愛されてない実感を感じる人もいます。しかし、男性の立場からすると時間が経つにつれて状況に慣れてくるので「祝わなくてもいいと思う」という感情が生まれてきます。
これは価値観の違いなので、お互いが合わせるしか方法はありません。しかし、そこで愛されてないと感じて別れるのは早いです。お互い歩み寄ることが大切で、距離感を近づけると良いでしょう。

まとめ

彼氏に愛されてないと感じる瞬間は様々です。付き合っている以上、彼氏に寂しさを感じてしまったらマイナス思考に考えてしまう人も少なくありません。それで、別れる決断をするというのも必要ですが、理由によってはまだ別れるべきではないというシーンもあります。相手と決別するというのは、結構な勇気だと思いますが自分にとって負担になっているなら別れたほうが良いです。
彼氏から愛されてないと感じた時は、まず自分自身を見つめなおして「本当にこの人とやっていけるのか」と考えると良いでしょう。続けられるのであれば、その人と続けていけばいいです。

関連キーワード

関連記事