2018.05.02

その恋は危ないかも!?あとあと「悪影響」な恋をしていないか振り返ろう

出会いの季節「春」。そんなシーズンだからこそ、悪い恋にはまってしまうことも少なくないようです。自分自身に変な恋の傷をつけてしまうと、トラウマになったり、次の恋へ進めなくなったり…。そこで今回は、自分を傷つける悪い恋をまとめました。みなさんの恋愛は大丈夫!?

●消去法で選ぶ恋に要注意!

消去法で選び取った恋。つまり、「これでなければならない恋」ではなく、「これでいいかの恋」です。

自分への自信のなさや環境、人間関係などを考え、「消去法で選ぶ恋」をしていませんか?たとえば、好きって言ってくれるならまあいいか、とあまり好きでもない相手に身体を許したり、彼に不満だらけで別れたいけど、ひとりになるのが怖くて別れられなかったり。

そんな恋ばかりをしていると、積極的な恋をしたり、素直に人を好きになること自体が難しくなってしまったりすることも。あなたはいま、本当に好きな人と一緒にいますか?

●相手がスタートの恋愛

相手がスタートの恋愛とは、「自分が好きだから」ではなく、「相手が好意を持ってくれたら」という現実から恋を始める姿勢です。

たしかに、片思いで、彼が振り向いてくれるように頑張るよりも、最初から自分のことを好きでいてくれる男性を相手にするほうが、安心安全で、ラクな恋ができそう。ですが、恋愛のゴールは「付き合うこと」ではなく、彼を愛し彼に愛されること。それなのに、自分の気持ちを無視して恋を進めていませんか?

「彼が私に好意をもってくれそうなら、アプローチしてみよう」とか、「○○してくれたから、私もしてあげようかな」とか。もちろんこういう状態から、本物の恋心が芽生える場合もありますが、自分の気持ちに無理をしているなら、それは絶対に悪い恋。彼に対する気持ちより、「自分だけ彼氏がいないのは嫌!」という気持ちを優先させていませんか?

●理由のなさすぎる片思い

いくら「好き好き~!」と思っていても、自分を客観的に見たり、相手の良いところ・悪いところを含めた「彼自身」をきちんと見たりをしない片思いは、自分自身の感情に振り回され、傷ついてしまうことも。

「○○くんって素敵!好き!」と理由もなく目がハートになっていると、いわゆるダメ男に惚れ込み、時間を無駄にしてしまうかもしれません。好きな人ができたら、恋愛感情がゼロになっても付き合っていきたい相手かどうか、尊敬できるかどうか、一度考えてみるのが◎。あなたの想い人はいかがでしょう?

●シチュエーションに憧れすぎる恋愛

恋愛中の「憧れ」は人それぞれ。言われたいセリフや、されたいこと、映画のようなキスシーンなど、惹かれる恋愛シチュエーションって魅力的ですが、そればかりを夢見ていると、大事なことを見落としてしまうかもしれません。

恋愛の中心にあるべきなのは、自分の心や彼の気持ち。「どんな絵になるか」ではありません。「彼が、○○してくれた“事象”が嬉しい」のか、「彼が○○しようとしてくれた“気持ち”が嬉しい」のか。前者なら危ない恋です。

こればかりに捕らわれてしまうと。いつのまにか「○○してくれる=好き」と、変な方程式ができ、本気で人を好きになれないなんてことも。注意しておきましょう。

●おわりに

どんな恋がしたいかは、もちろん個人の自由。でも、自分の恋心を顧みない恋愛は、結果的に、自分を傷つけてしまう可能性が高くなります。あなたがいま一緒にいる相手は、本当に一緒にいるべき相手か否か、いま一度、自分の気持ちと向き合ってみませんか?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事