2018.06.29

遠距離恋愛は、むしろ彼に愛される女になるのに最適なんです!


絶賛遠恋中のヒラタイカホノがお送りいたします。寂しいと思ったこと、ありますよそりゃぁ。けどその都度、なんで寂しいと思うんだろうとか、なんで離れてるときの彼の行動に執着してしまうんだろうって、その理由を模索していました。わたしの場合、自分が家に引きこもりでゴロゴロしている時間が多いと、彼のほうが充実しているように思えてきて、異様にかまって欲しくなったり、彼の行動が気になって不安になることが分かってきたんです。要するに、わたしの敵は「ヒマ」だったんですね。こんなふうに、自分で自分の恋を分析していくと、うまい身のこなし方がわかってくるものです。





●遠距離恋愛はなぜ辛い?

遠距離恋愛というと、なかなか会えず、相手が何を考えているのか次第に分からなくなり、ようやく会えたと思っても、それは一瞬の幸せで。またすぐに連絡の有無に心が浮き沈みし、寂しくて辛くて、別れを選ぶカップルも多いと思います。


けれど、考えてみてください。会えないことがなぜそんなに寂しいのでしょうか。
相手が考えていることが四六時中知れたところでどうするというのでしょう。
会えた嬉しさがすぐに消えてしまい、その後の生活の原動力になっていないのは、いい恋愛と言えるのでしょうか。


遠距離恋愛を辛いと感じるのは、彼との信頼関係が未熟で、会っていないときの彼が、自分を裏切るようなことをしないだろうかという不安があるから。
会いたい理由が寂しさから解放されるためだったり、彼を監視できる安心感になってしまっているのであれば、せっかく会えても心から楽しめないですよね。会ったあとの幸せな気持ちが持続しない原因は、ここにありそうです。



●会ったときの楽しい記憶を覚えているのはあなただけじゃない

2人でお休みを合わせて、ようやく会えたときって、とても嬉しいですよね。
その嬉しい気持ちや、楽しい気持ちって、あなただけが覚えていることで、あなたと会っていない間、彼は忘れてしまっていると思いますか?


彼は忙しい人だから…。いいえ、どんな人でも、必ず覚えていますよ。彼の記憶の中で、あなたが最高に楽しそうに笑っているとしたら、忘れるはずがありません。
彼がまたすぐにでも会いたいと思ってくれるよう、会っているときは、不安も心配も手放して、ただ彼といれることの幸せを噛みしめましょう。裏切ったり気持ちが離れたりしていないか疑いを晴らす時間に使っては、もったいないですよ。



●「遠距離恋愛は2人を引き裂く」は迷信

2人で会っているときよりも離れているときのほうが、相手の存在が大きく感じられるのは、あなたにならよく分かるはずです。遠距離恋愛では、会っていない時間のほうが多い分、「今何をしているのかなぁ」「何を考えているのかなぁ」と、必然と相手のことを考える機会が増えます。男性の性として、女性に費やした時間が多ければ多いほど、簡単には手放せない存在だと感じるようになります。これは、長時間かけて会いに来てもらうだけでなく、あなたのことをたくさん考えてもらうだけでも、彼の中であなたの大切さを育てることができるのです。



●おわりに

遠距離恋愛は、彼の中であなたの存在を大きくする最高の恋愛スタイル。2人で過ごした幸せな時間に自信を持ちましょう。離れているときには心配せず、彼に会ったときに素敵なあなたを見せられるよう、安心して自分の時間を楽しんで!


もしも「わたしがいない環境が当たり前になって、彼には新たな人間関係が築かれ、新しい出会いもあって…好きな人が他にできてしまったらどうしよう」と、不安に駆られたら、「なぜ彼の心配ばかりしないといけないの?彼がわたしのことを心配するべきだわ!」と心臓に力を入れる感覚で気合を入れたら、女子会でも開いてパァーッと語りまくりましょう。(ヒラタイカホノ/ライター)


(ハウコレ編集部)
林侑里奈/モデル)
お多福/カメラマン)
上杉光美/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)
関連キーワード

関連記事