2018.07.02

彼氏と喧嘩しがちな女子必見!長続きする愛され本命彼女の口癖とは?

彼氏と仲良くしたいのに、ささいなすれ違いで喧嘩や口論になって、ぎこちない関係になってしまうのは、なぜなのでしょうか?

あなたが何気なく発した一言で相手はイライラしたり、癒されたりします。
仲良く交際関係が長く続く女性には、共通した口癖があります。今からでも使えるものをご紹介しましょう。

彼氏と喧嘩をするのはなぜか?

仕事が忙しく、なかなかデート時間が確保できないのに、会ったら喧嘩ばかりで交際が長く続かず、切ない恋愛ばかりを繰り返している女性は少なくありません。

男の選び方が悪いのか、仕事が忙しいのが悪いのか。
いえいえ、どんな人とお付き合いをしても同じような別れ方をしているのは、あなたの言動に原因があるのかもしれません。

男性は彼女に認められたい

交際しているということは、彼はあなたのことを、彼女という特別な存在として認めてくれているということ。彼があなたのことを認めてくれて、そばにいたいと思っている間はその関係は続きますが、それだけでは長続きはしません。

男性は自分の大切な存在である彼女に、自分の存在自体も仕事もプライベートも価値観も考え方も、細々したことまで認めてほしいと思っています。それは人間の本能的な欲求で、親が子に、子が親に、先生が生徒に、生徒が先生に、上司が部下に、部下が上司に認められたいように、彼氏は彼女に認められたいのです。

まずはこの根底にある欲求を完全に満たしてあげるような言葉遣いを常に心がけていきましょう。

常に認めて、いちいち褒め、感謝をする

彼と意見が対立した時に、一方的に彼の意見を否定して、あなたの正論を貫き通したとしても、二人の間にはギクシャクした関係とモヤモヤした感情が残ります。

彼が話した時には、「でも」「だって」「私が」と意見を伝える前に、「なるほど」「そうだよね」「確かに」と彼のことを、彼の考えを、受け入れるような言葉を会話の初めに入れてみましょう。少し意識を変えることによって、あなたが優しく彼のことを包んでいるような印象に変わります。

彼が家事を手伝ってくれたり、あなたのために何かしてくれたりした時には、いちいち彼のことを褒めましょう。皿を洗ってくれたら、例え皿の裏面が洗えていなかったとしても、「お皿、洗ってくれたんだね、ありがとう」と嬉しそうに伝えましょう。その後で「お皿の裏側も、洗ってくれると嬉しいな」とポジティブにアドバイスをします。

もし「皿、全然、洗えてないんだけど。洗うなら、ちゃんと裏まで洗ってよ」といった発言をしていたら、彼は家事をしようとする気すら失せます。彼の行動というよりも先に、彼のやる気を褒めるのです。

・いちいち彼を認める
・褒める
・感謝の気持ちを伝える
・優しくポジティブにアドバイスをする

という流れを死守することによって、彼はあなたにとって、気の利く男に成長していきます。

結果を変えたいなら、工程に変化を

「大人の男なんだから、そのくらい察してほしいし、そこまで言いたくない!」と面倒臭く感じるかもしれません。しかしあなたが丁寧にルールを死守することによって、彼の内面にも変化があります。

今までのあなたのままでは、恋愛でうまくいかないルーティーンをなぞっているだけかもしれません。結果を変えるには、何かしらを変えて、良い恋愛を続けられるようにならなければ。今までと全く同じことをしているのに、結果だけ変わると信じているのは、愚かなことです。

癒される女には、癒される男が育つ

ただあなたの口癖がちょっと変わるだけで、相手の反応も変わります。優しく愛されたいなら、あなたが優しく愛してみること。頑張りすぎる必要もないけれど、思いやりや温かい気持ちを言葉や行動に移して、実現してみること。
たったそれだけのことで、幸せな彼との恋愛関係が続くなら、お得だって思いませんか?(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事