2018.08.16

ぶっちゃけ、どう?バツイチ男子と付き合うメリット・デメリット

こんにちは、美佳です。
夫婦の3組に1組は離婚していると言われる昨今。婚活市場にもバツイチの方が増えてきたように感じます。
というか、バツイチがだいぶ増えて、「なんか離婚もカジュアル化したのかな?」とも思いますね。そこで本日は、バツイチ男子と付き合うメリット・デメリットについてお話しいたします。

■結婚に幻想を抱いてないし、「女」という生き物をある程度知っている

まず、バツイチと付き合うメリットの一つ目はコレです。
一度結婚して離婚を経験しているだけあって、バツイチの多くは、結婚に幻想を抱いていない人が多いです。なので、結婚に対し現実的思考を持っている男子をご希望ならバツイチはもってこいな気もします。

また、結婚生活が長かった場合、ある程度「女」という生き物を知っていますよ。「女」を知ったバツイチは変に「女」を美化して見てないので、結婚後(再婚後)に幻滅…ということはそうないです。むしろ「女子にはそういう面もある」ということを知っているから、寛容だったりもします。

■失敗から学べるタイプなら、いい関係が築けるよう努力してくれる

では、メリット二つ目。
失敗から学べるタイプのバツイチなら、同じ失敗をしないように努力してくれる人が多いかと。

筆者の周りの未婚、既婚、バツイチ男子でどのタイプが一番気遣いやさんか、と言ったら断然バツイチです。もちろん個人差はありますが、女子が機嫌を損ねた際や、何かで怒ってしまった場合、すぐに意地を張らずに「ごめんね」って謝れるのはバツイチでした。

離婚を経験している人の方が、変にプライドは高くないですよ。
むしろ、失敗から学べるタイプなら、いい関係が築けるように努力してくれる人が多いですから。

■バツの付きすぎは要注意

デメリット一つ目は「夫婦になると、人間的に問題がある」ということ。それは、「バツの付きすぎ」男性の場合です。
正直バツの一個くらい勲章だと思うのです。けど、バツが3つも4つも付いているの場合……もしかしたら、彼自身に問題があるのでは?と。

まぁ、稀に結婚する相手が毎回結婚に不向きなヤバイ相手だった、恋愛中はいいけど結婚したら豹変する相手だった、ということもあるでしょう。
でも多くの場合、バツの多い方に人格的問題があったり、失敗から学べないタイプな気がします…。相手に問題があって離婚したという場合であっても、そのパターンのバツがあまりにも多いのであればやはり、人を見る目が壊滅的になかったり、きちんとした判断をできない人だと言えるでしょうね。

とはいえ、何度も結婚できるバイタリティは素敵です。
もしバツの数の多い人と交際または結婚する場合は、前の離婚理由を聞いた方がいいですね。といっても、男子だって自分が不利になる情報は言わないと思うので、よほど誠実で正直な人じゃない限り「性格の不一致」程度くらいのことしか言わないでしょうが……。

■元奥さんとの間に子供がいるならお金の問題が…

もし元奥さんとの間に子供がいるのなら元奥さんに養育費を支払い、定期的に子供(ついでに元奥さん)に会っているということもあります。

元奥さんとの間に子供がいる場合、交際ならまだいいですが、結婚になるとお金の問題が出てきます。そりゃ彼に十分な稼ぎがあればいいですが、そうではない場合、彼の稼ぎだけをあて生活するのは厳しいもの。
専業主婦希望の女子からしたらバツイチ子持ちは結構ネックだったりします。
また嫉妬深い女子的にも、彼が子供や元奥さんに会うということが心苦しいかもしれません…。

■終わりに

婚活市場に増えてきたバツイチさん。まぁバツイチに限らず誰にでもいい点悪い点はありますよね!デメリットばかりフォーカスしないように!(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事