2018.08.17

男の誘いを断れなくて、消極的ビッチになっていた【トイアンナのしくじり恋愛】

こんにちは、トイアンナです。「ビッチ」という単語からあなたは何を想像しますか。おそらく積極的に男性へ迫り、どんどん夜の営みを楽しめるオープンビッチでしょう。

しかし世にいるビッチはそればかりではありません。むしろ「男性からの誘いを断れなくて、気づけばビッチと呼ばれていた」消極的なビッチも多いのです。私は、そうなることを恐れながらもドツボにはまった人間でした。

男性の誘いを断れない病理

「付き合ってほしい」と口説かれるのって、もう最高ですよね。私の人生にはそこまでなかった話ですが、もはや友達の話を聞いているだけでも盛り上がる。「こんどランチ行こうよ。俺のお気に入りの店があってさ」「それ俺も好きだわ、気が合うね」といった駆け引き的やりとり。いいよね、盛り上がるよね!!

なにせこちとら、モテない女子代表。たまにでもこういうやりとりがあると嬉しいわけです。男性が!私を!口説こうと!している! と、家でクマのようにウロウロしてみたり、返す文面を見ては「これでいいかな?」「これじゃ前のめりすぎて怖がられるかな?」とソワソワしていました。

でも、当時は気づかなかったのです。自分が「断れない女」だということに。

断れない消極的ビッチのこれまでと、それから

上述のとおり、私はモテない女。ですからこれまで同時に男性から告白されたことなんて、1度もなかったわけです。そして、告白されたらとりあえず付き合っていました。
「せっかく告白してくれたんだし」
「私と付き合いたいなんて言ってくれる男性だし」
「これから好きになれるかもしれないし」と。

そして自分で別れを決断することもできませんでした。他の男性が口説いてくれると、はじめて今の相手と別れることができました。自分が気に食わないなんて理由で、相手を切り捨てる資格があるとは思えなかった。「他の男はいないけど別れる」ことが実現できたのは初恋から10年後、22歳のときです。

同時に口説かれて耳が聞こえなくなる?

そしてあるとき、人生に3回は来ると言われるアレが偶然、やってきました。モテ期です。モテない人間にも神様が1回くらいお情けでくださったのでしょう。ありがとう……ありがとう!

というわけで同時期に複数の男性からアプローチを受けました。そして私は誰の口説きも断れませんでした。そして全員とあいまいにデートを続け、苦悩しました。私に選ぶ資格なんかない。何もできない。でも選ばないといけない。

そしてある日、ストレスで左耳が聞こえなくなっていました。過去の経歴を思い切り自慢しますが、外資系企業で鬼のド詰めにも耐えました。起業の修羅場も乗り越えました。DV男子や浮気者との大げんかも、酸いも甘いも潜り抜けています。それでも耳が聞こえなくなったことなんてありません。

つまり、DVを受けるより複数の男性から口説かれることが、私にとってはたまらないストレスだったのです。なぜなら、断れないから。断る資格があると思えるほど、自分に自信を持てなかったからです。

もし、これをご覧になった方が同じことを思っているのなら……。私と同じく、「誰と付き合うか」を考えるフェーズにはないのでしょう。それよりも自分と向き合って「なぜ自分は断れないのか」を掘り起こしませんか。私もまあまあ穴の底にいますから、一人旅じゃありませんよ。どうですか、一緒に。(トイアンナ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事