2018.08.22

する前に対策を!彼に「浮気させない」ための防止策・一人暮らし編

「男はチャンスがあったら浮気する」という説もありますが、浮気させないために何が有効なのでしょうか。今回は一人暮らしの男性のケースにしぼって、元女探偵の筆者が「浮気させない」ための防止策について解説します。

■おそろいのスリッパや歯ブラシを置いておく

ハート柄のラグやピンク色のカーテンなど明らかに「女性の存在がある」ようにインテリアをいじってしまうのも効果的です。ただ、インテリアの変更は彼の趣味に合わないものだと拒否されてしまうのでさりげなく小物を増やすのが良いでしょう。

とくに、スリッパや歯ブラシ、ペアのマグカップなどはさりげなく存在していれば「いつも暮らしている本人は特に意識しないけど、来訪者は気付く」という絶妙な存在感を放ってくれます。

■毎日寝る前にビデオ通話をする

日頃から寝る前にビデオ通話で「おやすみ」を言う習慣を持っておくと、背景の画像も一緒にバレてしまうので「浮気相手を泊められない」という状況が作り出せます。

これによって完全に防止することはできなくても、「電話しないと怪しまれる」という意識があるだけでも十分浮気の抑止力になります。ビデオ通話は苦手、という彼なら、毎日寝る前や朝電話する習慣を持っているだけでも効果はありますよ。ただ、これをルールとして強制させる形になると束縛と取られてしまうので、お互いが納得できる形で、「顔が見たいから」などの理由で実行できるようにしましょう。

■トイレに汚物入れを置いておく

彼女がいない一人暮らしの男性の家にあるのがありえないもの、それは生理用品です。といっても目につく場所に出しておくものではないので、さりげなく存在をアピールするためにはトイレに汚物入れを設置しておくのが効果的。

彼女が洗面所やお風呂に化粧品やシャンプーなどを置いてあることには気付いても、トイレにまで気が回らない男性は多いです。

来訪者の浮気相手がトイレを使わないことはまずないので、必ず視界に入るはずです。彼が隠したとしても場所が移動しているなどでわかる場合もあるので、設置しておくとかなり強力な防止策になりますよ。

■2人の写真をベッドの近くに飾る

1人暮らしの彼なら、ツーショット写真を飾っておくのは浮気防止にとても効果的です。とくに、寝室に飾るのが効果的。彼女の写真に見られているような状況で、平気な顔をして浮気できる男性はそうそういません。

もし浮気しそうになった場合、写真を見えなくするときに罪悪感がよぎることと、「彼女はいない」と彼が隠していた場合に、相手の女性が気付いて「彼女がいるならやめる」などと身を引いてくれる可能性も高いからです。

今は写真を撮ってもスマホの中にとっておくだけ、というカップルも多いですが、ぜひプリントアウトして可愛い写真立てに入れて彼の寝室に置いておきましょう。彼が写真を置くのを嫌がるようならそもそも怪しいと思ったほうがいいですよ。

■おわりに

一人暮らしの男性は、確かに浮気相手を連れ込みやすい環境ではありますが彼女のグッズを置いておくこともできるので、うまく浮気防止策も打っておくことができます。自分がいない間も「彼女グッズ」に働いてもらいましょう。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事