2018.09.03

「結婚となると、ダメになる」恋愛にありがちなパターンと対処法

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。普通につきあっている分には、何も問題のない彼。順風満帆な恋人関係。いつしか結婚のパートナーとして意識をしはじめた途端に今まで仲が良かったのが嘘のように、お互いの歯車が噛みあわなくなってくることって意外とあるんです。

今回は、結婚を意識しはじめた途端に2人の関係がうまくいかないパターンを紹介します。そして、そこから反面教師として皆さんの今後に活かしてもらえれば嬉しいです。

リアルな結婚生活を想像してみたら不安 

恋人関係は、なんの責任もない、いわば現実逃避状態。今が楽しければそれで満足な時期です。正直、僕も振り返ってみるとそうでした(笑)。ただ、結婚となると、好きだけじゃやっていけません。基本的には親の力も借りずに2人で生活をしていかなければいけない。もし子どもが産まれたら、当たり前ですが養っていかなければいけない。そうなると、彼の将来の稼ぎも気になりますし、お金で揉めることも増えてきます。

そして親問題。結婚を意識し始めてから彼の親に会ったら、「こんな変わった親だと思わなかった」と驚くこともたまにあります。「こんなだったら、早く言ってよ!」と文句も言いたいものですが…(笑)。そう思うと、付き合う前~付き合い始めに彼の将来性や彼の親(周りの環境)は自分の目で確かめておくことをオススメします。情が深くなってからでは遅いですから…。

彼氏だったらよかったけど、一家を支える人と思うと厳しく言ってしまう

芯がしっかりした女性ほど、結婚を意識し始めると、恋人だったときには気にならなかった彼のルーズさがだんだんと目につきはじめます。それこそ、「今が楽しければいい恋人関係」ではなく一家を支える人と思うと、つい厳しく言ってしまって二人の関係が悪化してしまう、なんてことも。でも、厳しく言いたくなる気持ちはわかるし、それを絶対言っちゃいけないなんてことはないと僕は思います。

だって、これからあなたのことを命をかけて守っていかなければいけないのに、そんなルーズなところがあったら不安でしょうがないです。
こんなシチュエーションに遭遇してしまったら、こう考えましょう。「人はなかなか変われない。ということは彼のルーズさが急に治ることはない。自分がその分をカバーするしかない」と。

あまり厳しく言うと男は逃げてしまいます。ここで破局する道を選びたくないなら、アメとムチで急がず長い目で調教するくらいのマインドに切り替えるほうが賢明です。

結婚を意識した彼氏が自己愛が強すぎる悩み 

結婚を意識した彼氏が自己愛が強かったら。正直、結婚相手にすると、とても苦労するかも。なぜなら自己愛が強い人は何よりも自分への投資を惜しまない。わかりやすく言うなら、車、時計などの高級品が好きで、すぐに買ってしまうんです。結婚するとなると、自分を差し置いてでも、奥さんや子どものことを優先しなきゃいけないのに、です。子供が産まれても、部屋や車を子供仕様にするのが嫌だ、なんてことも思いますし、平気で言い出します。

あまりにひどいなら、こういう彼とは結婚しないほうが無難です(笑)。どうしても好きで結婚したいなら、結婚する前に2人でちゃんと話してルール作りをしたほうがいいでしょう。そのまま突入してしまうと、とてつもなく後悔するかも。

つき合う時からチェックをしておくことを忘れないで

結婚を意識してからでは正直遅い。タイトルの通り、ダメになるパターンにはまる確率はぐっと高くなってしまいますから。付き合う前~付き合い始めのうちから、チェックを忘れないこと。つき合う前の恋は盲目ですから、あまり相手の表面的な部分しか目に入ってこないものです。だからこそ、意識的に見る必要があるのです。

おわりに  

まだ自分は結婚なんて関係ないなんて思っている人もいるでしょう。でも、20代、30代とびっくりするくらいのスピードで1年1年過ぎていきますよ。だから他人ごとじゃなく自分ごととして、早めの準備を。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事