2018.09.15

モテじゃなく遊ばれてるだけじゃない?「本当に男を惑わす女子がしていること」

こんにちは、美佳です。
女子の中には、自分で「モテている♩」と思っているけど、周りから見たら『いや、あなた男子に遊ばれているだけだよ?』という勘違いな人がいるものです。というか、あなたの周りにも一人くらいいません?たくさんの男にモテていると思っているのは本人だけで、実際は遊ばれているだけ、というのはすごく残念……。

銀座でホステスをしていた筆者、いろんなお姉さんを見て気づいたのですが、本当に男を惑わす女子には共通点があるんですよね。

ということで、本日は本当に男を惑わす女子の特徴についてサクッとお話ししたいと思います。

気がありそうな、なさそうな雰囲気

よく「好きな人には好きバレしないように!」的なことを謳っている恋愛指南書もありますが、男子だって一切脈がない女子にはアプローチしないかと。自分に興味なさそうでもガツガツアプローチするのは自信過剰なタイプか、相手との距離がはかれない自己チューくらいでしょう。

少しくらい『押したらイケるかも!?』という可能性がないと男子だって押す勇気はでないですから。

ホステスさんってその辺がすごくお上手で、お客さんに気がありそうな、それでいてなさそうな雰囲気を出してるんです。
『もしかしたら…』という可能性を雰囲気で与えているので、お客さんも落とすために必死に貢いだり…。

なので、男子の本気を引き出したいのなら興味ないフリをするんじゃなく、気がありそうな、時になさそうな雰囲気を出した方がいいかと。

『寝てみたい!』と思わせることができる

どんなに美人でも可愛くても性欲をそそられなかったら、それ以上男子が本気になることってないですよ。逆に見た目はそこそこでも(失礼!)男子にアプローチされる女子って男子の『寝てみたい!』という下心を上手に刺激できる人かと。

正直こう述べると『ただヤりたい男が寄ってくるだけじゃん』という人もいるでしょう。けど、体より先に男子の心を奪ってしまえば、言い方が悪いですが「ヤり捨て」というのはそう起きません。「ヤり捨て」される女子の多くは相手の心を奪う前に体を差し出してしまっているのでは?と思うのです。

ホステスさんって、まぁ見た目に気を使っているのでお客さんから惚れられやすいです。けど、銀座のホステスさんでお金目当てにお客さんと寝る人はまぁ稀かと。そう簡単に寝ないから銀座で生き続けられるのです。

お客さんに体を取られる前にホステスがお客さんの心をがっしり奪いに行くので、お客さんを長く惹きつけられるというわけです。男子を虜にさせたいのなら、体をさし出す前に相手の心をがっしり奪うことですね。

褒められたら素直に喜ぶし、見え透いたヨイショもできる

女子の中には、褒められているのに恥ずかしいのか、妙に謙遜してしまう子もいるはず。まぁ調子に乗ってしまうよりもいいかもしれませんが、褒め言葉というのは素直に喜んだ方がいいものです。謙遜するにしても、まずは相手の褒め言葉を喜びましょう。

筆者も過去にとある国際線のパイロットに「美佳ちゃんって女優の横山めぐみに似てるよね?」と言われ、『え?誰それ?』と思いその場でググりましたが、さほど似てない気がしたので「ちょーうれしい!けど、100パー似てない!」と笑って返しました。
自分で『ん?』と思っても、せっかく相手が褒めてくれたのです、それに対しては喜んだ方がいいです。

またホステスさんって褒め言葉を喜ぶのもそうですが、見え透いたヨイショも自然にできてしまうんですよね。
見え透いたヨイショはいやらしく感じてしまうかもしれませんが、言わないよりも言った方がいいですよ。男子も『本当にそう思ってる?』とちょっと疑いつつも結局は嬉しかったりしますから。

見え透いたヨイショでもした方が男子は内心喜ぶし、『もしかして俺に気があるのかな?』と惑うものですから。

終わりに

男子に遊ばれる恋愛というのは、大事にされないし寂しいもの。男子を惑わせて本気にさせた方が大事にされますよ!(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事