2018.09.20

彼女がいてもアタックOK?略奪愛の成功談&失敗談

素敵だなーと思う人に限って、既に彼女がいる、なんてのよくあること。ある意味当たり前かもしれませんね。

だけど、彼女がいるからって簡単に諦めてしまうのはもったいないですよ!
彼は彼女に対して、マンネリや不満を抱いている可能性も。
今回は、略奪愛経験者の成功談&失敗談と、略奪テクニックについてご紹介します。

略奪成功談その1:急に連絡が途絶えると…

「彼女持ちの彼の恋愛相談を受けているうちに、彼のことを好きになってしまいました。彼女の悪口だけは言っちゃダメだ!!と言い聞かせてとことん彼の話を聞いて、LINEもマメにして彼女より尽くすようにひたすら頑張りました。だけどやっぱり略奪なんてダメだ!と思い直して2週間くらいストップさせていました。するとある日彼のほうから、LINEがきて彼女と別れたから、付き合ってと言ってもらえました」(28歳/事務員)

こちらのパターンは、彼女持ちの彼を好きになってから頑張っていたけれど、あきらめて連絡を経ったことで逆に彼の気持ちを彼女から自分へ向けることができたパターン。

それまで献身的に話を聞いたりLINEをしてくれていた女性から突然連絡がこなくなると、男性はその人のことばかり考えてしまうようになってしまうもの。
彼女からのLINEがしつこい…などの不満を抱えていたらなおさらです。

略奪成功談その2:セックスレスは大きなポイント…

「いいなーと思ってる彼に彼女がいることが発覚。うまくいってるものだと思いきや、彼女との話を聞いてみると出るわ出るわ、彼女への不満。彼の気持ちに同調することにつとめ、ひたすら彼の味方だよアピール。彼の趣味の話から仕事の話まで全部聞いて共感してあげました。すると実は彼女とレスらしくって。そして彼の家で晩酌しているうちに、体の関係に。都合のいい女になるのかな?と思いきや、そのまま彼は彼女と別れてわたしと付き合ってくれました」(27歳/美容部員)

意外と多い、カップル間のセックスレス。女性側はなんとかなる!と楽観的に考えていても、お付き合いの中でセックスのウエイトが高い男性からは深刻な悩みになってしまっていることも。

まずは精神面で彼の趣味や仕事の話など聞いてあげることにつとめて、心の距離を十分に縮めたら、思い切って体の関係になってしまうこともアリ。相性がイイ!と思ってもらえれば、いとも簡単に乗り換えてくれる可能性もあり。

ただ、体の関係だけ継続させようとしてくるパターンも考えられるので、その様子が見受けられたら体の関係はストップして彼の様子を見ましょう。

略奪失敗1:

「彼女持ちと知って仲良くなった彼のことを、本気で好きになってしまいました。略奪なんてダメと思いつつも、別れてほしい気持ちが先走りすぎて、彼女の悪口を言ったり『彼女と別れてほしい』と何度も言ってしまい…最終的に重くなったようで連絡がこなくなってしまいました」(26歳/アパレル)

こちらは、気持ちが重くなりすぎて、彼に必要以上に別れを要求してしまい失敗に至ったパターン。略奪愛では彼女を嫌わせるため彼女の悪口を言ったり「彼女と別れてほしい」と口にしたりすることはタブーです。なぜなら、そう言われると、余計に本命彼女を選びたくなってしまうのが男性の心理だからです。人の悪口を言う一面も感心できませんよね。

彼女と別れてほしい、自分を選んでほしいという思いが強くなればなるほど陥りがちな失敗例なので、一度冷静になって彼と彼女の関係をよく分析することが大切です。

略奪愛のコツ&注意点

略奪愛のコツは、「好き!!奪いたい!!」という衝動が走ってもがっつかないこと。冷静に、彼女と彼の関係を分析し長期戦でジワジワ奪っていくようにしましょう。
押しすぎず、焦らないのが鉄則。

また、彼女と体の相性が悪かったりセックスレスの場合は短期で奪いやすい傾向がありますが、安易に体を許すと心は彼女から動かないままなのにあなたがセフレ扱いになる恐れがあるので、途中までさせて「あとは彼女と別れてからね」と突き放す駆け引きも使ってみて。「セフレになるのだけはごめんだから」とはっきり伝えておく必要もあります。

また、彼女が知り合いだった場合略奪をすることで女子同士の関係にヒビが割れるリスクもあります。もしあなたが略奪した彼と別れた後、女子同士のネットワークの修復は難しくあなたに何も残らない可能性も出てくるので、やはり慎重になりましょう。

弱肉強食の恋愛世界で容赦はいらない

上記の注意点だけしっかり踏まえておけば、あとは作戦実行するのみ。
相手が既婚男性ならば話は別ですが、恋愛関係は弱肉強食の世界。彼女よりあなたに魅力があれば彼はあなたを選ぶし、彼女のほうが彼にとってはベストな女性であるならばあなたの思いはかないません。

なので「彼女に悪い」なんて考えることはありません。彼女持ちの彼を好きになって、よし!奪おう!と決めたら突き進むのみ。

焦らずにじっくり彼との距離を詰めて、彼の心も体も、をあなたのモノにして、略奪愛を成功させちゃいましょう。(mashu/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事