2018.09.20

理想の彼女にならなくていい!彼氏が見ているのは「そこ」じゃない

交際中の彼氏にもっと好きになってもらいたくて、全力で尽くして、彼の理想の彼女を演じてしまい、たまに少し疲れてしまうことってありませんか?

彼が描く理想の彼女は確かにハードルが高く、「そうならなきゃいけないんだ」と思わせるものがあるかもしれません。しかし「彼氏のためにこうあるべき」と思い詰めることで彼との関係につらさを感じているなら、それはいき過ぎているのかも。

「彼氏のために〇〇しなきゃいけない」と思ってない?

彼氏とこれからもずっと一緒にいたいからと、彼の理想の彼女を演じてしまうのは、彼氏のことを想い、愛情を育んでいきたいという気持ちも表れかもしれません。

しかしあなたがそう思っているのとは裏腹に、彼氏は目の前のありのままのあなたに魅力を感じて付き合っています。
彼が一緒にいたいのは、「俺のために理想の彼女を演じるあなた」ではなく、ありのままのあなたなのです。

最初から理想の彼女を演じていた場合には?

もし彼に振り向いてもらうために、出会った時から「理想の女性」を演じていた場合には、そもそも彼があなたのことを勘違いしたままの場合もあります。

演じているあなたから一気に素の部分を見せるのが怖い場合には、徐々に彼に小出しにして見せていくか、徹底して理想像を演じているうちにその人になりきってしまうという方法もあります。

しかし本当の自分を見せられないのは、何よりあなたが一番辛いのではないでしょうか。いつかあなたの本性を見せた時に、彼が「ずっと演じていたんだ」というショックも大きいです。そしてずっと本当のあなたを見抜けなかったことに彼は悔しさや悲しさを感じるでしょう。
また外見を着飾ることは簡単でも、内面まで偽ってしまうと、「本当の私はこうじゃないのに」という葛藤に苦しむかもしれません。

あなたらしくいられること

お互いが一緒にいる時に自然体でいられて、居心地がいいと感じ、自分の素の部分を出しながらも楽しく過ごせるのが理想の関係です。

恋愛初期や交際初期は、彼に良く見られるために見栄を張ったり、猫をかぶってしまったりすることもあるでしょう。しかしそれもあまりに長く続き、彼氏によく思われるために理想の彼女を演じることに苦痛を感じるのであれば、もはやあなたらしくいられていません。一生懸命演じて関係を続けてもつらいのなら、いったい何のために頑張っているのでしょう?

彼が「いいな」と感じたのは、一緒に楽しいことを笑い合ったり、目が合って微笑んだり、会話が盛り上がったりと、些細なところ。そんな淡く温かな瞬間に好意を持ち、付き合うに至ったのです。「理想の彼女」になろうとする完璧なあなたに恋をしたのではないはずです。

彼が信頼・尊敬・尊重できる存在でいること

また、彼は一緒にいて高め合える存在なら、一緒にいる価値があると思うでしょう。

しかし一緒にいることによってどちらかの個性が無くなり、価値を潰していくのなら、むしろ一緒にいることがマイナスに感じてしまいます。
完璧に彼の理想を叶えるよりも、あなたが夢や目標に向かってまっすぐ努力している姿や一生懸命なところに魅力を感じています。

彼の意見に全て賛成しなくてもいい

もし彼の意見に本当に同感ならいいのですが、そうでない場合にはあなたの意見を押し殺して、無理やり彼氏の意見と同じように思うように努力していませんか?彼は、必ずしも全く同じ意見になってほしいと思ってはいません。違う意見があるからこそ「そうなんだ」「なるほど」という気持ちが生まれ、自分自身にも変化が生まれます。そういった瞬間も、恋愛の醍醐味のはずです。

彼が見ているのは、「演じているあなた」じゃない

好きな人にもっと好きになってもらいたい乙女心もわかりますが、それは理想を演じることではなく、二人で愛情を育むことによって叶えることができます。
二人でいい関係を築いていくために、理想の彼女を演じることはそろそろやめてみませんか?(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事