2018.09.20

男性目線でぶった切る「なぜ彼はあなたのLINEを既読スルーしたのか?」

女性にとっては会話ツール、男性にとっては業務連絡ツール、そんな認識の強いLINEでのやりとり。

その認識の違いは「既読スルーする理由」にハッキリと現れます。

女性の多くは「既読スルーする相手」は「そもそもすらしたくない相手」であることが多いと思います。

しかし、男性は「大好きな人」にでも平気で既読スルーをすることができるのです。なぜ男たちは既読スルーをするのか、その理由をご紹介してきましょう。

返そうと思っているうちに忘れた

これは何も男子に限ったことではありませんが、返す内容をあとで考えようと思って、既読だけつけてあとでその内容を送り忘れる、というケースはよくあります。

男性はLINEを情報共有のツールとして使うので、「これよろしく」「OK」で済むLINEを好む傾向にあります。

逆に何か内容をじっくりと考えて送らなければならない返信を煩わしいと感じてしまうのです。

例えば、「今度のデートどこに行きたい?」と聞くなら、「わたし映画か水族館か行きたいんだけど、どっちかどう?」と選択肢を絞ってあげるか、「わたしも考えておくからもし要望があったら教えて」と「了解」だけで済ませられる内容で送ってあげると、ストレスフリーなLINEになりますよ。

仕事が忙しくて返せない

というのは嘘です。仕事が忙しく過ぎてLINEが返せないなんてことは、絶対にありません。なぜなら人には寝る時間もあればトイレに行く時間もあるから。

これ「仕事が忙しくて返せない」のではなく、「『正直広げるほどの話題ではないと思った』のだけど、そういうと角が立つから仕事のせいにしよう」と考えたのです。

かといって、あなたのことが嫌いだ、ということでは必ずしもありません。ただ、その会話そのものが「返す気が起こらないものだった」可能性も十分にあります。

話の内容が彼の興味関心から遠い話題だったのかもしれません。相手の話したそうな話題を選んで送ってあげると返信の確率は上がるはずです。

わざと気を持たせるために遅らせている

一部の恋愛テクニックには、「女性の気持ちをひくために、あえて既読スルーをしてやきもきさせよう」と紹介しているものがあります。

それを真に受けて意図的に返信を遅らせているケースですね。

こういう時は「会話が盛り上がってるところで」途切れさせる可能性が高い(そのほうが気がひけると思っている)ので、不自然なところで会話が止まったら、「もしかして気を引いてる?」と温かい目で見守ってあげてください。

ついでに「返信こないからちょっと不安になっちゃった」とでも言っておいてあげると喜びます(笑)

既読スルーをされたらとりあえず試してほしいこと

既読スルーされた時、相手の機嫌を伺うように「何か余計なこと言っちゃった?」と追撃のLINEをするのはNGです。

正直に「うん、会話がつまらないなと思って」と返信してくれる人はいません。「ウザいな」と思われてオシマイです。

できることといえば、返信を催促するスタンプ(可愛いキャラ系かギャグ系)を一個送って返信をリマインドすることぐらいでしょうか。

あとはひたすら「待ち」一択です。本でも読みながら気長に待ちましょう。返ってくる時もあれば返ってこない時もあります。

2〜3日経っても返信がこないなら、その会話は彼の中では完結してしまっているので、全く新しい話題を振ってあげたほうが効果的です。

男性は付き合うまでは真剣にLINEを返す

男性が頻繁LINEしてくれるのは、付き合うまでがほとんどです。つまり「嫌われたくなくないから(好かれたいから)」真面目にLINEを送るのです。

これが一度、お付き合いが始まるとその必要性がなくなる(と本人たちは思っている)ので、LINEを積極的に送らなくなるのです。

繰り返しになりますが、あなたのことが嫌いになったのではありません。むしろ「一生懸命LINEを送らなくても良い関係になれたこと」を嬉しく感じているのです。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事