2018.09.21

彼と結婚したい!なら、「愛情を深める方法」を知ろう

今付き合っている彼氏ともっとラブラブになって、愛されたい。さらに言えば、結婚したいと願う女性は少なくありません。しかしあなたが一生懸命愛情を注いでいるつもりでも、彼氏にはその気持ちが今ひとつ届いていない様子。
彼が結婚を自然に考えられるようになるのには、どんな行動をしたらいいでしょうか?

愛情を育み、信頼につなげる

彼氏が自然に結婚のことを考えるようになるには、二人の間に愛情が芽生えて、それが育まれていると実感させることが必要です。好きになった二人が交際をして、何度もデートをすれば自動的に愛情が育まれるかというと、一概にはそうは言えません。愛情を育むためには、「俺って本当に愛されている」と彼が心底思うことと、「彼女との関係をもっと深めたい」と思うくらいに彼があなたのことを大事に思うこと、このふたつが必須なのです。

そして、信頼関係を築いていく延長線上に「結婚」が自然とイメージされます。
付き合ってきた期間にかかわらずとにかくラブラブで、お互いを理解しあっているカップルは、上記のように愛情を育んでいるからこそ、深い信頼関係が構築され、さらにラブラブになっていくのです。

「二人にとってできる最善は何か?」を考える

では、「俺って本当に愛されている」と彼が心底感じ、「彼女との関係をもっと深めたい」と思うくらい大事に思ってもらうには、どんな意識でいればいいのでしょうか?

もしあなたが「もっと彼氏がデートの時間を確保してくれればいいのに」や「彼氏が記念日にゴージャスなデートに連れて行ってくれればいいのに」といった「彼に〇〇してほしい、こうしてくれればもっと愛情を感じられるのに」という願望ばかりをイメージするなら、それは間違っています。

確かに、彼氏があなたのことをどれだけ愛しているかということがわかるかもしれませんが、愛情を育むという点ではそれだけではNGです。
本当に愛情を育む時に考えたいのは、「二人で愛情を育んでいくために、二人ができるベストな方法はなんだろう?」ということ。

「私が尽くしたい」だけでもダメ

「私が彼のためにできることはなんだろう?」と考えるのも素晴らしいですが、自分発信だけに偏ってしまうと彼からの気持ちが見えなくなり、二人の関係のバランスが取れなくなります。「彼氏が求めていないのに、彼女が尽くしすぎてしまう」という状況に陥ってしまう可能性があるのです。

二人の関係を良くするために、「お互いができることをやる」を指標にしていけば、悪い方向には向かわないはず。また、共通の目標に無理なくやることで、お互いのことをちゃんと見て、思いやった行動や発言ができるようになります。

例えば彼が落ち込んだ時は、つい「彼を励まさなきゃ」と目先のことを考えてしまいがちです。しかし二人でできるベストな方法を考えていくと、「励ます」はその一瞬のことに過ぎません。

彼が失敗をしてしまったのなら、二人でできることは「今後はミスをしないように対策を練ることと、ミスしてしまったことにどう対処するか」ということですよね。

その上であなたができるのは、彼の話をしっかり聞き、彼の気持ちが冷静になるように励まし、優しくすること。そしてなぜミスが起きたかの原因を分析して、同じミスが繰り返されないように一緒に対策を練ることです。

二人でできるベストな方法を先に考えておくと、行動がブレません。しかも彼氏は「本当に俺のことを思ってくれている」と感じます。

どちらかがうまくいっていない状況ほど、この考え方はうまく作用します。どこを着地点にして考えるかによって、行動の仕方も変わっていきますよね。

彼と愛情を育んでいこう

彼氏といい関係を構築するためには、何かをしてあげる・してもらうということではなく、お互いに関係が良くなる、成熟していけるように、できることをしていくことが大事です。愛情を深め、信頼関係を構築していくのは時間がかかりますが、二人の間にとても強い絆が生まれます。「彼女と一緒にいる時が一番居心地がいい」と彼が自然に思えるような関係になっていきたいですね。(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事