2018.09.23

なぜ女性は「愛するよりも愛される方が幸せになれる」のか?

KinKi Kidsは「愛されるよりも 愛したい真剣(マジ)で」と歌い、松田聖子は「淋しいの 淋しいの 愛されたいの」と歌いました。

僕は愛は「する」ものでも「される」ものでもないと思っている人間なのですが、恋愛相談に乗っていると「愛される」のが苦手な女性って本当に多いんだなぁ、とつくづく感じます。

とどのつまり、愛するって、愛されるって、どういうことなんでしょうか?
愛した方がいいのでしょうか、それとも愛された方がいいのでしょうか?

今回はそんなテーマに迫りたいと思います。

女性は愛されるのが苦手?

一般的に、男性よりも女性の方が「愛する」傾向が強いと言われています。

それがいわゆる母性本能からくるものなのかはわかりませんが、その献身的な姿勢は時に「報われない一方的な愛情」を生み出してしまい、愛することに疲れてしまう人もいるようです。

この「一方的な愛情」が生まれる原因は、もちろん男性側にもあるのですが、女性側にあることもあります。

それは、女性が「愛を受け取るのが苦手だと感じている」というものです。

特に家族関係の悪い家庭で育った人は、自分が愛されるにふさわしい人間である、という自信が持てていないため、彼から注がれているせっかくの愛情を信じられなかったり、無意識に拒絶したりしてしまうのです。

愛するよりも愛される方が難しい

愛されることが苦手な女性は、自分で他人からの愛を避けておきながら、心の穴を「言葉」や「モノ」で補おうとしてしまいます。

だから「好きだ」という言葉を欲しがったり、「サプライズのプレゼント」に愛を感じたりするわけです。

「ついつい自分を他の人と比べてしまう」人は、特にこの傾向が強いです。

自分の中に「絶対的な基準」を作れないために、「言葉やモノ」に頼らないと、自分に価値があると感じられないのです。

「誰かと比較した自分」ではなく「今、この瞬間の自分」を認められない限り、いつまでも自分にマルを出してあげることができず、愛を受け取ることができません。

そう考えると現代は、愛することよりも愛されることの方が、難易度が上がっているように思えてなりません。

愛の循環は「受け取る」ことから始まる

名ピッチャーの影に名キャッチャーがいるように、愛も投げる側とキャッチする側のバッテリーが組めて初めて成立します。

ピッチャーがどんなに素晴らしいコントロールで球を投げても、キャッチャーがその球を取れなければ意味がありません。

その球をしっかりと受け取るためには、「自分は愛されていい人間なんだ」としっかり自覚することが大事です。

その自覚があれば、彼(や周囲の人間)がさりげなく投げてくれている愛情に気づき、キャッチし、そのボールを彼に返してあげられるようになるのです。

愛をきちんと受け止められるようになれば、もともと愛するのが得意だった人なら、愛が二人の間で自然と循環するようになるのです。

そういう意味で、女性は愛するよりも愛された方が、結果的に幸せになるのかもしれないっと思った次第です。

愛は「する」ものでも「される」ものでもない

ところで、Mr.Childrenは「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの」だと歌っています。

僕は、この歌詞がとても好きで、自分の愛情についての指針にしています。

「愛する」のでも「愛される」のでもなく、ただそこに愛が「ある」状態。そんな状態が理想だなって思います。

「女性は愛された方が幸せになる」なんて銘打っていますが、最終的にはあなたと彼の間に、ただそこに「ある」だけの愛が作られたらいいなぁと思います。

「愛する必要も愛される必要もないのに、愛をしっかり感じられる」そんな関係って素敵だと思いませんか?(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事