2018.10.20

あなたはどっち?告白される前に一線を越えてもいい人 or ダメな人

こんにちは、恋愛アナリストのヨダエリです。「この人いいな」と思っている男性に身体の関係を迫られたとき、応じるべきか否か、迷ったことありませんか?

一般的にはやめておいた方がいいと言われますが、実際のところは、あなたがどういうタイプの女性かによります。

あなたは告白される前に一線を越えても上手くいくタイプか、やめておいた方がいいタイプか。次の質問にYESかNOで答えて、参考にしてみてください!

1. セックスをしてから相手を好きになった経験がある?

YES、と答えたあなたは、付き合う前に一線を越えるのは注意が必要なタイプ。相手を想う気持ちが強くなった場合も同じです。

一線を越えた後、「相手を手に入れた」と錯覚する男性は多いもの。女性側が、関係を持つ前と変わらぬ態度で接した場合、その錯覚は打ち消され対等な関係が続きます。が、関係を持った相手に執着し独占欲が湧いてくる女性の場合、それが言動に出るため、「こりゃ面倒そうだ」と相手がフェードアウトしようとする可能性が高いのです。

一方、NOと答えたあなた。一線を越える前と後とで特に気持ちは変わらなかったな……という経験があるなら、流れに身を任せても問題ないかもしれません。あなたの態度が変わらずフラットであれば、相手はあなたを「自分のものになった」と思って軽んじることもありません。あなたが傷つく可能性は低いでしょう。

2. セックスをしたら、2人の(関係性をハッキリさせたい?

YESと答えたあなたは、付き合う前に一線を越えるのはやめておいた方がいいタイプ。一線を越えた後、「私たち付き合ってるよね?」と確認したり、「私たちの関係って何だろ」と呟いたりしたことで、一気に熱が冷めていく男性は少なくありません。

なぜ冷めていくかというと、不安そうに確認されることで「相手は自分に夢中である」→「自分のものになった」と感じるから。男性には、対象が人であれ物であれ、簡単に手に入るものの価値を低くみなし、ぞんざいに扱う傾向があるからです。

逆に、NOと答えたあなた。「一線を越えたからといって関係性に白黒つけなくても」と思えるのであれば、早々と一線を越えるのがマイナスに働く確率は低いでしょう。相手の男性も、いきなり素っ気なくなる可能性は低いはずです。

3. 楽しかったデートの後、自分からお礼のメールを送る?

YESと答えたあなたは、恋人同士になる前に一線を越えるのは向いていないかも。過去、デート後に自分からメールを出したケースを思い出してみてください。その相手から振られたことがある、もしくは付き合う段階にも行かなかった経験がある場合は、高確率でそのタイプです。

連絡するスピードは、相手に対する前のめり度と連動しています。もちろん中には「お礼メールは常に自分から送るよ」という女性もいるでしょう。でも男性はそうは受け取りません。「俺に落ちたな」と決めつけ、「頑張らなくてもOKな相手」とみなします。結果、またもや女性は軽視され、報われない想いをすることになりがちなのです。

一方、NOと答えたあなたは、たぶん相手との距離を自分から詰めていくことが少ない人。それが影響してなかなか進展しないこともありますが、相手に望まれ一線を越えた直後のスタンスとしては悪くない結果に繋がりやすいはず。なぜなら、あなたが動かないため、相手があなたの気持ちを気にし始めるから。

「もう彼女の心も身体も手に入れた。これ以上知りたいことはない」と早合点されるのが、最も避けたい状況。「はぁ!? どっちも手に入ってないし、あなたが知ってる私なんてほんの一部だよ! 」と言いたくなりますよね(苦笑)。

勘違いされた上にフェードアウトされるというありがち最悪パターンに陥らないためには、一線を越えた後、あなたがどんな態度や行動を取るかがカギを握るのです。

●おわりに

告白される前に一線を越えても大丈夫な女性。それは一線を越えた後も態度を変えず、「じゃあね」と笑顔で別れ、自分から連絡をせず、かといって冷たく突き放すわけでもない、風のような女性かもしれません。
「私はそうなれる」と思うか、「そんなの無理」と思うか。自分に合った判断を! (ヨダエリ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事