2018.10.22

「もしかして性格悪いかも…」俺の前だけいい子だったのかとガッカリされる言動

こんにちは、美佳です。
誰だって好きな人には好印象を持たれたいですよね。
好かれたいがために、いつもの2割増しで良い人を演じてしまう人もいるのではないでしょうか?けど、ふとしたときにボロがでてしまうもの。いい子だと思っていたのに実は裏がある…?とマイナスなギャップを感じてしまえば、人というのはそれ以上その人に好意は持ちづらいです。
そこで今回は、俺の前だけいい子だったのか?とガッカリされるちょっとした言動について述べたいと思います。

「いい子なんだけどさー」という前置きからの友達の愚痴

愚痴を言う子はモテない!というのはきっと誰でもわかっていることでしょう。もちろん好きな男子の前では愚痴を言わない!を徹底している子もいるはず。けど、女子の中には前置きをして、しれっと愚痴を言う人もいますよね?
「あの子いい子なんだけどさー、彼氏がいるのに浮気しまくってるんだよねー」と「いい子だけど」と前置きだけしても愚痴にはかわりないです…。

彼からしたら『友達の愚痴を平気で言うとか……ないわ』とガッカリされることもあるので要注意です。

でも、愚痴を全く言わないのもしんどいですよね?だから、ごくたまに「愚痴聞いてー!」と甘えるのはいいと思うんです。短時間に話すのを意識して、話し終わったらもうその話題を引きずらないようにすれば、彼も『俺のことを頼って、本音を言ってくれる』と嬉しくなります。これならマイナスにはなりません。

誰かの内緒話を「ここだけの話さ♪」と暴露

愚痴もそうですが、誰かの内緒話を他で暴露するのもいただけないもの。
好きな男子とは秘密を共有したいですよね?けど友達に「内緒にしててね」と言われた話を平気で「ここだけの話だけどさ」と暴露するのは問題です。
自分で「自分は信頼できない人です」と言っているようなもの。

彼に『この子、内緒話も平気で暴露するスピーカーなんだな…』と思われたら、それ以上、彼との距離は縮まらないと思ってもいいかもしれません。『俺のこともどこかで話してるんだろうな』と疑われてしまいます。一度相手に信頼できない人、と思われたら、それを覆すのはなかなか難しいですから。

謙遜しつつ結局自慢話…

謙遜しつつ自慢話をするのも結構ガッカリポイントかもしれません。
好きな男子には自分の良いところをたくさん知って欲しいですよね。けど、自慢話というのは聞いている側的にはとてもつまらないもの…。彼があなたに好意があるのならまだ良いのですが、彼に一方的な片思いをしている段階ならやめておきましょう。自慢話は結構くどいです。場合によってはあなたのイメージダウンになる恐れも。

自分の強みや評判は自分で話すのではなく、第三者から彼の耳に入れてもらった方が効果的。彼にどうしても知ってもらいたいことがあるのなら、共通の知り合いなどに耳打ちしてもらった方が良いでしょう。

終わりに

良かれと思ってアピールしたことが実は相手のガッカリポイントだった……というのは結構取り返しがつかないミスかもしれません。自分の言動はいつ誰が見ているかわかりませんよ。
自分を棚に上げて友達のことを勝手に話したり、まるっきり自分の性格とは違う姿を見せていると、いつか本性がバレます。自分の行動を見直して、彼に素を見せても「中身まで素敵」だと思われるようになることを願っています。(美佳/ライター)

関連記事