2018.10.28

できる彼女はここが違う!ずっと彼氏とラブラブな女子が持つ「3つの共通点」

こんにちは、美佳です。
感情的になってケンカしたり、付き合ってそうそう別れ話が出たり、……不安定な恋愛というのは心労が強いですよね。恋愛で生じる不安やイライラから仕事や勉強が手につかない女子もいるのではないでしょうか?
できれば安定した恋愛がしたいですよね。
そこで今回は、「なかなか長続きしない」「いつも依存してフラれる」などと悩む人の参考となるよう、安定した恋愛ができる女子に共通することについて述べたいと思います。

自己コントロールができる

安定した恋愛ができる人は往々にして自己コントロールができてます。
けど、恋愛中、 特に相手に夢中な時は自分をコントロールするのが下手になってしまう人もいますよね。自分で自分をコントロールできなくなったら、感情が暴走して面倒なことが起こるばかりです…。

嬉しい気持ちを表現するのはいいとして、怒りなどの負の気持ちを感情に任せて表現するのは危険。
彼の言動が気に食わず、イラっとした気持ちをそのまま彼にLINEでぶつけてしまう人もいるでしょう。けどイラっとした時は何もしないのが得策です。

もし、不満や怒りの文章を彼に送りつけそうになったら、一旦メールの下書きに保存しておきます。そして、イライラがおさまった時にその下書きを読み返し、本当に彼に送るか否かジャッジしましょう。

多くの場合、冷静になった時に読み返すと、自分のひどい言葉に『送らなくてよかった…』となるはずですから。

自己コントロールするのが苦手という女子は、怒りなど負の感情に襲われた時は一旦何もしないことを心がけたほうがいいでしょう。

感情の表現力が豊か

人間関係を上手に築ける人ってその人の独特のオーラみたいなものもありますが、感情の表現が豊かな気がします。筆者、今までいろんな人を見ましたが、自分の気持ちを分かりやすく表現できる人の多くは、相手の気持ちを察するのが上手なんですよね。共感能力が高いというか。
これを読んでいる人の中にも、感情表現が乏しい人もいるのではないでしょうか?「ヤバイ」「かわいい」「キモい」などの簡単な単語ばかりで会話してる語彙力の乏しい人はちょっと表現力が豊かとは言えません……。

対ヒトである恋愛において、相手の気持ちを察したり共感したりというのはかなり大事。特に安定した恋愛がしたいのなら、自分の感情を詳細に表現すること、相手の感情を読み取る力、というのは必須なのではないでしょうか?

問題解決能力がある

あとは問題解決能力ですね。どんなカップルにも一度や二度、二人の間に問題は生じるでしょう。浅い関係ならともかく、深い関係ならなおさら問題も出てきやすいかと。

例えば、彼とケンカした際、ただ一言「ごめん」と言って仲直りしている女子もいるのではないでしょうか?彼とケンカして仲直りする際、ただ仲直りしても意味がないです。納得してモヤモヤを払拭しないと、どうせまた同じ問題でケンカするので。仲直りするならケンカになった原因を解決しなきゃです。
その点、安定した恋愛ができる女子は問題解決能力が高い人が多い気がします。(もちろん、女子だけでなく男子側にも問題解決能力は必要ですが。)

『この話したらまた揉めるかなぁ…』と仲直りの際、問題の話をすることを避ける女子もいますが、一つ一つ解決していかないと問題が山積みになるばかりです。それでは安定した恋愛なんてできっこないですよね?

終わりに

安定した恋愛を目指すために、まずは上述の3つを意識してみるといいでしょう。相手に求めるばかりでなく、まずは自分から改善し、行動すること。その方が恋愛も楽しく、壊れにくいものになりますよ。(美佳/ライター)

関連記事