2018.11.11

かわいさは交際スタートでリセットされる!彼から「かわいい」と思われ続けるには?

どうもあかりです。
男子は女子のことを、彼女になる前も、なった後も、同じ「かわいい」という言葉を使って褒めます。だけどこの際に覚えておいてほしいのは、同じ言葉を使っていても、その意味するところは結構違うぞってこと。

一言で言えば、交際前の「かわいい」は、男子が勝手に感じ取ってくれるものです。
反対に、交際後の「かわいい」は、女子が自分から発信することではじめて感じさせることができるものです。

■「かわいい」は交際スタートで一旦リセット

冒頭で書いた話をもう少し掘り下げてみます。
交際前の「かわいい」は、男子が勝手に感じ取ってくれるものだと書きましたが、要するにこれは、「顔がかわいい」「服装がかわいい」「性格がかわいい」といったような、「あなた」という人間そのものにすでに備わっている外見、内面の価値のことです。

「あなた」という人間そのものが持ってる魅力を、彼があなたと連絡をしたり、学校や職場で話したり、デートをしたりして、見い出す。「あ、この子ってかわいいな」って勝手に思う。言ってしまえばこの「かわいい」は、彼のために限らず、彼以外の男子みんなに対して潜在的に発している「かわいい」なわけです。

だけど残念ながら、交際をスタートすることをきっかけとして、この交際前の「かわいい」はある程度リセットされてしまいます。

なぜなら、「俺と付き合ってくれ」と告白をするのって、まさに「俺だけのモノになってくれ!」っていう宣言なわけですが、これが成功することで、「あなたという人間の持つ外見・内面の魅力を独り占めにしたい」という彼の欲望は達成されてしまうから。
だから交際前の「かわいい」は、告白時がピークです。

交際前の「かわいい」は、「はい、お願いします」と答えた瞬間100%彼のモノ。そこで一旦、あなたはリセットなんです。
じゃあ、今度は代わりにどんな「かわいい」を与えてあげられる?というのが次のプロセス。

■「好き」だから「かわいい」

冒頭にも書いたように、女子が自分から発信することではじめて感じさせることができるのが、交際後の「かわいい」なのですが、そのひと一つに、「あなたのことが好き」という気持ちがあるはずです。

「また安直に『好き』の気持ちが大事だよとか言いやがってこのワンパターン遣水あかりが」とお思いかもしれませんが、これって紛れもなく、交際前の、ただの女の子としての「かわいい」には備わっていなかった要素なはずなんです。

彼があなたへの告白を無事に成功させ、交際前の「かわいい」をまるっと独り占めしてしまった後でも、それでも「もう食べちゃったしいいや」と飽きずに懲りずにあなたと「一緒にいたい」と考えているのだとしたら、臭い話になってしまうかもしれませんが、この「私はあなたが好きだよ」という、当たり前のように見えて、でも決して交際前には存在しなかった「かわいい」(=愛おしさ)を、彼氏という立場で受け取っていきたいと思っているからなのでは?

「好き」と伝えてくれる彼女は、だからかわいい。だらだらと書いてきましたけど、要するに言いたいのはただこれだけです。
だから、デートのときに、かわいいおしゃれをしたり、性格いいところを見せようとしたりするのもいいけど(いくら彼のものになったからと言って、こういう交際前の「かわいい」をちゃんと継続するのも大切なのでね)、ちゃんとそれより、「好き」を伝えていきましょう。
デートで「かわいい」って思われようとして、交際前と同じ気持ちで、同じ要領で、メイクとかに力を入れるのもいいけれど、それだけじゃなくて、「好き」って気持ちを(言葉でも行動でも)たったの一回でもいいから、伝えられるようにね。当たり前でシンプルすぎるけど、とても大切なことを言ったつもりです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事