2018.11.28

「オレの彼女は最高にかわいい!」愛され女子のエピソード4つ

こんにちは。沙木貴咲です。彼氏からつねに愛されている女性には、やっぱりそれだけの理由があります。努力して愛されている部分もあるでしょうが、自然に出る行動や習慣が愛されポイントになっていることも多いでしょう。彼氏から「オレの彼女は最高にかわいい!」と思われる女性には、どんな魅力があるんでしょう?エピソードをまとめてみました。

1.「好き」アピールが多い

「彼女は『好き』をたくさん言うタイプ。じっと見つめて真剣に言ったり、冗談っぽく言ったり。何度言われても幸せな気分になる」
(28歳男性:企画営業)

「男って『好き』と言われると弱いです。付き合いが長くなれば、彼女は当たり前の存在で、友達のようになっちゃいますが、それでも『好き』と言われるとキュンとします。かわいいなあと思います」
(30歳男性:インストラクター)

愛されている、求められていると実感することで、人は心が満たされるものです。恋心を素直に伝えられる女性は、やっぱり彼氏から愛されている様子。

「好き」以外にも、「カッコいい」「頭がいい」など、褒め言葉をたくさん言う女性は、彼氏にかわいがられるでしょう。みなさんも、髪や服、しぐさなど、いろいろな部分を褒められると嬉しいですよね。「私のことそんなに見てくれてるんだ!」とテンションが上がるのは彼氏も同じです。

2.甘えてくる

「職場恋愛をしています。仕事をしている時はサバサバ系なのに、二人きりになると猫みたいに甘える彼女がかわいいです」
(27歳男性:飲食店勤務)

「できないことに意地を張らず、甘えてくれる彼女はかわいい。元カノはプライドが高くて、頼ることが嫌いなタイプだったから、物足りなかった」
(33歳男性:配送業)

甘える女性は、男性の目にかわいらしく映るようです。甘える表情や声、態度にキュンとするのはもちろん、頼られるということにも喜びを感じるのでしょう。

一人で何でもできる女性より、多少頼りないところがある女性のほうが、男性には魅力的に見えるものなのです。男性は、役に立ったり誰かの願いを叶えたりする“ヒーロー欲求”を満たしたいと思っているので、その欲求を満たせそうな女性を好きになるということですね。

3.ちょっとしたことにも「ありがとう」が言える

「物を取ってあげたとか、ワンピースの背中のファスナーを上げるとか、些細なことでも彼女は『ありがとう』と言ってくれる。そういうことは大事」
(35歳男性:公務員)

「彼女が好きなキャラクターの文具をあげた時、数百円のものだったのに、『ありがとう』と何度も言ってくれた。彼女のためなら何でもしてあげたいと思った」
(28歳:企画)

一緒にいる時間が長くなるにつれ、彼氏から何かしてもらうのは当たり前と感じるかもしれません。でも、感謝の気持ちを忘れずに伝えることができる女性は、彼氏から愛され続けます。

恋人関係は持ちつ持たれつですから、一方が尽くすだけではやっぱり長く続かないはず。やさしくしてくれて当然、と思わないことが大事です。

4.素直に「ごめんなさい」と謝る

「浮気したと誤解されて、ものすごく責められたんだけど、勘違いだと気づいて彼女はすぐに謝ってくれました。その時の表情がかわいくて、イライラが吹っ飛びました」
(30歳男性:インストラクター)

きちんと謝れるかどうかは、彼女としてどうかというより、人としてどうかというポイント。恋愛はつねに順風満帆ではないので、ギクシャクした時に「ごめんなさい」が言える彼女は、愛され度が高いでしょう。

その証拠に、ガンコで謝れない女性に対する男性のジャッジは、かなりシビア……!

「元カノは『ごめんね』が言えない人で、ああいうタイプとはもう付き合いたくない。明らかに向こうが悪くて、本人も気づいているのに謝らないというのはムリ。一緒にいられない」
(33歳男性:配送業)

大ゲンカをしても、謝ることができれば次の日には仲直りできるものです。負けるが勝ちという感覚を知っている女性ほど、彼氏に大事にされるでしょう。

■愛され女子になるのは難しくない!

奥手で少し堅めな女子は、「好き」と言ったり、甘えたりすることに慣れていないかもしれません。でも、恥ずかしくても気まずくても、一度試してみれば二度目からは自然にできるようになるはず。好きな人と仲良くするための努力はツラくないでしょう。

また、『ありがとう』と『ごめんなさい』も習慣づけることで、意識しなくても言えるようになります。
愛され女子になるのは、実はそんなに難しいことじゃないんです。ポイントを押さえて行動してみると、自分も意外に愛され女子だったと気づけるんじゃないでしょうか?(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事