2018.12.08

アラサーは「モテ適齢期」!年上・年下の両方から愛される女性の条件って?

25歳の誕生日。「あ…今日から私、アラサーの仲間入りなんだ…」と気づいたとき、あなたはどんな気持ちがするでしょうか。不安?ワクワク?大人になったなと感慨深く思うかもしれませんね。
 私も25歳になったときは、“四捨五入すると30歳”という事実に純粋に驚いた覚えがあります。そんなアラサーのみなさんに朗報です。アラサーこそ、モテ適齢期。年上からも年下からもモテる黄金期なのです!今回は、オールマイティーにモテるアラサーの条件について、じっくり考えてみたいと思います。

アラサー女性に対する誤ったイメージ

 「アラサーがモテ適齢期って…なんで?」と思った方は、世間の誤ったイメージに影響されているようです。ライフスタイルの多様性や男女平等などが叫ばれるようになって久しい現代ですが、いまだに世間では女性を無駄に焦らせる風潮が残っています。職場の上司たちは、アラサーの仲間入りをした女性をからかい、特に30歳が近づいてくると「結婚は大丈夫?」「彼氏は?」などなど、ダイレクトにおせっかいを焼いてくる人も。

周りがそんな風に騒ぎ立てるので、“アラサー=なんとなくヤバい”と不安に思ったり、“30歳=こわい”と恐怖を感じたりするのも仕方がありません。でもよく考えてみれば、女性だけが30歳になった途端にいろいろと激変するのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。年齢を重ねるにしたがって、確かに変化は出てきますが、すばらしい変化も含まれているのです。実はアラサーは上下オールマイティーにモテる、“モテ適齢期”なのです!

アラサーは「モテ適齢期」!

 アラサーのモテ黄金期到来には、外的要因、内的要因の両方が関係してきます。
まず一つ目の要因は、男性陣の成長。ここで質問ですが、あなたは年上男性と年下男性、どちらがタイプですか?「両方!」というのも、もちろん結構。しかし考えてみてください。20代前半で年下というと、対象がどうしても学生になってしまって悩んだ経験はありませんか?社会人のあなたが真剣な恋愛をするには、相手が学生だと特に、経済的な面やライフスタイルで障害があったりしますよね。しかしあなたがアラサーに突入すると、年下男性もちゃんと社会人になっており、特に年下の選べる幅が広がってくるのです。

年下だけではありません、年上男性も恋愛の相手として更にふさわしくなってくるのです。女性が20代前半だと、良識のある年上男性の中には、どうしても腰が引けてしまう人たちがいるのも事実。“若すぎる”と思われたり“落ち着いた恋愛をしたい自分の相手にはならない”と偏見を持たれるケースが多いのです。(もちろん、これも誤ったイメージですが。)しかしあなたがアラサーになったとき、年上男性たちは真剣な恋の相手としてあなたをオトナ扱いしてくれるようになります。そして、年上男性側もアラサー以上となると、少なからず結婚を意識しだすお年頃。恋愛や将来の家庭に対しても、彼ら自身の興味がわきはじめます。

二つ目の大切な要因は、あなたの内面の成熟です。女性も男性も20代前半までは、卒業や就職など、さまざまな環境の変化が続き、なかなか精神的にも安定しないもの。それがアラサーともなると、だんだん周囲の環境にも慣れ、自分自身への理解も深まり、経験を積んだ落ち着きが出てきます。単なる外見の若さだけでモテるより、内面の充実が引き寄せるモテは強力です。というより、アラサーになることでようやく、見せかけではない真のモテを会得できるのではないでしょうか。

オールマイティ―にモテるアラサーの条件とは

 もちろん、単にアラサーになれば誰でもモテるというわけではありません。では、アラサーになりモテ黄金期をエンジョイするためには、どのような要素が条件になってくるのでしょうか?

知性
「アラサー女性には、20代前半の女性にはない知性を感じます。まともで中身のある会話がきちんとできることは、彼女にするにはマストでしょう。」(30歳男性/商社)

 男性たちの知的成熟度合いが上がるにつれて、パートナーとなる女性にも知性を求めるようになることは当然のなりゆきです。(逆にこうならない男性は、彼自身の中身がいつまでもコドモのまま、あなたが付き合うに値しないのですよ。)本をたくさん読みましょう。文化的なことに触れましょう。いろいろな場所へ行ってみましょう。経験を通じて、中身のある知性と教養を身に着けた女性は、間違いなくモテます。

●思慮深さ
「落ち着いていて、物事を多面的に考えられる女性は魅力的。元気だけど慌ただしいばかりの若い子は、ちょっと苦手かな…」(29歳男性/IT関係)

 さまざまな経験に基づく思慮深さは、モテるアラサーの重要な武器になります。常日頃からいろいろなことに対して興味を持ち「どうしてだろう?」「私はどう思う?」と考えるくせをつけるといいでしょう。そうしていくうちに、難しい局面でも落ち着いて自分の意見を持って考え、行動できるようになります。

●優しさ
「アラサー女性の、包み込むような包容力が最高!自分のことより相手のことを考えられる優しさがある人、好きになるのはいつも、そんな年上の女性ばかりです。」(24歳男性/飲食業)

 あらゆる年代の男性が、女性的な優しさを求めています。女性の愛に満ちた包容力に癒されて、男性たちは今日もまた大変な一日を頑張れるのです。(女性も同じですが。)自分の優しさを磨くことは、男女問わず愛される人になるための大切な条件でしょう。

●仕事や趣味に打ち込む
「女性が仕事や趣味に打ち込んでいる姿は魅力的だと思います。自分の知らない世界を持ってる人、なにか語れることがある人って、人を引き付けますよ。」(31歳男性/銀行)

 アラサーの年代というと、仕事上の地道な努力や学びが実を結んでくる時期。きっと誰にもなにかひとつ、「私、頑張ったな」というものがあるのではないでしょうか。それは仕事に限らず、趣味や私生活のことでもいいのです。なにかに打ち込んできたことから生まれる人間的な深みが、あなたを非常に魅力的にみせてくれます。

●自分を知った、魅力ある外見
「おしゃれもいろいろ経験してきて、洗練されてくる年齢っていいですよね。アラサー女性は社会経験も長い分、TPOに合わせたファッションやメイクができるイメージで、安心感があります。」(25歳男性/公務員)

 20代前半は、ファッションにおいても迷走期。自分に似合うテイストがいまいちよく分からず、メイクにおいても失敗することも多いと思います。何年もトライ&エラーをくり返し、やっと自分のスタイルを確立しはじめるのが、大体アラサーの頃ではないでしょうか。自分にはどんなファッションやメイクが似合うのか、どんどん失敗しながら学んでいきましょう。その積み重ねが、洗練とオリジナルな魅力を生むのです。

モテ期を活かして充実した恋愛を

 みなさんにぜひお伝えしたいこと。
 30歳になることは、ちっともこわくありません。年上からも年下からも恋愛の対象として見られる、すばらしい時期。貴重なモテ黄金期を、不安にかられて生きるなんてもったいない限りですよ。年齢が上がっていくことは魅力の減退の印ではなく、あなたが頑張ってきた証。あなたの女性としてのすばらしさに磨きがかかってきているということなのです。魅力的なアラサーライフを満喫し、みなさんの恋愛がますます充実していきますように!(恵 理世/コラムニスト)

(ハウコレ編集部)

関連記事