2018.12.10

【LINE編】「好きすぎる!」いつもよりちょっとだけ彼をドキッとさせるアイディア

どうもあかりです。
しかし!なんとしかしー!
今回の【LINE編】をもって、この全2作と長きに渡りみなさんに親しまれた大人気シリーズも最後のお別れ。ちょちょぎれる涙を必死に堪えつつ、読んでいただけたら幸いです。

…ふざけすぎて全然記事の趣旨をご説明できていませんが、今回は、彼に送るLINEを、いつもよりほんのちょっとだけドキッとするようなものにしよう、というコンセプトです。すぐにできるものなので、ぜひ試してみてくださいね。では早速見ていきましょう!

■意味なく写真を送って、愛情をビシバシ伝える

恋人から写真が送られてくるというのは、結構ドキドキするイベントです。

カップルで送りあう「写真」には主に
・二人で撮った写真
・私の写真
・彼の写真
の3つのパターンがあります。

「二人で撮った写真」というのは正攻法、王道で、「ラブラブだねっ」みたいにシンプルに盛り上がるもの。

だけど、「いつもよりちょっとドキッとさせたい」というのが今回のテーマですから、「私の写真」か「彼の写真」に挑戦してみてほしい。
「私の写真」は、ちょいエロ系(ただし万が一の悪用の可能性に注意して適度に)、「髪切った」「新しい服買った」系、それから単に「私かわいいでしょ?」系などがありますが、お好みのパターンでいいと思います。どれも彼氏的にはストライクなので。

「彼の写真」でドキッとさせる…というのがどういうことかというと、鏡を持っていない彼氏のために「君の顔はこんなだよ」と教えてあげるというわけではなくてですね、「これ、かっこよかったやつ」とか言いつつ、実は前のデートでこっそりと撮っていた彼の盗撮写メを送りつけるのです。「えー、いつ撮ったん笑?」とか言いつつ、彼女からの愛情を感じてかなり嬉しそうにしてくれますよ。

■デートの感想や「好き」の気持ちを勝手に告白

LINEはチャットツールでありつつ、お互いが自分で書き込みたいことを、勝手に、相手の返信とかは無視して勝手に書き込むことができる掲示板的な機能もあります。

だから、「返信不要」としつつ、「普段あんまり言えてないけど、めっちゃ好きー!」、「この前のデートのあのとき、めっちゃかっこいいって思った!」、「来週のデート、楽しみだ〜」などなど、思いの丈をぶつけてみるのもオススメです。

とくに普段あんまりこういうことをしないタイプの彼女であればあるほど、これをされたときの彼氏の感動は大きいと思います。

■文字のメッセージや電話以外もアリ♡たまには変化球で連絡

LINEと言えば、文字のメッセージか、あるいは通話機能。この2つがメインの連絡ツールですね。だけどLINEには、ボイスメッセージ機能もありますし、それから写真も送れますので、手紙を書いてそれを撮影して読んでもらうことだってできますね。

「それをしたからって一体なんなんだ?」と思う人もいるだろうけど、「いつもと違ったことをしてみたい」という気持ちは大切。

だから、ボイスメッセージで「好き」の気持ちを伝えてみてもいいし、「今度◯◯行こうよ!」と手書きのメッセージを写真に撮ってデートに誘ってみてもいい。
恋人が普段と違うことを自分に対してしてくれるのって、その中身が全然大したことなくても、それだけでほっこりするし、嬉しく感じてしまうんじゃないでしょうか。

■恥ずかしいけど、昔のLINEで思い出話を!

LINEのナイスなところは、スクロールして、昔のやりとりまで一気にさかのぼれちゃうところですね。昔だとメールだから、こんなのとても簡単じゃなかったし、しかも今のスマホみたいにスクショ機能もありませんでした。

暇なとき、彼とかつてやりとりしたトークをさかのぼってスクショして、「こんなこと話してたみたいだよ、私たち 笑」と送ってみるのはいかがでしょう。
きっと冷静になって読み返すとなかなかに死にたくなるくらい恥ずかしいかもしれませんが、その裏で、「ああ、この人のことこんなに好きだったんだよな、自分は」と何か大切なことを思い出すこともできそうな気がしませんか?

■おわりに:LINEは二人をもっと仲良しにさせてくれる

冒頭でも申し上げたように、「いつもよりちょっとだけ彼をドキッとさせるアイディア」シリーズは本作をもって惜しまれながら完結となりますが、みんなの心の中ではきっとこれからも生き続けますー!

今日から、デートだけじゃなくLINEでも彼のドキドキを増やして、もっと仲良くなってくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事