2018.12.10

話したことがない「好きな人」。彼を絶対に振り向かせる、効果的なアプローチって?

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。今回は、一度もまともな会話をしたことがないけど気になっている人がいる女性へのアドバイス。彼と仲良くなって両想いになりたい方は、男が嫌悪感なく、むしろ心地よくなるようなアプローチ方法を、マインドの作り方も交えてお伝えします。

1、彼は職場の人?電車で見る一目惚れの相手?

一度、シチュエーションを整理したいと思います。同じ学校や会社でクラスや部署が違う人、時々行く飲食店、ショップのスタッフ、通勤時にいつも同じ車両に乗っている人などでしょうか?
いずれのパターンにも言えることは、大前提として相手はあなたのことを認識しているかはわからないということです。まずはこの事実を冷静に受け止めてスタートします。

2、好きな人に自分の存在をアピールする方法

あなたが一方的に彼のことを知っていたとしても、彼はあなたを知らないということがよくあるもの。ここはまず、確実にあなたの存在を彼に認識させることが第一歩です。そのためには何回も彼と接触を図る必要があります。
ただ、間違っても突然、「すみません。実は…」なんて声をかけないように(苦笑)。ショップの店員なら何回もお店に通ってみたり、学校や会社関係の人ならその部署やクラスにやたら顔を出すなど。ここは地道かつ丁寧にやりましょうね。
そして通うだけじゃダメです。忘れてはいけないのは、「アイコンタクト」。ちゃんと彼と視線を合わせることが大切です。これを繰り返すことで、彼は徐々にあなたの存在を認識します。この認識期間は人それぞれで、1か月以内と短い人もいれば、3ヶ月、6カ月とかかる人もいるでしょう。

そしてようやく次のステージ。彼に認識されたら、いよいよ彼に話しかけてみましょう。
「彼女とかいるんですか?」と聞きたい気持ちを抑えて、ここは無難に、これまでの流れを汲んだトークをします。「よく会いますね」「よくお見かけしますね」などと、あなたと彼の関係をちょっと意識させる内容がおすすめです。もちろん、よく会うのはあなたが意図的に接触しているからなんですが(笑)。
この最初の話が、相手にとって唐突ではなく、ごく自然に受け取れる内容であれば、このあとは簡単です。「いつもお忙しそうですね」「お仕事何されているんですか?」と当り障りのない会話をすればいいんです。

3、重すぎずライトに!自分からLINEの交換を提案しよう

 この段階で、普通の男なら、自分に好意までは確信できなくても「興味は持ってくれてるのかな?」と勘づきます。だから、ここは一気に攻めこむべきです。モジモジして、ここで相手のLINEを聞かずにバイバイしたら、次、いつ会えるかはわかりません。
ただ、聞き方にもポイントがあります。
「もし良かったらLINE交換しませんか?」じゃなく、「迷惑じゃなかったらLINE交換してくれませんか?」とかなり下手にでましょう。これくらい下手にでられたら男としても断りづらいからです。

4、デートに誘ってフラれても「当たり前」と思う勇気を持って

仮にLINE交換まで成功したら、あなたからご飯やデートに、積極的に誘いましょう。よほどあなたのことをタイプじゃない限り、彼からの誘いのLINEはないです。
ここで弱気になっちゃだめ。そもそも一方的にあなたが好きなんですから、ふられて当然なんです。それくらいの気持ちでいた方が、大胆に行動に打って出られますから。

おわりに

男目線で言わせてもらうと、よほどモテる男以外、見ず知らずの女性からでも声をかけられて、嫌な気持ちになる男はいません。だから強気で積極的に行くべきですよ。相手が好意を持ってくれていると分かると、単純に意識してしまうんです。そういうものだから、うじうじ悩まずアタックしてみてください。
ツイッター(@tetuya_1976)でも情報発信しています。気軽にのぞいてみてください。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事