2018.12.14

「一緒にいれば嬉しさ2倍!」の長続きカップルでいるために、二人でできることって?

どうもあかりです。
恋愛の良さには、「嬉しいことが2倍になる」というのがありますね。
だけど、人間はアメーバみたいに単純じゃありませんから、二人が一緒になったからといってすぐに「嬉しさ2倍」にはなりません。

「一緒にいると、嬉しさも2倍だね」と真に実感したいのなら、ちゃんと、そう感じることができるような努力をしなくちゃいけません。ただ、「努力」といっても、ちょっとした心がけで手にできるものなので安心してくださいね。

そこで今回は、ぜひ「一緒にいると、嬉しさも2倍」を全力で感じるために、あなたと彼とで一緒にやってみてほしいことをご紹介したいと思います。

■恋人との「新しい」体験で、楽しさを生み出そう!

「新しさ」というのは、「嬉しさ」につながる種です。

外でデートをするときにも、行きつけのお店に入り浸るだけじゃなく、なるべく新しいお店を開拓してほしいですし、彼氏だけじゃなくて彼女のほうからも、「ねえねえこういうお店(場所)ができたんだって!行ってみない?」と誘ってみたりするのもいいでしょう。

また、すっかり慣れ親しんだ二人で、「もうお家デートしてるだけで幸せだねー」となっていても、例えば宅配サービスでいろんなところの料理を頼んでみたり、これまで見たことがなかったようなジャンルのDVDを持ち寄って観たりしましょう。

思えば「新しいこと」って基本的になんでも楽しいですよね。

しかもそれを二人で体験するとなると、その「楽しいこと」がおいしかったり、素敵だったりしたときに、「めっちゃいいお店見つけちゃったね!」「この映画、すごくよかったよね!」と、まさにリアルに「嬉しさ2倍」を実感できる瞬間が生まれます。
ぜひ、「嬉しさ2倍」な二人になるために、なるべく常に「新しいこと」が周りにある状況を作ってみてください。

■お互いの「幸せ」をどんどん共有しよう!

先ほどは、二人で新しくて楽しいことを体験する大切さを紹介しましたが、恋人関係の素敵なところは、「恋人の喜びが、まるで自分のことのように嬉しく感じる」という部分もあります。

もちろんこれも、利用しない手はありません。

今日楽しいことがあった、とか、嬉しいことがあった、とかそういうポジティブな話って毎日いくつもあると思う。それを、「大したことないし……」と遠慮せずにガンガン話していくこと。これはとっても大切なことだと思うのです。

「ほしいと思ってた本が今日買えた!」というような、友達に話しにくいような些細な話題でも、カップル間なら「え~、よかったじゃん。どんな本?」「こういうの。面白そうでしょ。こんど家来たとき読ませてあげるね」みたいに話が広がります。
そしてあなたか彼のどちらかがこの「どんどん共有」をはじめると、しだいに、二人の間でポジティブなことはなんでも共有する癖がついて、まさに「嬉しさ2倍」のスパイラルが出来上がっていきます。

■共通の趣味があるかないか、よりも「一緒に作る」がイイ!

たしかに「共通の趣味」があるカップルは強いです。それがあるだけで「嬉しさ2倍」というのはほとんど約束されたものだといってもいいでしょう。
だけどそこで、「だから共通の趣味がある人と付き合いましょう」というのは違うし、もしもあなたに現在、彼氏がいるのであれば、今さらどうしようもないことを言わないでよって話です。

むしろ私は「共通の趣味」というのは「たまたま持ってる」ものじゃなくて、「付き合ってから一緒に二人で作るもの」だと思うんです。

一番最初に紹介したような「新しさ」の共有を通じて、「二人とも、ホラー映画実は好きかもね」と気がついたり、あるいは、あんまり興味がなくてもお互いが相手の趣味にまずはちょっと興味をもって話を聞いてみたりする。そして、「あ、最初『なんじゃその趣味』って思ってたけど、実はちょっと楽しいかも」と思い、二人で一緒に作っていけるのが「共通の趣味」。

出会ったときから共通の趣味があるのって、たしかにそれはラッキーなのかもしれません。けど、それは本当にただ運がいいだけです。むしろ付き合ってから、二人で一緒に同じものを好きになっていく。これでこそ、二人の相性、仲が良いことの証といえるんじゃないでしょうか。

■おわりに:二人で「共有」することがポイント

「嬉しさ2倍」のためにすべきこと。それをまとめると、「新しさ」をどんどん取り入れていくことと、ポジティブをどんどん「共有」することと、それらを通じて最終的に「共通の趣味」を作っていくことです。
ちなみに、もう一つの恋愛のエッセンスである「悲しさ半分」の秘訣については、またの機会にお話したいと思いますので、ぜひお楽しみに!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事