2018.12.17

男性は3つの「残念アピール」で引いちゃう?好きになってもらうにはどうすればいい?

こんにちは、美佳です。
好きな人から好意を寄せられたり、男性からモテたりするには適度な「アピール」が必要です。上手にアピールすると「この子、俺のこと好きかも?」と思ってくれて、スムーズな交際につながることってありますよね。


でも、一方で間違ったアピールをする人やアピールの度が過ぎる行動をしてしまう人も。そうすれば、彼からは引かれる一方です。

そこで今回は、男子が引いてしまう「アピール」には、一体どのようなものがあるのか見ていきましょう。無意識にあなたもしているかもしれませんので、普段の自分を思い返しながら読んでみてくださいね。

食事の話にからめて話題をねじ込む「女子力アピール」

家庭的な女子はモテると言いますよね。ふと垣間見える振る舞いや、話の中で「ちゃんと家事やってるな~」と分かるコメントを聞くと、男子もキュンとします。

けど、女子の中には、自分から家庭的アピールをしてしまう子もチラホラ……。

例えば、居酒屋で飲んでいる時に男子が「このだし巻き玉子美味しい!」といった際、すかさず「私もこの前おうちで作ったよ。実はたまご料理得意なんだよね♡」など、聞かれてもいない話を無理やりねじ込んではNGです。

最近はこういうあざとい女子の言動をすぐに察知する男子もいるので、むしろリスクの方が高いですよ。

「料理できる?」「得意料理なに?」と聞かれて答えるぶんにはいいでしょうが、自分からペラペラ喋るとアピールに取られるので、控えるようにしましょう。

楽しい生活を「幸せ」「感謝」とタグ付けして公開する「リア充アピール」

女子の中には、SNSで自分の生活の充実度を見せつけている人もチラホラ。ここには先ほど話した「女子力アピール」がコンボされることもあり、エステに行きました、ネイル変えました、みたいな投稿もあります。これくらいならかわいいんですけどね。

なかには、大勢のグループで遊んだときの自分の写真を公開し、「幸せ」「感謝」というタグ付けしている女子もいますよね?

たまになら見てる側も『楽しそう!よかったね』となりますが、頻繁にリア充ぶりを「幸せ」だの「感謝」だの、毎回同じような言葉で安売り(?)されると『どんだけリア充アピールしたいの?』『必死さが痛い』と引かれてしまう可能性も…。

自分のSNSは自分の好きなように投稿すればいいと思うのですが、必ず誰かしら見ているので、投稿は少し気をつけたほうがいいかもしれません。
男性からしたら「俺がこの子の私生活に入り込む時間はなさそうだな…」と近づきにくくもなります。等身大のあなたを見せたほうが、実は好印象なんですよ。

習いごとの話を一方的に続ける「意識高いアピール」

女子の中には、将来のために習いごとをしている人もいるでしょう。もちろん、新しい知識を身につけようと行動すること自体は良いことです。
けど、それを誰かにひけらかすと、どうしてもあざとさや、いやらしさが出てしまうことも。

会話の流れで「最近、英会話スクールに通い始めてさ」くらいの軽いものなら良いのでしょうが、なんの前フリもなく、会話の脈絡を無視していきなり「最近英会話スクールに通い始めたんだ。マンツーマンだから値段は良いんだけど、ネイティヴな英語が学べて良いよ」と、自慢っぽく言われると、聞いている方は『え?なに急に?』と驚きです。

習いごとについて話したい気もわかりますが、聞いて聞いて!と言わんばかりに話すと「意識高いアピールかよ」と思われたり、「お金があるってことをいいたいの?」と取られやすいですよ。

終わりに

好きな人に、自分の魅力を知ってほしい気持ちはすごくわかります。いっぱい話したいことがあるし、「こんな一面もあるんだよ!」ってことをわかってほしいんですよね。
けど、逆の立場になったら、上述したアピールをされればされるほど「ちょっとクセが強そうだな」「私とのコミュニケーションというよりも、あなたがただ話したいだけなんじゃない?」と思いますよね?

自己満足になってしまうような、度の超えたアピールは引かれてしまう可能性がある、ということを意識してみてくださいね。
(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事