男性を見つめる女性

2019.02.18

男性に質問!「女友達を恋人に昇格させたきっかけを教えてください」


最初は一緒に遊ぶ仲良しな友達の1人だったのに、気づけば彼のことばかり考えていて彼からのLINEを待ってしまって…男友達の1人から好きな人に変わっていました。
ただ、なんでも気を遣わず言い合える“女友達”からときめく存在の“彼女候補”ってどうやったらなることができるのか…難問ですよね。
記事を書く上で、複数の男性にインタビューを行ったのですが、意外にも女友達から彼女候補に昇格するのは簡単な様子でした。ですが、もし振られてしまった場合や別れてしまった場合、気まずくなってしまうのは事実です。
「お前のことそういう目で見てなかったわ…」なんて言われてしまわないよう計画は綿密に練りましょう。

今回は男性に“女友達にドキッとした瞬間”や”女友達を恋人にしたいと思ったきっかけ”を訪ねてみました。男性の本音、必見です。

「男女の友情ってあると思いますか?」

そもそも男女の友情ってあるのかどうかを聞いてみましたので、様々な意見から一部を抜粋してお届けします。


アリ派》
「性別を超えた友情はあると思う。まったく意識しない人もいるし、一緒にベロベロに酔って終電逃しても何もないし、友情に性別は関係ないよね」(31歳/美容師)
「なんなら男友達より女友達のほうが多いです。女性の会話はハイレベルだから聞いていて楽しいし」(22歳/大学生)
「幼馴染の人はもはや女というか家族なので意識しないです。友情すら超えてるから男女の友情って言っていいのか分からないけど、女性だからって一線引いたりはしないです」(28歳/メーカー)

《ナイ派》
「どっちかが下心あるから一緒にいられるんだろうし、友達としてでも一緒にいられる子ということはいつどんな間違いが起きても自分としてはOKな子ってことだから」(27歳/広告)
「正直泥酔してたらどうなるかわからない。女性だってどうとも思ってなかった人でも2人きりでお酒飲んでいい感じになったらキスくらい許すでしょ?」(30歳/営業)
「女の子大好きだから“女友達”なんていたことがなくて、知り合って2人でも会話がはずめばもれなくみんな彼女候補になる」(31歳/営業)

アリ派の人は"女友達"と聞いて思い当たる女性がいる方が多く、ナシ派の人は「お酒を飲んだらどうなるかわからないから」という方が多かったです。

女友達を彼女候補にした理由って?

ここからが本題です!実際に女友達を女性として意識したきっかけ、ドキッとした瞬間を質問しました。なんと、男女の友情アリ派の人もこの質問には嬉々として答えていて、「あれ?」となってしまいました。ですが彼らによると、「ドキッとするのは不意打ちだからセーフ」とのこと。よくわかりませんが、結構女友達にときめいた経験のある男性は多かったのが印象的です。

「学生時代からの友達で、ずっとグループ行動だったのに突然2人きりの遊びに誘われたときは、あれ俺のこと好きなのかな?と思ってドキッとしちゃって、実際遊びに行ったときは異常なほどにドキドキした」(29歳/飲食)
「グループ内でふざけてばかりの明るい女の子が、ある日珍しく落ち込んでたので話しかけたら突然泣いて好きな人の相談をしてきた。そのときにいつも笑顔な子をここまで悲しませる存在に嫉妬したし俺なら泣かせないのにと思ってしまった」(21歳/大学生)
「ありきたりかもしれないけど、女の子の見た目がガラッと変わるのは男は弱いと思う。“こいつ好きな人できたんだ”と思うと同時に焦ってる自分に気づくとか」(28歳/美容師)
「大学のサークルで仲良かった子が昔は一緒に『単位やばいねー』とか話していたのに、この前偶然見かけた店でバリバリ働いているのを見たときは、魅力的に感じた」(24歳/営業)

男性の回答を聞いていると、“普段とのギャップにときめいた”というものがほとんどでした。そのため、女友達から彼女になるためには彼の中での“従来のあなたのイメージ”をどれだけ壊せるかが重要。そのためには、「自分は彼からどう思われてるのか?」を的確に見極めてなるべくそのイメージとは真逆の行動を起こせばいいのです。

今回集まった回答を基に『女友達が彼女になれる方法』を彼にとってのあなたのイメージ別に紹介します。

《イメージ別》女友達から彼女になる方法

▼一緒に騒げるような仲
→仕事を頑張ってる姿を見せたり見た目を分かりやすく変えて“女”を意識させて
カラオケでも飲み会でも下ネタトークでも、一緒になって騒いで大声で笑える仲間なら、見た目から分かりやすく変えるのがベスト。
“いつも大口開けてゲラゲラ笑っている自分と同レベルの女友達”から“仕事を一生懸命こなし楽しんでいる大人っぽい女性”に変えればいいのです。学生時代から変化したアナタを見せてください。

▼強がりすぎて性別を感じさせない仲
→相談をもちかけて
重いものを持つシーンなどでも「大丈夫!」と強がってしまい、「いやー〇〇は本当男並みの力だよな!」なんて言われてしまうほど仲のいい間柄なら、相談をもちかけるのが◎。女アピールをせずとも自然とか弱い姿を見せられるのが相談シーン。仕事に関する悩みもいいですが、やはり恋愛話が相手も意識しやすいです。
「こいつ恋愛に関するとこんなに女の子になるんだ…」と思われたもの勝ち。恋する乙女はいつだってかわいいので安心して挑みましょう。

▼グループで遊ぶことばかりな仲
→2人きりで遊ぶことに慣れさせて
普段グループで遊んでいるとなかなか2人きりになるチャンスがく、“仲は良いけど意識はしてもらえない状態”に陥ります。その状態を挽回する方法は、やはり2人きりのシーンを作り出すしかありません。「相談があるから2人で会わない?」だとすこしわざとらしいですし、「なんで俺?」と思われる可能性も高いです。まずは事前調査でちょっとマイナーな彼の趣味を探ってみてください。そしたらそれについてすこしだけ勉強したあと、「✖✖がハマってるって聞いて最近〇〇が気になって少し勉強したんだけど…わからないからやり方教えてほしい!」と伝えましょう。自然と2人で遊ぶ流れに持っていけますし、さりげなく“あなたがハマってるから気になった”とアピールもできます。2人きりで遊ぶことに彼も慣れてきたらこっちのものです♡

実は意外と簡単!

女友達から彼女へのステップアップって意外と簡単なんです。でも、その分リスクだってつきもの。行動を起こしたからには、だめだった時に友達に戻るために再度頑張ることができるのかをしっかり考えてください。
「ごめん、恋愛対象に見たことなかった…」なんて言われないよう、下準備は徹底的に、普通の恋愛よりも慎重にいきましょう!(N a r u . /ライター)

(ハウコレ編集部)
(ゆずゆず/モデル)

関連記事