2019.03.23

結局、彼にとって「最後の恋人」になるのは「どん底」を支えてくれた女性なんです

男は「女の最初」になりたがり、女は「男の最後」になりたがる。

なんて言葉がありますが、あなたは今お付き合いしている彼にとって「最後の恋人」になりたいと思いますか?

もし、YESなのであれば、この先にある試練をお伝えしておきましょう。

どういう女性が「男の最後」になるのか。そのための試練は割と茨の道です。

あなたにはその道を進む覚悟がありますか?

彼は「この人と出会ってから仕事が上向いた」と思う人を選ぶ

あなたが誰かから愛されたいと願うのと同じくらい、男性は「仕事」というものを大切にしています。

男性が結婚をするときにもっとも悩むことは「お金のプレッシャー」です。

これはなんどもハウコレで力説していますが、「養っていける責任」を持てないと多くの男性は結婚しようとは思いません。

共働きになろうが、女性の平均所得が上がろうが、その価値観はそう簡単には変わりません。

だからこそ、自分の仕事を理解し応援しバックアップしてくれる女性に、とてつもない安心感を覚えます。

彼は「輝く自分を選ぶ人」ではなく「自分を輝かせる人」を選ぶ

多くの人が「浮気もせず誠実に付き合い、家事も育児もこなしてくれる、愛情豊かなパパ」になりそうな人と付き合おうとする。

しかし、実際には最初からそんな完璧な人はいなくて、ほとんどの場合、器の大きい女性と一緒にいたことで「結果としてそうなった」人がほとんどです。

では、どうしたら「将来そうなりそうな原石」を見極められるかというと、「もうすでに素晴らしい人」に恋するのではなく、「この人はなんでこんなに素晴らしいのに、まだ芽がでていないのだろう、と疑問に思う人」に恋するのです。


自分の目で見た彼と、彼の社会から受ける評価のGAPを「わたしが埋めてったるぜ」と思える人が、最終的に選ばれているのです。

彼は「世間体を気にする人」ではなく「自分を貫く人」を選ぶ

出会って、恋して、デートして、告白して、付き合って、エッチして、結婚して、子どもを生んで…

そんな「誰かが決めた恋の順番」を必死に守ろうとしている女性をたまに見かけます。

そしてそういう人に限って、その順番通りにものごとを進められず、空回りしています。


「この人だ」と狙いを定めたら、「誰かが決めた順番」を守る必要はありません。

自分の信じた通りに、自分の信念に従って、愛すると決めた人を最後まで愛することができる人、そういう人が最後には選ばれます。

結局、「どん底」を共有した彼女が一番の味方になる

究極、人がどんな人を信頼するか。

それは「自分がどん底にいるときに、無条件の愛情をもって側にいてくれた人」です。


人は、そういう人を裏切れないし、仮に一時期離れることがあったとしても、そのうち戻ってきます。



自分の意志を貫ける人は、彼がどん底にあろうと、自分の想いを信じることができるし、

彼がどん底にいても、「彼はここで終わるはずの人間じゃない」と思い、彼を輝かせることを怠らない。

そして、どん底にいるからこそ、信頼し励まし、一緒に立ち上がろうとし、その結果彼の仕事が上向いていくのです。


さて、もう一度聞きましょう。「あなたにはそこまでの覚悟がありますか?」(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事