2019.03.24

クセありのサイン?付き合ったら面倒なタイプの男子が持つ特徴・3選

こんにちは、美佳です。
人間関係を築くうえで素直さは重要。

そう、恋愛においても素直さがないとうまくいきにくいです。アマノジャクや見栄っ張り、相手の出方ばかりを伺う男子というのは何かと面倒な問題を起こしがち……。

そこで今回は、付き合ったら面倒な彼になるタイプの男が「恋愛初期」にしがちなこと、彼らが持っている特徴をご紹介します。

特徴1:暇アピールをしてデートの誘いを待つ

ストレートに「よかったら今度、食事しませんか?」誘うのではなく、「最近土日やることなくて、暇なんだよねー」と、暇アピールをして女子からデートに誘われるのを待つ男子は素直じゃないかもしれません。

筆者が見てきた感じ、こういうタイプって傷つきたくない気持ちが強いうえ、責任感が弱いのか、自分で動くのではなく相手が動いてくれるのを待つタイプです。

アピールだけして相手を動かそうとする人は公私ともにズルい人が多いですよ。
素直な人や誠実な人は、暇アピールして誘われ待ちなどしませんから。

特徴2:ワン切りしてこっちの反応を伺う

ワン切りも微妙ですね。本当に単なる間違い電話ならいいのですが、間違い電話を装って、とりあえず着信履歴だけ残し、相手からかけてくるのを待つのって、全然素直じゃないですよね?

「電話した?どうしたの?」というLINEを期待していたり、かけ直してくるのを待っていたりするのかもしれませんが、ちょっと打算的でずるい気がします。


誘いたいならワン切りじゃなく普通に電話したり、LINEで言ったりすればいいじゃないですか?

仮に、恥ずかしがりやでも自分からかけてるなら、ワン切りせず数回鳴らすはず。こういう男子は、付き合ってからも「自信のなさ」から、どうしても受け身になったり、どうにか自分から動かないように姑息(こそく)な手を使ってきたりする可能性があります。

特徴3:「彼氏とデート?」「友達?男?」と探りを入れてくる

素直に聞くんじゃなく、探る感じで聞くのもちょっとクセありです。


もちろん付き合ってないならストレートに聞きにくいこともあります。ただ、「週末は鍋に行ったんだ」と言っただけで「あ、彼氏とデート?」と探りを入れたり、スマホがなっただけで「男でしょ?」といちいち疑う感じで聞いてくる彼は、付き合っても信頼関係を築きにくいです。

根っから疑い深い性格の人って、なんでもないことも疑ってきたり、本当のことを言っても信じなかったりして大変です。
こういうタイプとは、全てをオープンにして、束縛されるぐらいの覚悟がないと交際は続きません。

あなたがあまり干渉されたくないタイプならおそらく合わないかと。

探る感じの聞き方しかしない人なら、そっと距離を置くようにするのがおすすめです。

おわりに:素直じゃないと関係は続きにくい

恋愛初期で、ある程度相手がどんな人かはわかります。素直さを感じられないタイプは、正直付き合っても良い関係を築くのが難しいです。あなたが疲れてしまいます。

根気よく接していれば素直になることもありますが、人の本質はそう変わらないので、冷静な目を持って判断してくださいね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事