2019.06.12

「イージー彼女」じゃつまらない。交際後にも彼のために「恋のハードル」を作ろう

どうもあかりです。
タイトルを読んで、言いたいことはきっと伝わったはずです。


「好きなこと付き合えた」というだけで、男性はある意味「最も高い恋のハードル」をクリアできてしまいました。交際前にはそのハードルの存在が彼のモチベーションになっていましたが、交際後にはもうその助けを借りることはできません。


だから、交際後にもきちんと「恋のハードル」を作ってあげましょう。彼のためにも。あなたのためにも。

LINE編:彼の「ヤキモキ」を大切に

まずは日常的なコミュニケーションツールのLINEから。

彼女とのLINEのスタイルは、大きく「自分からする派」と「彼女からのLINEを返信する派」に分けられます。

「自分からする派」の彼の場合には、よく言われる話ではあるけれど、「焦らし」はやっぱり有効です。

ただ「焦らす(じらす)」と書くと少し意地悪な感じがするので「焦らない(あせらない)」と書く方が正確かもしれません。

彼からLINEが来て「やったー!」と舞い上がって即レス。

だけど、男性が好きな女性にLINEをするときには、必ず「返ってくるかな。どんな返信がくるかな?」という不安があること、そして「その不安こそが楽しい」ということを覚えておいてください。即レスしてしまうことは、彼がその不安を楽しむ時間を奪ってしまうかもしれません

ですから、ゆっくり焦らず、返信するようにしましょう。

そして「彼女からのLINEを返信する派」の場合には、「言いたいことは明日言え」をモットーにすること。送りたいLINEがあっても、すぐに送らない。ちょっと待たせる。


「彼女からのLINEを返信する派」の男性でも、「彼女から今度はどんなLINEがくるかな」とこっそり楽しみにしているものです。彼がこれを楽しむ時間をたまにはつくってあげましょう。

「好き」編:「世界一好き」はすぐに言うな

「好き」にもレベルがあります。

「付き合ってもいいくらいには好き」「彼氏としてそれなりに好き」「結婚してもいいくらい好き」などなど。


好きな男性と付き合えたことに舞い上がりすぎていると、ついつい「もう世界一好き!結婚なんてもちろんしたい!」と交際直後にも感じてしまう人もいるでしょうし、彼から「俺のことどれくらい好き?」と聞かれて、「もう世界一好き!結婚なんてもちろんしたい!」とまんま答えてしまう人もいるでしょう。


だけどこれではあまりに「イージー彼女」です。


もっと「伸びしろ」を作りましょう。


例えば「好きだよ。でも付き合っていくうちにもっと好きになれたらいいな」など、「好き」と「まだ好きになる余地あり」の2つを伝えておくことで、それが適度な恋のハードルになり、彼は「もっと俺に惚れさせてやる」と燃えてくれます

エッチ編:何でもかんでも応じるのは危険

たしかにエッチで「オープン」になることは大切です。


エッチで心を開いてあげることは、「好き」だということだから。


でも、彼がエッチで「これしてもいい?」と性癖を押し出してきたり、あまりにもディープすぎるプレイを要求してくる場合に「それ、早くない?」と断ることも大切です。


「付き合う前にエッチするのはどうなんだ」と、「物事の順番」を重要視する人がたくさんいるのと同じように、「交際後のエッチ」にも、きちんとした「順番」があるはずです。


いくら「エッチする関係になった」とはいえ、彼がしたいことが何から何まで全部叶う関係というのは、付き合ってしばらくしてからじゃないでしょうか。


もちろん、断るときに余計な角が立つのはよくありませんから、単に「無理」と一蹴するのではなくて「もうちょっと長く付き合ってからね」「それは結婚してからのお楽しみだよ」みたいに、「越えられない壁」じゃなく「越えられるハードル」であることを匂わせてあげるのが大切かなと思います

「付き合った瞬間、彼女の全てが手に入った」


これでは男性は付き合った瞬間が幸せのピークで、そのあとはずっと下り坂になってしまいます。

「付き合ったけど、まだもっと手に入れたい彼女がある」
そんなふうに思わせられる彼女でいられるように、ぜひ今回の内容をご参考にしてもらえたらと思います。(遣水あかり/ライター)

関連キーワード

関連記事