2019.07.27

遠距離恋愛の幸せカップルがやってる!上手く付き合っていく方法

「遠距離」という言葉にどんな印象を持つでしょうか? 

些細なことで別れてしまったり、お互いすれ違いが起こって自然消滅といったネガティブなイメージも多いのではないでしょうか。

この記事では、現在遠距離恋愛中であるあなたに向けて長続きするためのコツを紹介していきます。

遠距離恋愛のコツの前に知っておきたい男性心理

コツを知る前に根本的なところを押さえておかないといけません。それは男性の心理です。
これを理解せずにいるのは、そもそも遠距離じゃなくても長続きすることは難しいでしょう。

会えなくて寂しい気持ちは一緒

 
あなたも彼も会えなくて寂しいので立場は同じです。

大学生や社会人または留学や転勤で海外になり今まで傍にいるのが当たり前だったのに、月に1~2回や数か月に1回ペースに会う頻度が減るということは、あなたも彼氏も予想以上に辛いものです。

自分ばかりが辛いと思わずに「彼氏も寂しいけど頑張っている」と思うようにすれば少しは寂しさも和らぐでしょう。
 

浮気がバレにくいので気持ちが揺れやすい

遠距離になると男性にとっては他の女の人に目が行きやすいものです。特にあなたが束縛を強めにしていた場合、これ幸いと今までキツキツに制限されていたものを解放させます。

離れると浮気をされたりするのは男性だけのせいではなかったりします。また、寂しいので近くにいる他の女の人にグラグラきたりします。

離れているからこそ、しつこ過ぎない程度に連絡を取るようにしたいですね。

あなただからこそ気づける事があると思うので少しでも様子がおかしいようでしたら、しっかりとフォローしましょう。

もしかしたら、何かに悩んでいるかもしれません。きちんと変化に気づける事も男性に浮気をさせないポイントです。
 

恋愛で我慢していることが多い

あなたが過度に束縛したり、甘えすぎていたりすると男性にとっては重いと感じてしまいます。優しい男性だと、なかなかあなたに本心を言えずに我慢していたりします。

いつも言うことを聞いてくれる恋人がいるのであれば、適度にガス抜きをさせてあげましょう。

ガス抜きが上手く出来ていない場合は最悪浮気に繋がったり、突然別れを切り出されたりすることもあるのでストレスをためないようにしてあげましょう。

遠距離恋愛のコツを知って結婚に繋げよう!


遠距離恋愛は難しいイメージがありますが、ゴールインをしている方も沢山います。成功している方はコツを押さえていました。

本などでも探すことは出来ますが、沢山出ているのでどれを見たら良いのか分からないですよね。ここでは無事にゴールインするまでのコツを纏めましたので紹介していきます。
 

どちらか一方に負担が偏らないようにする

恋愛を経験してくると分かると思いますが、どちらかが相手に依存してしまうと相手の負担が大きくなり「たまには自分が甘えたいのに」「今日は疲れているから、そっとしておいてほしいな」等と物足りなさや重たさを感じたり、自由になりたいと思うようになってきます。

親しき中にも礼儀ありという言葉もありますが、相手を気遣えない人は仮に結婚しても長続きさせるのは難しいでしょう。
 

連絡を取り合って恋人感を出す

一日に数件程度で良いのでラインをしたり夜に電話をしたりするだけで、疎遠になりすぎないので大人の恋愛を味わうことが出来ます。

遠距離だからこそ傍にいる時には分からない相手の存在の大きさや大切さを感じ取れたりするので、「一回一回のラインで何を伝えよう」「電話で何を話そう」と考えられ、また違った恋愛を楽しむことが出来ます。
 

ケンカをしたら早めに仲直りをする

関係が悪化してしまったら早めに修復するように心掛けましょう。高校生くらいだとなかなか謝ることが出来ずに関係が悪化して別れてしまうということも多かったのではないでしょうか。

大学生や社会人になれば素直に謝ったりできるよう方も多くなります。お互い近くにいれば直接謝ったり会いに行ったりして言動で示すことが出来ますが、

すぐに会いに行けないので電話やライン、メールのどれかで行動しないといけません。この中で一番効果があるのは、スカイプなどの相手の顔を見て直接話すことです。

声のトーンでお互いの誠意が伝わりやすいので本音で話し合えるからです。

男性は自分から謝れない人も多いので関係を続けたいのであればあなたが大人の対応を見せて謝るということも手です。

あなたが謝ることで相手に謝罪しやすい雰囲気を作ってあげましょう。
 

ケンカになりそうなお金等の問題は事前に解決

遠距離になると、金銭的に負担がかかってしまいます。交通費だけでも海外だと場所によっては往復で数十万かかるということもザラです。

そのため、負担がどちらか一人に偏らないようにしてあげないと金銭的な問題で別れるということもあり得ます。会いに来てくれた方はデート代を出さなくても良いように配慮してあげたり、宿泊費なども工面してあげましょう。

留学をしている場合はホームステイの可能性もあり泊まらせてあげられなかったりするからです。

また転勤で寮生活の場合は親以外を宿泊させるのを禁止されていたりするので、せっかく会いに来てくれたらホテルで共に過ごす等の配慮も大切です。
 

気持ちが離れないように思い出を見返す

会えない日々が続くと近くにいる人に気持ちを揺さぶられたりします。そういう時は二人で撮った写真や動画を見返したりして思い出に浸る時間が大切です。

気持ちが離れそうな時は出会ったときや楽しかった思い出を見返すことで気持ちの揺れを止めることが出来ます。
 

会ったときは楽しい思い出をたくさん作る

遠距離の最大のメリットはマンネリ化しないことです。頻繁に会えないのでお互い会った時は新鮮で純粋に楽しむことが出来ます。会っている時を楽しい時間にすることで、タイムリミットまで濃厚な時間を過ごすことが出来ます。
 

お互いの状況を把握する

離れているからこそお互いの近況報告は欠かさないようにしましょう。

現在の状況を共有することで、相手が忙しいことやあなたが忙しくてなかなか連絡が返せないことを分かってもらえたりします。

また相手やあなたが仕事やプライベートで頑張っていることや打ち込んでいることを認識することで互いに尊重し合い励みになります。
 

話し合いの時間を作る

お互いのすれ違いを防ぐために話し合いの時間を持つようにしましょう。

話し合いではお互いがお互いに思っていることを打ち明けられるように心掛けることで、何に不満や不安を持っているのかを相手に伝えることができ、建設的な話しが出来るからです。

遠距離だからと言って全く相手に不満を打ち明けないということはお互いにとって良くありません。適度に打ち明けましょう。
 

遠距離恋愛で起こりがちなミスに注意しよう


何事にもNG行動があります。相手が出来る範囲を超えるようなワガママや不満を打ち明けても関係を悪化させてしまうだけです。ここでは、どんなことをしてはいけないのかを紹介していきます。
 

距離を理由にケンカをする

まずは、遠距離とお互い分かっているのにも関わらずに住んでいるところを理由に相手を責めることです。

距離に関しては相手にとってもどうすることも出来ずにただ「ごめん」と謝るしかなくストレスが溜まるだけですし失恋の理由になります。

予めお互いに理解していたのにも関わらず距離のことで喧嘩していては元も子もないです。
 

会わない期間を長くしてしまう

段々と疎遠になっていってしまうことは自然消滅の危機になるので避けたいところです。

疎遠になるのは会いに行くまでの距離にも関係があるでしょう。

なるべく会う前は「会って何がしたい?」「どこに行こうか」などの盛り上がるような話をして会いに行きたい気持ちを大きくすることが大事です。

また会った時のリアクションも喜びを全面に出すことでお互い楽しみであったことが分かるので会いに来てくれた方も「また会いたい」となるはずです。
 

お互い寂しい気持ちがあるのに一方的に責める

不満を打ち明けて良いと言いましたが、あまりにも一方的に「寂しい」や「会いたい」などと言って相手を責めるのは辞めましょう。

相手も我慢をしているはずですし優しい男性程、無理して連絡したり休みを取る等して負担をかけてしまうからです。

お互い寂しいのを我慢しているからこそ会える時を楽しみに普段の生活を頑張れるのです。

まとめ

 遠距離恋愛を成功させている方は、ここで紹介した8個のコツと3つのタブーを押さえているはずです。

現在、遠距離恋愛の方や今後遠距離恋愛になるかもしれない方は、是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

遠距離恋愛を成功させて結婚までのゴールインを噛みしめて下さい。



関連記事