2019.08.23

両想いと確信する瞬間?良い感じの人と交際まで発展させる恋愛テクとは

人を好きになるというのは、とても素敵なこと。ましてや、好きになった相手も自分のことが好きになってくれるなんて、奇跡のようなことです。

しかし、交際へと発展させるためには、告白という試練を乗り越える必要があります。多くの人は、「フラれるかも」と思うと、なかなか告白する勇気が持てないでしょう。

恋愛をスムーズに進展させるためには、男性の気持ちをくみ取ることも大切。

男性は、「両想いだろう」という確信が持てれば、自信を持って告白することができます。ということは、あなたがうまく「好きです」というサインを送ることができれば、告白の勇気を与えることができるということ。

また、男性が「好きです」のサインを送っていることもありますから、あなたが彼の気持ちに気づくことができれば、あなたから思い切って告白することだってできるでしょう。
では、男性はどういったときに「両想いかも」と確信するのか、交際まで発展させるテクニックについてご紹介します。

男性は両想いと確信してから告白する傾向にあるって本当?


女性のなかには、「自分からは告白できない」という人も多いはず。「告白は、男性からして欲しい」と思っている女性も多いでしょう。

しかし、男性だって告白してフラれるのは怖いもの。「好きになった」と気づいたからといって、すぐに告白をするわけではありません。
多くの男性は負け戦を避け、「両思いだろう」という確信を持ってから告白をする傾向にあります。
では、そんな男性はどんな時に両想いと確信するのか、ご紹介しましょう。

イケる確信があるから男らしく告白できる

「告白は、男性側からして欲しい」と思っている女性も多いはず。男性も、「男らしく、自分から告白したい」と思っている人が多いでしょう。

しかし、どんなに男らしい人であっても、フラれるのは避けたいと考えています。「どうせフラれる」と思って告白する男性は少ないでしょう。

そして、男らしく告白したからにはOKをもらって、交際へ進展させたいと考えています。

そのため、「だめかも…」と思いながら告白する男性は少ないということ。ある程度、「イケる」という確信を持てたときに、男らしく告白する男性が多いでしょう。

「彼から告白してほしい」と思うのであれば、「両想い」ということにあなたが気づかせることも必要です。

フラれるのが怖いから両想いと分かったときに気持ちを伝える

フラれるというのは、女性にとっても、男性にとっても辛いもの。思いが大きければ大きいほど、フラれたときのショックは大きくなるでしょう。

そのため、男性もフラれるのが怖いため「両思いだろう」という確信が持てないと、告白できない人も少なくありません。

最初は、「話せるだけで充分」「仲よくなれれば、それだけでいい」と思っていた相手であっても、思いが大きくなればなるほど、「彼女にしたい」という気持ちも大きくなるのではないでしょうか。

関係を崩したくないから両想いの確信が持てるまでは告白しない

片思いをしている人のなかには、「友達を好きになった」「同僚を好きになった」という人もいるはず。そんな人は、すでにふたりの間に友達、同僚といった関係性が作られているはずです。

なかには、小学生、中学生のころからの幼馴染という人もいるでしょう。そんな人は、その長い年月で築いてきた関係が壊れてしまうのは怖いものです。

こういった、すでに恋愛以外の関係性が作られている場合には、「フラれたら、この関係も壊れてしまう」と思い、「両想いという確信ができないと告白できない」と言う人が多いでしょう。

恋愛以外の関係性を築いてきた人にとっては、両想いかどうか、見極めが難しいと言えます。

男性が両想いと確信する瞬間を知って恋を有利に進めよう


どんなに男らしい男性でも、好きな女性にフラれるというのは辛いもの。そのため、「両想いだろう」という確信が持てないと、行動できない人が少なくありません。

ということは、女性側も「両想いだよ」という分かりやすい行動をすることができれば、男性も自信を持って告白できるということ。
では、男性が両想いと確信する瞬間はどういった時なのか、ご紹介しましょう。

ふたりっきりで会いたがる

友達関係や職場の仲間といった関係を築いてきた人は、「なかなか恋愛関係に発展させるのが難しい」と感じているはず。

万が一、告白して失敗してしまえば、いまの関係すら壊れてしまう恐れがありますから、なかなかアプローチできずにいる人もいるでしょう。

そんな人は、友達同士、仲間同士で会う機会を増やすのではなく、ふたりっきりで会う機会を増やすことがおすすめ。

ふたりっきりの時間が増えれば、男性側はそれだけで「もしかして、気があるのでは?」と思わせることができ、あなたの気持ちに気づかせるきっかけを作ることができるでしょう。

自分と会うときはいつも以上にオシャレしてくる

あなたは彼と会うとき、オシャレをしていますか?
なかには、「周りに気づかれないため」「自分の気持ちに気づかれるのが恥ずかしい」といった思いから、いつも通りのファッションで会っている人もいるでしょう。

しかし、交際へと発展させるためには、あなたの気持ちを彼に気づかせる必要があります。そのためには、いつも以上にオシャレをして会うことが大切。

彼は、いつもよりもオシャレしているあなたを見て、「かわいい」と思わせるだけでなく、「俺のために、オシャレをしてきたのだろうか?」と思わせることができるはず。
そうなれば、「両想いかも」と気づかせることができ、彼の背中を押すことができるでしょう。

ボディタッチをしてくる

男性は、女性よりも物事を単純に受け止めます。彼にアプローチしている人のなかには、計算をして近づいている人もいると思いますが、それでは彼にあなたの気持ちに気づかせることはできません。男性には、なによりも分かりやすい行動が一番。

そのなかでも、ボディタッチは男性にとっては分かりやすいアプローチ方法のひとつ。
ちょっとした会話のなかで、彼に触れることでドキッとさせることができ、「もしかして、俺のこと好きなのでは?」と思わせることができるでしょう。

そして、ボディタッチをすることでふたりの距離感も縮めることができるはず。
ただし、ここで注意したいのは、ボディタッチは好きな男性にだけすること。誰かれかまわずボディタッチをしていれば、「軽い女」と思われてしまう可能性があるため、注意が必要です。

頼ってきたり弱い姿を見せてきたりする

男性は、女性から頼られるというのは嬉しいもの。とくに、好きな女性から頼られると張り切る男性が多いでしょう。

実は、男性は頼られたり、弱い姿を見せる女性に出会うと「自分にすべてを見せてくれている」と感じるもの。好きな女性から「信頼されている」というのは嬉しいものです。その結果、「両想いでは?」と思う男性も少なくありません。

すでに、友達や同僚関係を築いているのであれば、彼に相談したり、ちょっとした弱みを見せてみましょう。「信頼されている」と思わせることができれば、彼も自信を持つことができるはずです。

誘ったときに必ずOKされる

好意を抱いている女性ができると、男性は誘ってくるもの。「次の休み、どこか行かない?」「今日、晩御飯でも食べに行かない?」といったように、何度も誘うことになるでしょう。

しかし、その誘いに何度か断られると男性は自信を失ってしまいます。「これは脈がないな」と思えば、もう誘われることもなくなるでしょう。
ということは、誘うたびにOKしている場合には「可能性がある」と思わせることができるということ。

彼から誘われたときには、できるだけOKするようにしましょう。

一緒にカップルスポットへ行ってくれる

彼とふたりっきりで出かけることもある人のなかには、いつもデートプランを彼が考えてくれる人もいるでしょう。

そんな人のなかには、彼から「ここに行きたいんだけど」と誘われたことがある人もいるはず。

実は、男性はわざとカップルスポットを選び、その誘いに乗ってくれるかを確認している人もいます。カップルスポットがOKということは、「両想いの可能性がある」と判断しているということ。

彼がどんなところに誘ってくるかも、要注意です。

付きあっていないのに手を繋いでくる

友達として、付きあいが長い人のなかにはフランクな付きあいができる人もいるはず。そんな人は、付きあってもいないにも関わらず、手をつないでみることもおすすめ。

男性は、付きあっていない女性から手をつながれるとドキッとするだけでなく、「彼女も、俺のことがすきなのかも」とあなたの気持ちに気づかせることができます。

あなたから手をつないでくるくらいですから、男性も自信をもって告白することができるようになるでしょう。

ほかの女性の話をするとムスッとしたとき

恋愛において、嫉妬は厄介なもの。する側にとっても、される側にとっても辛く、面倒なものです。
しかし、まだ付きあっていない関係であれば嫉妬も「かわいい」と思われるでしょう。

彼に「両想いなんだよ」と気づかせるためには、あなた以外の女性の話が出たときに軽く嫉妬するような行動をとることがおすすめ。

女性の話が出たとき、ムスっとした表情を見せることがで、男性は「嫉妬している?かわいいな」と思うと同時に、「これは両想いだな」と確信を持たせることができるでしょう。

ただし、交際後の嫉妬は「重い」と思われてしまうことがあるため注意が必要。かわいいと思われる程度の嫉妬で終わらせることが、交際も上手くいかせるコツのひとつです。

男性も両想いと確信させるために色々なテクニックを使っている


男性は、両想いだろうという確信が持てないと、告白できない人が少なくありません。なかには、男性でも「自分から告白できない」という男性もいるでしょう。

実は、男性から「両想いなんだよ」というサインを送っていることも。このサインに気づくことができれば、女性側から告白することもできるということ。
お互いが「両想いだろう」という確信を持つことができれば、もっとスムーズに交際へと発展させることができるでしょう。

では、男性はどんなサインやテクニックを使っているのか、ご紹介します。

下の名前で呼ぶ

あなたは、彼からどんなふうに呼ばれていますか。あだ名で呼ばれている人もいれば、苗字で呼ばれている人もいるでしょう。

実は、好意を抱いている女性に対し、下の名前で呼ぶ男性が少なくありません。下の名前を呼ぶというのは、やはりある程度の関係性を築いていなければ呼べないもの。

そのため、好意を抱いていることを名前で呼ぶことでサインを送っている男性もいます。
突然、呼び方が変わったときには両想いのサインかもしれません。

おごったり家まで送ったりとサービスする

男性は、好きな女性は「大切にしたい」と思うもの。そのため、好意を抱いている女性に対して、さまざまなサービスをします。

たとえば、食事に行った際にはご馳走してくれるでしょうし、帰り際は駅や家まで送ってくれるでしょう。

もちろん、なかには女性であれば誰に対してでもこういったサービスをする人がいますが、誰にでもやっていることか、そうじゃないかはすぐに分かるもの。彼の女性への接し方をチェックすれば、すぐにわかるでしょう。

あなたに対し、特別なサービスをしている場合には、あなたに好意を抱いているというサインです。

嫉妬している姿を見せる

男性も、好きな女性がほかの男性と仲よくしていたり、楽しそうにしている姿を見ると嫉妬してしまいます。

そして、その嫉妬心をわざとあなたに見せる場合には、両想いのサインを送っている可能性が高いでしょう。

本来、男性はプライドが高い人が多いですから、あまり嫉妬心は見せたくないもの。しかし、わざとあなたに見せるということは、「俺の気持ちに気づいて」という意思表示でもあります。

「この間、ずいぶんと楽しそうに話しをしていたね」なんて彼から言われたら、両想いの可能性が高いでしょう。

頻繁にLINEをしたり電話をかけたりする

男性は、LINEなどで連絡を取ることが「面倒」と思っている人が少なくありません。しかし、好きな女性に対しては一生懸命。

そのため、頻繁にLINEをしてきたり、電話をかけてくる場合には、あなたに気がある可能性が高いです。

とくに、ほかの女友達には全然連絡していないのに、あなたにだけ頻繁に連絡がくるということは、あなたに好意を抱いている証拠。

LINEや電話で一生懸命自己アピール、アプローチしているということです。
とくに、恋愛下手の人にとってはアプローチ方法が分からない人が多いですから、こういった分かりやすい方法でアプローチしてくるでしょう。

まとめ


好きな人が現れると、最初のうちは「友達になれたら」「話せるだけで充分」と思う人も多いでしょう。そこから時間が経ち、距離感が縮まり、どんどん相手の魅力を知ったら「恋人になりたい」と気持が変わるもの。

しかし、告白となると「勇気がでない」という人が多いのではないでしょうか。
それは、男性にとっても同じこと。「フラれたら、友達でもいられなくなる」と思うと、一歩踏み出せない人が多いでしょう。

そんな男性も告白に踏み切れるのは「両想いだろう」という確信を持てたとき。両想いという確信が持てれば、男らしく告白することができます。

ということは、あなたも彼に気があるのであれば、「両想いだよ」というサインを送ることが大切。いままで自信がなくて告白してこなかった男性も、あなたのサインに気づけば、告白することができるでしょう。

また、男性から「両想いだよ」のサインを送ってくることもあります。そのサインに気づくことができれば、恋愛はもっとスムーズに進めることができるはずです。
女性は勘が鋭いですから、「両想いかも」となんとなく感じた時には、自分から告白するのもいいかもしれません。(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事