2019.10.05

失敗したくない初デート…成功しやすい場所や選ぶ際の注意点って?

「ずっと想いを寄せていた人と、やっと初デートにこぎ着けました。しかし、場所をどのように決めたら良いか?また、場所を選ぶ際の注意点は何か?知りたいと思います」と、悩む男女がいます。

初デートは、今後があるのか?ないのか?、デートをする場所に関わってくるでしょう。

そこで心理カウンセラーが、初デートの場所の決め方や注意点、またNGな場所や行動まで、初デートの場所について徹底的に掘り下げていきます。分かりやすく丁寧に解説し、ご紹介していきましょう。初デートをどこでするか迷っている男女は必見です!

初デートの場所の決め方って?


まず、初デートの場所の決め方について、分かりやすくご紹介していきます。初デートには、重要なポイントになりますのでしっかりご覧ください。

ふたりで相談する

初デートの場所の決め方は、ふたりで相談するのは当然ですね。一方的に決めるのではなく相手の希望を聞いたり、自分の意見も言うと良いでしょう。古くから男性の決めたことに女性が従うみたいな構図が、暗黙の了解でありました。しかしピッタリとハマれば良いですが、そうじゃないと次が無くなることもあったのです。

初デートは、あくまでもふたりが楽しむことを前提に、ふたりで相談することが大事だと思います。女性は一歩下がり男性の意見に従うという古臭い考え方は、いまどきは考えられないと思います。

何時解散かを決める

初デートの場所の決め方は、始めに何時解散かを決めると、決めやすくなるでしょう。
相手をあまりよく知らないうちから、一日中デートはちょっときついと思います。なぜなら長時間一緒にいると、話しが途切れたり話題を探すのに苦労することが考えられるからです。

初デートは2・3時間位に留めておいた方が、お互い気持ちの負担が無いでしょう。明るいうちの解散は「まだ早いので、もうちょっと一緒にいたい!」など、ちょっとお名残り惜しさを残して解散するのがポイントです。その方が、また会いたくなり次に繋がっていくことでしょう。

最初は食事するだけでもOK

初デートの場所の決め方は、最初は食事するだけでもOKだと思います。2・3時間の初デートとなると、ちょうど食事の時間ぐらいになるでしょう。そこで、明るいランチデートをおすすめしようと思います。気分まで明るく清々しくポジティブな感じですよね。

初デートからいきなりディナーだと、ムードや雰囲気があり過ぎて、男性が意気込み過ぎることが考えられます。本心より下心が優先してしまう場合があるからです。
最初は相手を知ることから始まるので、明るく楽しい雰囲気のランチデートするだけでもOKだと思います。

通話しながら行きたい場所を出し合う

初デートの場所の決め方は、通話しながら行きたい場所を出し合うのも良いでしょう。それぞれ行きたい場所を出し合い、一致した場所がお互いに楽しめる場所だと思います。

ふたりで決めて、ふたりで行きたい場所に行くことができるなんて、もちろん一方的に決められるよりも何倍も楽しめることしょう。

通話しながら行きたい場所を出し合うメリットは、直接会って話しするよりハードルが下がり聞きやすく話やすいということがあります。なぜなら、お互いあまり知らない者同士が相手の表情が見えると逆に情報が多過ぎ、深読みして話せなくなることもあるからです。何でも見えれば良いというものではないと思います。

初デートが上手くいきやすい場所って?


次に、初デートが上手くいきやすい場所を、分かりやすくご紹介します。初デートの場所で悩んでいる人は必見です!ぜひ参考にして下さいね。

お互いの趣味や好みに合っているスポット

初デートが上手くいきやすい場所は、お互いの趣味や好みに合っているスポットは外せないでしょう。お互いの趣味や好みが合っているということは価値観も合っていると思われます。

価値観が合っていれば、お互いの趣味や好みに合っているスポットは、初デートが間違いなく上手くいく場所でしょう。

まずは、お互いの趣味や好みが一緒でなければ、成立しない話かと思います。しかし、似たような趣味や好みでも良いのです。徐々に近づいていけば良いと思いますので、お互いの妥協線から接点を見い出しましょう。わりとスムーズに、お互いの趣味や好みに合っているスポットが見つかると思います。

会話のネタが尽きない?水族館

初デートが上手くいきやすい場所は、会話のネタが尽きない?水族館も良いですね。幻想的な世界に会話のネタが次から次へと出てくるでしょう。深海に沈んだかのような演出に、「凄いわね!綺麗ね!可愛い!」と、繰り返すだけでも、会話が成り立つのが不思議なくらいです。

別世界に行ったかのような、周りの息を飲むような演出に、思わず手を繫いでしまいそうになると思います。初デートから急接近し、恋人状態になる可能性も高いでしょう。
まさに、初デートから上手くいきやすい場所と言えますね。今後も期待できるでしょう。

定番の映画デート

初デートが上手くいきやすい場所は、定番の映画デートもムードがあって良いと思います。身近にありそうな話題の純愛映画か、泣かずにはいられないほどの大恋愛映画が良いでしょう。お互いの気持ちも盛り上がり、薄暗い中で手を固く握り合ってしまいそうですね。

始めは、お互い半信半疑の気持ちも、映画の感動とともに、自分達の気持ちも高揚するでしょう。

まるで映画の主人公にでもなったかのように、恋に落ちてしまうのです。映画全体の雰囲気が、半信半疑のふたりの気持ちまでも動かすなんて、まさに初デートが上手くいきやすい場所だと思います。

おしゃれなカフェ

初デートが上手くいきやすい場所は、王道なおしゃれなカフェも考えられますよね。
ふたりでおしゃれをして、おしゃれなカフェも素敵ですね。絵になるような光景だと思います。会話も今どきの、ファッションやトレンドの話しから始めても良いでしょう。

ただし、同じ傾向のファッションセンスを持ち合わせたふたりなら、すんなり無理なく自然に上手くいきそうですが、始めからお互いのファッションセンスまで知る由はないですよね。多少違ったファッションセンスにせよ、今どきのトレンド情報ぐらいは、ふたりとも押さえておくべきでしょう。

あまり混んでいないテーマパーク

初デートが上手くいきやすい場所は、あまり混んでいないテーマパークをおすすめします。人気スポットで混んでいるようなテーマパークではなく、あまり混んでいないテーマパークがミソなのです。ゆっくり内容に浸れるし、何より静かに会話ができるところが良いと思います。

そして、テーマパークのたくさんの話題で、話しも途切れることはないでしょう。豊富な話題の会話の中からお互い相手が分かりやすく、今後のことが見えてくるでしょう。初デートの場所にテーマパークは、上手くいきやすい場所なのです。次からも期待できますね。

流行りのスポット巡り

初デートが上手くいきやすい場所は、 流行りのスポット巡りも良いでしょう。こちらも話題がたくさんあるので、話しに詰まるようなことは無いと思います。

流行りのスポットも、旬なものから王道なものまで幅広くあるので、どの順番で流行りのスポット巡りするか事前の話し合いが大切になるでしょう。

むしろ、どのように流行りのスポット巡りするか、ふたりで相談するところから楽しめそうですね。この話し合いからすでに初デートが始まっていると思います。

このときの話し方話す内容によって、お互いが分ってくるでしょう。ですから、このときから楽しんで話すことができれば、初デートも上手くいきやすいと思います。

景色をネタに話せる!ドライブデート

初デートが上手くいきやすい場所は、景色をネタに話せる!ドライブデートも良いでしょう。ドライブデートはふたりだけの空間が、誰にも邪魔されず話しもしやすいのです。景色が変わる個室状態が、周りの美しさも加わり、気分も盛り上げてくれることでしょう。

移り変わる美しい景色のネタはもちろん、移動中にはプライベートなことも聞けると思います。お互いの性格もある程度掴むことができ、次へのステップになることでしょう。

まさに初デートにして急接近が望め、上手くいくシチュエーションと思います。忘れられない初デートになりそうですね。

じっくり会話できる公園散歩

初デートが上手くいきやすい場所は、あまりお互いを知らないふたりは、じっくり会話できる公園散歩が良いと思います。初デートなので、じっくり会話ができてお金も掛からず、気兼ねなく話しができるでしょう。

芝生の緑と空の青さが際立つような公園散歩の初デートだったら、素直に自分の気持ちを表せそうですね。こんな状況でじっくり会話できたら、お互い気持ちがはずみ、また会いたくなることでしょう。初デートで上手くいく可能性は大きいですね。ずっと心に残る初デートになると思います。

初デートの場所選びに潜む落とし穴


そして、初デートの場所選びに潜む落とし穴を、分かりやすく解説します。初デートには今後が懸かっているのです。場所選びを慎重に進めていても、思わぬ落とし穴に遭遇し兼ねません。その落とし穴に遭わないよう、ぜひ次の解説を参考にして下さいね。

会話が詰まりそうなところを避ける

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、会話が詰まりそうなところを避けるべきですね。初デートはただでさえ緊張して、上手く話せなかったりすると思います。そんな中、会話が詰まりそうな場所は始めからNGだと思って間違いないです。

たとえば、高級レストランとかでしょうか。男性が気合いを入れ、始めから高級なホテルのレストランとか有名シェフがいるレストランに予約とかは、あまりの高級感に言葉を失ってしまいそうです。もちろん大きな声を出したり大声で笑うこともマナー違反になります。

それにドレスアップもしなければいけません。女性はドレスとドレスに合ったバッグに靴を用意し美容室にも行ったりと、何だか凄い初デートですね。

男性ももちろん、それなりのすスタイルで女性をエスコートしなければなりません。こんな初デートは、デートをする以前に疲れてしまいそうですよね。

カラオケやボウリングは話せないのでNG

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、カラオケやボウリングは話せないのでNGです。
カラオケやボウリングは目的が違って、ゆっくり話をする所ではなく、レジャーを楽しむ所になります。周りはうるさく話し声も聞きずらいので、当然初デートには向きませんよね。

カラオケやボウリングは恋人同士になった時に、何回目かのデートで行っても良いと思います。そのときに思いっきりカラオケやボウリングを楽しめば良いのです。初デートは騒音のない静かな雰囲気の場所がおすすめです。

上手く話しができないからと、頑張って歌ったりボウリングの結果を良くして盛り上げ、アピールしようとする人がいます。しかし、話しがしっかりできなければ、相手はどこを向いているのか分らないのです。方向性を伺うためにも、始めから一人だけで楽しみ盛り上がるのは、独りよがりでNGと思います。


こちらの趣味に無理矢理付き合わせない

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、こちらの趣味に無理矢理付き合わせないのが大事です。始めから片方にだけ合わせるような場所選び、特に趣味に無理矢理付き合わせるようでは、先が思いやられます。いや、先が無いかも知れません。最も大事な初デートの場所選びにはNGですね。

お互いの同じ趣味で決めた場所だったら、初デートから最高に楽しめ、先が約束されることでしょう。ところが趣味が合わないのを無理に付き合わされる身にもなってみて下さい。全然楽しくなく苦痛さえ感じられ、恐らく最悪な結末も予想されますね。ですので事前の話し合いで、お互いの趣味趣向は、しっかり押さえておくべきでしょう。

家や個室は避ける

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、家や個室は避けるべきです。ゆっくり話ができるからと、家や個室も候補に上がるかも知れませんが、それは止めた方が良いでしょう

。なぜなら、ただでさえ緊張しまくりの初デートなのに、始めから家や個室では、途中から息が詰まり会話もできなくなりそうだからです。

家や個室はの初デートは、あまりにもハードルが高く、邪魔するものがなくゆっくり話せるがゆえに何を話せば良いのか、途中からしどろもどろの会話に詰まる様子は、男性の頼りなさが目立つでしょう。

お互い疲れ果ててしまい「もう2度と会いたくない!」と、なり兼ねないと思います。これでは、思い出したくもない初デートになってしまいそうです。

遠出はしない

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、遠出はしない方が無難でしょう。遠出をするということは移動時間が掛かり、初デートから長い時間一緒にいることになります。

まだお互いを探り合うようなところもあるので、長時間一緒に居ては、話題も無くなり会話が 持たないことが考えられるので遠出はNGです。

恋人同士なら遠出をして、ずっと話をしないでいても楽しく過ごせるでしょう。しかしまだお互いをあまり知らない者同士の初デートは、話をしないで通すのは暗雲が立ち込め怖さすら感じると思います。

その沈黙に息苦しさを感じ耐えられなくなり、逃げ出したくなることでしょう。そうなると次は考えられないですね。

コストが掛かりすぎないプランを出し合う

初デートの場所選びに潜む落とし穴は、コストが掛かりすぎないプランを出し合うことが大事です。初デートだからと気合いを入れ奮発して、自分が全て持つからと高額なプランを出してくる男性がいます。女性にとっては、そうなると言いたいことも言えないようで同等にならず、むしろ嫌な気分になりますよね?

お互いの経済状態にもよるかも知れませんが、始めからコストが掛かりすぎは経済的にも気持ち的にも負担を抱えることになると思います。それでは初デートが楽しいものにはならず、次は無いかも知れません。そもそもプランを出し合う段階から一方的でNGですね。

恋人同士になり、例えば誕生日やクリスマスには、ちょっと贅沢なプランを考えても良いでしょう。しかし、今後どうなるか分らない初デートでは、コストが掛かりすぎないプランを出し合うのが無難だと思います。

初デートの場所より意識したいポイント


さらに、初デートの場所より意識したいポイントを、分かりやすくご紹介します。初デートでは、場所よりも大事なものがあることもお伝えしておきましょう。

服装・髪型の清潔感を出す

初デートの場所より意識したいポイントは、服装・髪型の清潔感を出すことは必須ですね。初デートに、寝ぐせが付いていたり、起きたばかりの格好にカーディガンとサンダル、女性はスッピンで登場などは、どんなに恋焦がれた相手でも、百年の恋も冷めてしまうでしょう。

初デートこそ、服装・髪型の清潔感が大事なのです。始めから相手に対するマナーができてない人は、その人自身を疑いたくなりますよね。前の晩飲み過ぎて起きられなかったなどの言い訳を言おうものなら、もうデートをキャンセルしてしまいたくなるでしょう。

それだけ身なりというものは大事なことなのです。よく『外見より中身』という人がいますが、中身の分らない者同士が会うからには、特に外見が大事で、外見から判断されると思います。どんなに仕事ができる人でもヨレヨレのスーツでは、できる人に見えないのと一緒ですよね。

楽しむことを忘れない

初デートの場所より意識したいポイントは、楽しむことを忘れないのは、もちろん大切なことです。何よりもふたりが楽しむことを忘れない初デートでなければ、今後も楽しくないと想像してしまうでしょう。楽しくなければ、次が無いと言っても良いくらいに重要なことなのです。

初デートは、緊張でぎこちない感じになる場面もあると思いますが、その中でも楽しむことを忘れないで、楽しむ努力が必要になってきます。そのためにも相手を知らなければ難しくなるので、事前に相手の趣味趣向は最低限押さえておく必要があるでしょう。

その上で、楽しめる場所をふたりで出し合い色々な状況を想定して、頭の中でシミュレーションをしておくと良いと思います。もちろん、想定外のときのアドリブも必要になってくるので、日頃から視野を広くしておくことが大事になるでしょう。

気まずい雰囲気になっても焦らない

初デートの場所より意識したいポイントは、気まずい雰囲気になっても焦らないことが大事です。お互い気心が知れない者同士の初デートは、気まずい雰囲気になっても不思議ではないでしょう。ですので焦らないで、話を切り替えるなり、相手の気持ちに差し障りが出たなら、素直に謝る姿勢が大事になってきます。

そういう気まずい雰囲気になったらどうするか?も、考えておくと良いでしょう。とにかく、自分の話しばかりしないで相手の話も聞き、コミュニケーションをしっかり取ることが重要になってくると思います。

その中でお互いの接点を見い出し、極力気まずい雰囲気になるような会話は避けるべきでしょう。会話や言葉の端々に、性格が出てくるものです。些細なことでも見逃さず、ある程度の性格は把握するよう、気を付けて見ておくことをおすすめします。

会話のネタをあらかじめ用意しておく

初デートの場所より意識したいポイントは、会話のネタをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。初デートの場所が決まったら、場所にちなんだ話題や趣味趣向の話など、ある程度の会話のネタを用意しておくと安心ですね。

相手の趣味趣向の話しを聞き出し自分との共通点があると、急に話しは盛り上がるでしょう。その他にも共通点を探すと、楽しく話しは続いていくと思います。そうなると、お互いにとても楽しい時間を過ごすことができ、今後を約束することになるでしょう。

その他の会話のネタとしては、旬なニュースなども良いと思います。そのとき気を付けたいのは、ネガティブな旬なネタで暗くならないように、できるだけポジティブな旬なネタを用意すると良いでしょう。

まとめ


いままで失敗したくない初デートとして、成功しやすい場所や選ぶ際の注意点を、分かりやすく丁寧に解説し、ご紹介してきました。

まず初デートの場所の決め方は、ふたりで行きたい場所を出し合い相談するのはもちろんのこと、何時解散かを決めて、最初は食事するだけでもOKということです。緊張感でいっぱいの初デートは短時間で済ませた方が無難と言えますね。

初デートが上手くいきやすい場所は、趣味趣向に合っているスポットや水族館、映画館、おしゃれなカフェ、混んでいないテーマパーク、流行りのスポット巡り、ドライブデート、公園散歩などを挙げました。いずれにせよ、あまり混まないでじっくり会話ができる場所が、初デートが上手くいきやすい場所なのです。

初デートの場所選びに潜む落とし穴に対しては、会話が詰まりそうな所や話しができないカラオケやボウリングまた家や個室はNG、自分の趣味に無理矢理付き合わせないし遠出はしない、さらに低コストのが掛かりすぎないプランを出し合うことが大事です。

普通のデートなら差し障りの無い場所でも、初デートとなるとふたりの今後が懸かっているので、落とし穴には気を付けましょう。

さらに、初デートの場所より意識したいポイントとして、服装・髪型の清潔感を出すことや楽しむことを忘れない、気まずい雰囲気になっても焦らない、会話のネタを用意しておくなどを挙げました。初デートの場所よりも大事なことなので、このことはしっかり頭の中に入れておきましょう。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事