2019.11.08

好きな人を振り向かせるには?アプローチ方法やおすすめテクニックを紹介!

片思いをしている全ての女性が気になることといえば「好きな人を振り向かせる方法」ではないでしょうか?

「男性って何をされると喜ぶの?」「どんなLINEを送ればいいの?」とわからないことだらけですよね。

そこで今回は、好きな人を振り向かせる効果的な方法やLINEの送り方など、好きな人を振り向かせるテクニックを徹底解説します。

好きな人との距離が縮まらずお悩みの女性は必見です!

好きな人を振り向かせる自分磨きとは?


好きな人を振り向かせるには自分の内面のよさをアピールすることも大切ですが、自分磨きをしてキレイな女性、かわいい女性でいる努力も必要です。自分磨きをすると見た目の女子力が上がるだけでなく、内面の魅力もUPします。

ここでは、好きな人を振り向かせるための自分磨きの方法をご紹介します。

片想い中の相手が好きなタイプを目指す

自分磨きをするときのポイントは、具体的な目標を見つけることです。好きな人を振り向かせるというのが最終目標にはなりますが、もっと詳細に設定しておくと最終目標に向かって何をすべきかが明確にできます。

まず、好きな人を振り向かせるには相手の好きなタイプを目指す必要があります。片想い中の相手の好みのタイプをリサーチし、紙に箇条書きしてみましょう。

たとえば、片想い中の相手が髪の長い女性が好き・スカートスタイルが好き・知的な女性が好きだったとします。この場合あなたが自分磨きですることは、髪を伸ばし、スカートが似合うようにダイエットし、知的になるために読書などで知識を増やすことです。

自分磨きは継続しておこなうことが大切。途中で挫折しないよう、具体的な目標を決めておきましょう。

スキルを身に付けたらアピール 

自分磨きをしてスキルを身につけたら、好きな人にアピールしてみましょう。
恋は先手必勝なので、アプローチしたもの勝ちです。もしライバルがいた場合、あなたがほかのライバルよりも優れていることがアピールできれば有利になります。

資格の勉強をして合格したときなどは、真っ先に彼に報告してみてください。そのときに「〇〇君に褒められたくて頑張ったんだ」なんて言うと彼もドキッとするはずです。

経済的に自立をする

好きな人を振り向かせるには、経済的に自立することも大切です。
学生ならまだしも、あなたや片想いの男性が結婚適齢期なら、恋愛の先に結婚を考えることもあるでしょう。

経済的に自立していない女性は男性からすると「自分が面倒を見ないといけないのかも?」と思い、恋愛対象から外されてしまうかもしれません。

だから、好きな人を振り向かせるための自分磨きとして仕事を頑張ってみましょう。
仕事が充実すれば経済的に安定するだけでなく気持ちにも余裕ができます。いまよりいいスキンケアアイテムが買えたり、生活習慣や改善され美肌になったりといいことづくめですよ。

相手と共通の趣味を持つ

自分磨きの中で趣味を持つ、新たなことにチャレンジするという女性も多いでしょう。好きな人を振り向かせたいなら、自分磨きの一環で相手と共通の趣味を持つのもおすすめです。

たとえば好きな人が趣味のサークルに入っているなら、あなたも参加して一緒に楽しむのもいいでしょう。趣味が増えれば生活が充実しますし、彼との距離も縮まりやすくなります。

相手の趣味がわからないという女性は、彼と共通の友人に聞いてみたり、直接聞いてみましょう。

好きな人を振り向かせるテクニック!日常編


好きな人を振り向かせるには彼との距離を縮める努力が必要です。でも、まだそこまで親しい仲でなければいきなり距離を縮めるのは難しいですよね。まずは彼に興味を持ってもらうことからはじめましょう!

ここでは、日常的に試せる好きな人を振り向かせるテクニックをご紹介します。

会う回数を増やそう!

好きな人を振り向かせるには合う回数を増やし、できるだけあなたが気になる男性と接触する回数を多くすることが大切です。人間は、会う回数が多い人や見る回数が多いものに親近感を抱きます。

これを心理学では単純接触効果といい、好きな人を振り向かせるのにも使える方法です。同じ職場の人や同じクラスの学生が恋愛に発展しやすいのは、単純接触効果によるものだと考えられます。

ふたりきりで会うのは難しいという人は、挨拶やすれ違う回数を増やすだけでも効果アリです。彼の視界に入る回数を増やすことで単純接触効果が働き、ふたりの距離が近づきやすくなります。

聞き手に回って話させる

好きな人を振り向かせる方法としては、女性が会話の聞き手に回ることも効果的です。女子は基本的におしゃべりが大好き。なので誰かと会話をしているとつい自分の話を聞いてもらうことばかり考えがちです。

確かに、自分の話を聞いてもらえるとスッキリしますし、相手に対して心を開くことも多いですよね。

人は、相手に親切にしてもらうとそれ以上の好意や親切をもって返したいという気持ちが働きます。心理学ではこれを返報性の法則といい、好きな人を振り向かせる恋愛テクニックにも応用できます。

彼と会話をするときはあなたが聞き手に回り、できるだけ彼に話させましょう。真剣に話を聞いてくれるあなたに対して、彼は好意を抱くはずです。

褒めたり認めたりする

好きな人を振り向かせるなら、会話の中で彼を褒めることを意識しましょう。男性は褒め言葉に弱いもの。褒められると「自分を認めてくれている」と承認欲求が満たされ、相手に対して好意を抱くことも多いのです。

先ほど、返報性の法則とは親切にしてもらうと相手にそれ以上の好意を返したくなる心理だということをご紹介しました。ほかにも、返報性の法則には褒められると自分も相手を褒めたくなるという効果があります。

男性なら「かっこいい」「うらやましい」という言葉で嫌な気持ちになる人はいないはずです。好きな人を振り向かせるために、褒め上手な女子になりましょう。

名前で呼ぶ

好きな人を振り向かせるなら、ちょっと勇気を出して彼のことを名前で呼んでみましょう。苗字で呼ぶよりも、名前で呼ぶほうが一気に親密度が高くなった気がしますよね。ひとつ注意したいのが、現在の彼との距離感。

あまり親しくないのに急に名前で呼ぶと「失礼な子だな」「馴れ馴れしいな」とイメージダウンになってしまうこともあります。

好きな人と普段は挨拶をする程度の仲ならいきなり呼び捨てにせず「〇〇さん」「〇〇くん」と呼んでみましょう。もしくは、周囲からよく呼ばれるニックネームがあればそれでも構いません。

あなたが呼び方を変えれば、次に会うときには好きな人から名前で呼んでもらえるかもしれませんよ。

共通の話題を作る

恋愛で相手を好きになる条件をして多くの人が挙げるのが「気が合う」「共通点が多い」ということです。だから好きな人を振り向かせるためには、相手と共通の話題を作って「この子は俺と合うかも!」という気持ちにさせるのも効果的。

共通点が多いほど会話も盛り上がるし相手があなたのことを気になる確率も高くなります。些細なことでもいいので、趣味・好きな食べもの・よく見る番組・好きなブランド・誕生日・血液型など、できるだけ多くの共通点を見つけましょう。

優しい言葉遣いをする

多くの男性にとって理想の女性とは、おしとやかで健気、思わず守りたくなるようなか弱い人です。好きな人を振り向かせるためには、あなたが男性にとって理想の女子になってみましょう。

特に言葉遣いは重要です。サバサバして厳しい話し方ではなく、優しく話すことを心がけます。「まじ」「やばい」「~じゃね?」などの男性っぽい言葉はNG。品のある言葉遣いをして、好感のもてる言葉遣いをすることが大切です。

好きな人の前で無理に演技をする必要はありませんが、普段から言葉遣いに気を付けておくと自然な振る舞いができるようになりますよ。

好きな人を振り向かせるテクニック!LINE編


いまやLINEはコミュニケーションツールとして日常に浸透しています。恋の始まりがLINEだった人は多いはずです。LINEは女性が好きな人を振り向かせるには有効な方法ですが、送るときのポイントを知っておくとさらに好印象を与えられます。

ここでは、LINEで好きな人を振り向かせるテクニックをご紹介します!

質問形式で返信しやすいメッセージを送る

LINEで好きな人を振り向かせる方法1つ目は、質問形式のメッセージを送ることです。
完結型のメッセージは相手が返信内容に困りやすく、めんどくさくなっていまう可能性が高まります。

質問形式といっても「どう思う?」「どうしたらいいかな?」という内容も相手が意見を考えないといけないので手間がかかりますよね。質問形式のLINEを送るときは「〇〇と〇〇ならどっちがいいかな?」という風に選択式にするのがおすすめです。

LINEで好きな人を振り向かせるコツは、相手が返信しやすい内容の質問にすることです。メッセージを作成するときに、メッセージを読んだときの相手の反応を予測しながら内容を考えてみてくださいね。

長文はなるべく避ける

LINEで好きな人を振り向かせる方法2つ目は、長文メッセージを避けることです。
長文メッセージはたいてい2つ、3つ以上の話題が含まれていて、返信も長くなりがち。さらに読むのも時間がかかる上に返信を打つのも手間がかかる……とあまりいいことはありません。

LINEで好きな人を振り向かせるなら、できるだけメッセージは簡潔にして、1つのメッセージに入れる話題は多くても2つまでにしましょう。もし好きな人が仕事に忙しい社会人男性なら、休憩時間や仕事終わりにサラッと読めるLINEのほうが好まれます。

学生の場合でも、授業の合間やバイト前などの隙間時間に返せる短い内容なら「いま返信しておこうか」という気持ちになりやすいはずです。

LINEのメッセージを作成したら、送信前に読み返して文章が長すぎないか、1つのメッセージに何個も話題をいれすぎていないかをチェックしてくださいね。

写真からトークを膨らませる

LINEで好きな人を振り向かせる方法3つ目は、写真や動画を利用してトークを膨らませることです。文章だけでもトークが盛り上がることもありますが、写真や動画を送るとさらに相手の興味を惹きやすくなります。

印象にも残りやすく「もしかして俺のためにこの写真を撮ってくれたのかな?」と思われる可能性も。ただしLINEで粋な人に写真や動画を送るときは、あくまで相手が好きそうなものをチョイスすることが振り向かせるポイントです。

彼が知らない人の写真や、友人同士で盛り上がった内輪ネタの写真は送られても反応に困ってしまいます。好きな人の趣味に関する写真や、ペットの写真などをチョイスすると良いでしょう。

ときには通話をする

LINEで好きな人を振り向かせる方法4つ目は、ときには通話をしてみることです。
LINEのメッセージだけでも好きな人を振り向かせることができますが、通話をすると一気に距離が縮まって恋が実る確率もUPします。

とはいっても急に電話をかけても出てもらえなかったり、会話が盛り上がらず沈黙が続いてしまったりするかもしれません。彼との電話を成功させるには、あらかじめメッセージで「なんだか電話したくなっちゃった」「緊張して上手く話せないかも」と前フリしておくのがおすすめです。

電話したいと言っておけば彼が都合のいい日を教えてくれるかもしれなません。それに、先に上手く話せないかもと言っておけば沈黙が続いても不自然に思われることも少ないですよね。

あなたとの電話が楽しいと思ってもらえるよう、好きな人と通話をするときはリアクションは大きくして、ハキハキと話すことを心がけましょう。

好きな人を振り向かせるテクニック!アプローチ編


好きな人を振り向かせるには、受け身の姿勢ではなく自分からアプローチする努力も大事です。多くの男性は女性からのアプローチを歓迎しているので、好意を見せることが恋愛で不利になることはあまりありません。

次に、好きな人を振り向かせるアプローチ方法をご紹介します。男性を惹きつける小悪魔テクニックもお伝えしますので、ぜひ明日から試してみてくださいね。

笑顔を大切に

好きな人を振り向かせるアプローチ方法として、いつも笑顔でいるというのは絶大な効果があります。どんな時も笑顔でいる女性は誰から見ても好印象です。笑顔の人を見ると親切で優しそうな人だと感じませんか?

挨拶をするとき、話しているとき、笑顔で接してもらうと心を開きやすいですよね。好きな人と話すときは相手の目を見て笑顔であいづちを打ちましょう。呼ばれて振り返るときもできるだけ笑顔を心がけ、好きな人から「いつもニコニコした愛想のいい子だな」と思ってもらえるようになりましょう。

一緒にいて癒やされるように振る舞う

男性がよく言う「一緒にいて癒される」というのは、顔や容姿のことではなく内面的なことがほとんどです。批判的な発言が多いは男性からすると一緒にいて疲れやすく、彼女や奥さん候補から一番に外されます。

なので好きな人を振り向かせるアプローチ方法としては、男性に対して批判的なことは言わず、基本的に相手の意見に賛同するのがおすすめです。好きな人が「俺って間違ってる?」なんて聞いてきても「あなたが正しいよ」と常に肯定してあげるのです。

自分を認めてくれる女性は男性にとって癒される存在ですので、もっと一緒にいたい、一緒にいると落ち着く女性と思われるはずです。

悪口は言わないで楽しい話題で盛り上がる

悪口というのは褒め言葉よりもスラスラ出てきますし、女性同士ではよく話題が盛り上がるテーマですが、好きな人を振り向かせるアプローチ方法としてはNGです。

悪口を言っているときの表情はあまり魅力的ではなく、可愛い女性ですら醜く見せてしまうことがあります。好きな人を振り向かせるためには、悪口は封印して楽しい話題で盛り上げるようにしましょう。

いつもの癖で「つい悪口を言ってしまう……」という女性は、「でも」「だって」「けど」の3つのネガティブワードを使わず会話するのがおすすめです。そうすれば自然と明るい話題が増え、悪口を言わずに会話を進めることができますよ。

香水とボディタッチで惑わす

好きな人を振り向かせるアプローチ方法として、香水とボディタッチで男性を惑わせるというのも効果的です。人間の記憶は嗅覚と密接に関係しているので、印象的な香りの女性は時間が経っても記憶に残りやすくなります。

ボディタッチは「あなたに好意があるよ」という気持ちを伝える最もわかりやすい方法です。好きな人にボディタッチをするときは、二の腕や手がおすすめです。脚や太ももにボディタッチをするとエッチなことを連想させやすくなるので、できるだけ上半身に触るのがいいでしょう。

香水をつけて彼にボディタッチをすれば、好きな人の印象に残ること間違いなしです。

あざとくならない程度に男性が好きな仕草をする

好きな人を振り向かせるには、髪を耳にかける、服の裾をつかむなどの女性らしい仕草でアプローチする方法もおすすめです。あまりわざとらしいと不自然に思われるかもしれないので、あくまでさりげなく、自然にすることを心がけてくださいね。

ほかにも彼の服についたゴミを取る、椅子に座っているときにさりげなく脚を組みかえるというのもいいでしょう。

胸元を見せるような仕草は品がないと思われたり、ほかの男性にも同じことをしていると思われるかもしれないので避けましょう。

押したあとはあえて距離をとる

好きな人を振り向かせる方法として、男性に気がある素振りを見せたあとは一旦距離を置き、相手の気を引く作戦もアリです。

男性は追われるよりも追うほうが燃えます。あなたが好意を見せていたのに、いきなり何も言ってこなくなったら「あれ?どうしたのかな?」「もしかしてほかに好きな人ができた?」と気になってしまうはず。

好きな人を振り向かせるために毎日LINEを送っていたなら、数日間は何も送らず様子を見てみましょう。毎日通勤や通学で同じ時間に会っていたなら、時間をずらしてみてください。もし彼から「最近どうしたの?」なんて連絡があれば作戦成功です。

ミステリアス?脈なしでも思わず気になってしまう女性って


ミステリアスという言葉には、神秘的、魅惑的、不可思議なという意味があります。
ミステリアスな女性というのは男性にとってなぜか惹かれやすく、気になる存在。好きな人を振り向かせるには、男性が思わず気になってしまうミステリアスな女性になるというのも1つの方法です。

ここでは、そんなモテ女子の代表であるミステリアスな女性の特徴をご紹介します。

私生活が見えない

ミステリアスな女性は私生活が謎に包まれています。どこに住んでいて、何が好きで、休日は何をしているのかなど、周囲から見てわかりにくいのが特徴です。そもそもミステリアスな女性はあまりおしゃべりでないことから、自分のことを周囲に話す機会がないというのもあります。

私生活が見えない人ほどどんな人か気になってしまいますよね。好きな人を振り向かせるミステリアスな女性になるなら、口数は少なめに。できるだけ自分のプライベートについて話さないようにしましょう。

色々なことを知っている

ミステリアスな女性は集団でいるよりもひとりで過ごすことを好みます。
読書や趣味などに充てる時間が長くなり、色々なことを知っている女性が多いのです。また、自分が興味を持ったことはとことん追及するこだわり派な一面が強いので、ひとつのジャンルに関して人よりも詳しいことがあります。

好きな人を振り向かせるミステリアスな女性になりたいなら、ひとりの時間も大切にして、教養を深める努力をしましょう。

服装系統がさまざま

ミステリアスな女性は服の系統が決まっておらず、日によってまったく違う系統の服装で現れることも。人から見てどう思われるかよりも、自分が気に入っていることを重視する傾向があります。

かわいらしいワンピースのときもあれば、スポーティーなパンツスタイルのときもあり、周囲から「今日はどうしたの?」なんて思われても気になりません。また、ミステリアスな女性はさまざまな系統の服を試すことで、本当に似合うものを知っている女性も多いのです。

好きな人に振り向かれるミステリアスな女性になるには、あまり他人の目を気にせず自分に似合うファッションを楽しみましょう。

思わせぶりだけど媚びない

ミステリアスな女性はクールで媚びない性格をしています。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとハッキリ言うことも多いので一見キツそうに見えるのですが、媚びない性格なのでお世辞や嘘は言いません。

なかよくなってみると無邪気で天然な一面を持っていたり、言葉にトゲがなく意外と優しい印象を受けることも多いのです。好きな人を振り向かせるミステリアスな女性になるには、八方美人はやめて自分を持つことも大切です。

まとめ


今回は、好きな人を振り向かせる方法をご紹介しました。

結局のところ、男性は自分を癒してくれる女性、自分に尽くしてくれる女性に好意を抱きます。つまり好きな人に振り向いてもらいたいなら、彼が喜ぶことを考え、彼のために行動すればいいのです。

いつも笑顔で明るく、聞き上手になって男性を褒めることも忘れずに。常にこのことを頭に置きながら好きな人を振り向かせるテクニックを使えば、彼との距離は自然と縮まっていくでしょう。(ひかる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事